―ほしいものはにんげんのし―

2017-04-18 | うた

まずは不動産屋へ。大家が先だったか。

しばらくして次は役所へ。

次は紹介された人権相談所へ。何が人権か。権という言葉は一番嫌いだ。

次にやはり不動産屋へ行けと言われて。

大家にも伝わったらしいがなんのアクションも返ってこない。

縁を切った母親から電話、大声で自分のことしか話さない。

途中で介護している老人への叱咤罵倒が入る。やかましい。うるさい。

話にならない。切る。やかましい。

犬は増長する。一向に何も改善しない世界。世界。

犬は走ってくる。私を嘲笑する。もちろん吠える。ぬいぐるみまでけしかけられた。

大犬の片割れはぶくぶくと定説のように太る。なぜ太る?

髪は伸ばしておけば女らしいと?結いもせずくくりもせず、だらしなくその姿は

女らしいとでも?

犬、犬、犬、大犬、大犬、反対の狂った雌犬、親そっくりの狂った子犬共。

 

世界の真理。己を鏡で見ること。現代は動画なら尚良し。

音声だけの録音。怒鳴り散らす声。馬鹿共の世界。

毎日鳴る救急車の音。毎日付近のどこかで誰かが死んで。

 

簡単なことが10年近くもできなかった。私はそんなに耐えていたのか。

何をそんなに。絶える必要があったの。おかげでこんな醜い心根に。

同じ犬でも官憲の犬が走る。とうとうこちらのお犬のお出ましだ。

官憲の犬が。走る。巡る。

さあ、

世界はいよいよの時がきた。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ |   

あわせて読む

うた」カテゴリの最新記事