とね日記

理数系ネタ、パソコン、フランス語の話が中心。
量子テレポーテーションや超弦理論の理解を目指して勉強を続けています!

量子論はなぜわかりにくいのか「粒子と波動の二重性」の謎を解く: 吉田伸夫

2017年04月30日 15時39分01秒 | 物理学、数学
量子論はなぜわかりにくいのか「粒子と波動の二重性」の謎を解く: 吉田伸夫」(Kindle版

内容紹介:
「粒子であると同時に波である」???
それって、結局どういうこと?

量子論の具体的なイメージが描けず、くじけがちな初学者へ向け、リアルなモデルを使ってていねいに解説する今度こそわかりたいあなたのための量子論入門。
SF作家のアーサー・C・クラークは、「高度に発達した科学は魔術と見分けがつかない」という名言を残したが、どうやら多くの現代人にとって、量子論は、科学と言うより魔術に近いものに見えるらしい。量子論が魔術じみたものとして捉えられるのは、一般に流布している解説が常識を大きく逸脱しているせいでもあろう。
「シュレディンガーの猫」「多世界解釈」「量子もつれ」といった量子論の話題は、しばしばあまりに現実離れした説明がなされ、人々を混乱させる。私に言わせれば、こうした常識を逸脱する説明は、量子論に対する誤解を増やすだけである。量子論は、もっとリアルで実用的な理論であり、常識に沿った範囲で理解することが可能である。本書は、リアルなイメージに基づいて、常識的な立場から量子論を理解しようとする試みである。
(こんな方におすすめ)
・量子論に取り組んでみたが今ひとつピンとこない初学者
・サイエンスファン
2017年4月13日刊行、208ページ。

著者について:
吉田伸夫
1956年、三重県生まれ。東京大学理学部卒業、東京大学大学院博士課程修了。理学博士。専攻は素粒子論(量子色力学)。科学哲学や科学史をはじめ幅広い分野で研究を行っている。ホームページ「科学と技術の諸相」(http://www005.upp.so-net.ne.jp/yoshida_n/)を運営。著書に『明解 量子重力理論入門』『明解 量子宇宙論入門』『完全独習相対性理論』(いずれも講談社)、『宇宙に果てはあるか』『光の場、電子の海』(いずれも新潮社)、『素粒子論はなぜわかりにくいのか』(技術評論社)など多数。(著書を検索


理数系書籍のレビュー記事は本書で331冊目。


対象読者

光の場、電子の海―量子場理論への道」や「素粒子論はなぜわかりにくいのか」が場の量子論や素粒子物理学の勉強で苦労している人の理解をとても助けてくれる良書だったので、今回は対象読者を量子論の学習者にまで下げてお書きになったのかなと思っていた。

ところが全く違うのである。内容紹介には「量子論の具体的なイメージが描けず、くじけがちな初学者へ向け」と書かれているが、読み始めてすぐわかったのは本書は前期量子論から場の量子論までの発展に貢献した科学者の名前を少なくとも15人くらいあげられる人、量子力学の教科書を1~2冊は読み、場の量子論の概要くらいは知っている人が対象だということ。

吉田先生のような方から見ると僕は「初学者」のようなものかもしれないが、量子力学や場の量子論の教科書はひととおり学んでいるし、完全とは言えないまでも量子論についてのイメージはできあがっている。初学者だと自分を卑下するのは行き過ぎだ。


本書を読んだ理由

このところ僕は量子コンピュータの勉強に凝っていて、量子力学のもたらした成果をあからさまな形で駆使する世界に浸っていた。ベルの不等式の破れは1982年のアスペの実験によって検証されたから、EPR相関はもはやパラドックスではなくなり、安心して量子力学を使う時代になったのだと思っている。

けれどもすべての問題や物理的解釈が解決されたわけではないことも知っている。量子論、量子力学を学び始めた頃を思い起こせば、今でも奇妙さ、不思議さに満ちた理論体系だと思っている。ちょうどよいタイミングで刊行されたこともあり、読みたくなった。

教科書で最初に抱いた疑問は原子の安定性を説明するために紹介されたボーアの量子条件の図。サインカーブのように波打ってはいるものの、太陽系の惑星運動のような古典的な軌道を電子の運動に当てはめているあの図のことだ。

教科書では後にシュレディンガーの方程式を使って水素様原子(すいそようげんし)の電子雲が立体的に描かれるわけなので、ボーアの図は間違っていることになる。また電子の軌道がエネルギーの低い内側の軌道にジャンプすることで、エネルギーの差のぶんが光として放出されることも、古典的な円軌道の図が使われている。教科書、教養書を問わず「絵」で説明する限り、量子力学の直観的説明は矛盾しているものなのだ。それはそれで仕方がないのだと思っていた。

「波なのか粒子なのか?」から始まり瞬間的に軌道をジャンプする電子、二重スリットの実験、電子に軌道があるのかないのか、複素値をもつ波動関数の解釈、観測すると状態が収縮する、不確定性関係、多世界解釈などは

1)疑問をもたずにそういうものだと丸呑みして納得する
2)疑問をもたずに無視する
3)無批判に受け入れ、SFのような幻想に想いを馳せる

のいずれかを受け入れ、勉強を続けるものなのだと理解していた。

量子論のこのような奇妙さ、不思議さはアニメやSFの中だけで引用されるのであればまだマシである。やっかいなのが科学教養書でそれらが強調され過ぎているものが多いことだ。かく言う僕もブログ記事にそのような調子で書いてしまったものがあるので、最近は「ちょっとまずかったな。」と反省しているところ。先日もどなたかがツイッターで「量子論の奇妙さ、不思議さばかりを強調する科学教養書は、そろそろ卒業しましょうよ。」のようなことをおっしゃっていて、まったくそのとおりだと思った。そして量子論の応用-工学系、量子化学、量子情報の教科書、教養書では量子論の奇妙さには深入りしないのが一般的である。


本書の意図と内容

本書で吉田先生がお書きになっているのがまさに「量子論の奇妙さから卒業」するためのアイデア、考え方なのである。ところが読んでみると卒業が容易でないことがすぐ明らかになる。僕にしても「ああ、そういうことか!」と目から鱗を落としてよいものか判断に迷うものばかりなのだ。大学教授ではないけれど、この分野で著名で評判のよい先生であるだけに「トンデモ」だと即断して否定するわけにはいかない。

本書の章立てはこのとおり。

第1章:量子論とはいかなる理論なのか
第2章:波と量子
第3章:相補性の落とし穴
第4章:場の量子論と実在
第5章:誤差・揺らぎ・不確定性
第6章:混乱する解釈
第7章:相関か相互作用か
第8章:量子論の本質

吉田先生が批判を向ける矛先はボーア、ハイゼンベルクにまで遡る。シュレディンガーは波動方程式を提唱したものの、状態の重ね合わせの理論を受け入れられずに物理学から生物学に転身してしまったが、彼の波動方程式は有効な道具として利用され続けている。アインシュタインとボーアの有名な対決はボーアの勝利に終わったが、ボーアの論文には理論的な矛盾や曖昧さが含まれており、正当な議論ではなく「アインシュタイン、シュレディンガー、ファインマンに対して迫力で押し切って勝利したのではないか」とまで吉田先生は酷評されている。

つまり、観測されていない状態の記述を禁止し、電子の始状態と終状態の遷移確率だけに注目するハイゼンベルクやボーアの行列力学、不確定性原理に対する物理的解釈の誤り、二重スリット実験に対する誤解と霧箱を使った観測問題に対する解決案、経路積分の効用など独自の視点から鋭い切り込み、提案を行なっているのだ。量子論、量子力学の根幹をなすテーマが大きく揺るがされることになる。これまで学んできたことがぐらぐらと揺さぶられ、容易に受け入れることができないことばかり。かといって僕のような理解度では反論する材料や能力も持ち合わせていない。なるほど、そうかもしれないなぁと思ってしまうわけである。

結局それらの問題を解決するためには場の量子論の理解が不可欠で、時空の各点に不随する内部空間の中に存在する無数の波動をイメージすることで、解釈はよりリアルで直観的なものになるのだという。つまり格子ゲージ理論のこと。(でも「内部空間」ってSU(2)やSU(3)などゲージ理論のことであり数学的なもだと僕は思うわけだけど。)場の量子論より前の量子論、量子力学の段階では、リアルで直観的な理解を得ることができないという主張である。「量子力学は、たとえ現象を説明できても不完全な理論である」というアインシュタインの主張を吉田先生は具体的に解説したとも言える。

ベルの不等式についてはベン図をいくつもお描きになり、独自の方法で解説をしていらっしゃるのが特徴である。そして「量子論でベルの不等式が破られるのは、現実に起きない過程に対して確率を割り当てようとした結果、見かけの上の確率が負になって見える。」とお書きになっている。

数理物理学、特にノイマンの有名な著書「量子力学の数学的基礎」に対する切り込みも容赦なく行われている。シュレディンガー方程式に従って連続的に変化してきた状態が、測定が行なわれるきわめて短い時間の間に、射影演算子を作用させた状態に飛び移るとしたノイマンの主張を否定している。数学だけで物理現象を理解することに限界があることをおっしゃっているのだと僕は理解した。それは粒子描像を意味するハイゼンベルクの運動方程式、波動描像を意味するシュレディンガーの波動方程式、粒子の経路を描き出すファインマンの経路積分の手法など3つの量子力学の定式化が数学的に同等であることが証明されているにもかかわらず、前の2つに対する物理的解釈に無理だと主張していることからもうかがえる。


量子情報理論、量子コンピュータについて

また量子情報理論については本書最後のほうの「量子論はなぜわかりにくいのか」という節で次のようにお書きになっている。

「量子論のわかりにくさを集約したのが、量子情報理論と呼ばれる分野である。これは観測可能な状態についての関係を抜き出して情報理論の観点からまとめたもので、論点を整理するには適した方法論だが、物理的な理解を深めようとしても、何が起きているかイメージできずに混乱するばかりである。厳密性を重んじる専門書では、EPR相関について量子情報理論の観点から説明されることもあるが、量子論を実用的なツールとして応用する人は、全く気にする必要がない。」

また、「量子コンピュータがきわめて高速な理由が多世界解釈を使って説明されるケースがあるが、こうした解釈を信じている物理学者はごく少数である。量子コンピュータが高速なのは、常識的な解釈によれば、素子どうしの量子論的な相互作用が並列的に行われる一種のアナログ計算機だからである。」ともお書きになっている。


影響力のある先生だけに、本書での主張はこれから議論されることになるかもしれない。ひとつひとつ慎重に考えてみたいと思った。

ちなみに吉田先生はホームページをご覧になるとわかるように、超弦理論に対しては批判的、否定的なお考えをもっていらっしゃる方である。


関連記事:

光の場、電子の海―量子場理論への道:吉田伸夫
http://blog.goo.ne.jp/ktonegaw/e/ea4bc17a6b2c98c1073039d868223f02

素粒子論はなぜわかりにくいのか:吉田伸夫
http://blog.goo.ne.jp/ktonegaw/e/bcbaebb9f2a77b1bd63e3928f6bd6e9f

明解量子重力理論入門:吉田伸夫
http://blog.goo.ne.jp/ktonegaw/e/e0ab2fd9fafe3568c24ed358dd4ea92c

宇宙に「終わり」はあるのか: 吉田伸夫
http://blog.goo.ne.jp/ktonegaw/e/c9ad8a76d2a1725b731238eeb4699694


ブログ執筆のはげみになりますので、1つずつ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 科学ブログ 物理学へ 人気ブログランキングへ 

  

 


量子論はなぜわかりにくいのか「粒子と波動の二重性」の謎を解く: 吉田伸夫」(Kindle版



はじめに

第1章:量子論とはいかなる理論なのか
- 実用ツールとしての量子論
- 量子論は常識に反する理論か
- 幾何学的秩序を生み出す量子効果
- 秩序の根底にある波動

第2章:波と量子
- 原子はなぜ安定に存在できるのか
- 量子仮説の登場
- ボーアの原子模型
- 物質波から波動関数へ
- 波動一元論の破綻
- 波動関数とは何か
- 台風の確率予報と波動関数
- シュレディンガーの洞察を生かす道

第3章:相補性の落とし穴
- ゾンマーフェルトの量子条件
- 行列力学の誕生
- 行列力学の体系化
- 行列力学における方法論の変質
- 交換関係は原理か
- 相補性の落とし穴

第4章:場の量子論と実在
- 光は粒子か波動か
- 場の量子論の需要
- 場を量子化する
- 波の波動関数
- 量子論と実在

第5章:誤差・揺らぎ・不確定性
- ハイゼンベルクの思考実験
- 擾乱のない測定と小澤の不等式
- 不確定性関係の導き方
- 不確定性関係は何を意味するのか
- 経路積分の考え方
- 経路積分法に基づく不確定性の解釈
- 揺らぎの拡がりとしての不確定性

第6章:混乱する解釈
- ノイマンによる観測の理論
- 量子論的な≪歴史≫
- 霧箱における観測の理論
- 二重スリット実験とデコヒーレンス
- デコヒーレンスに基づく≪歴史≫記述
- デコヒーレンスの不完全さと多世界解釈
- 場の量子論における≪歴史≫

第7章:相関か相互作用か
- EPR相関とは何か
- EPR相関の統計的性格
- 光子の偏光
- 偏光におけるEPR相関の観測
- ベルの限界
- ベルの限界の求め方
- ベルの限界はなぜ破られたか

第8章:量子論の本質
- 場の量子論が描く世界
- 要素に還元できない物理現象
- 量子論はなぜわかりにくいのか

おわりに
参考文献
ジャンル:
ウェブログ
コメント (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 量子コンピュータ―超並列計算... | トップ | 趣味で量子力学2(Kindle版、... »

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
高名科学者 (hirota)
2017-05-01 13:08:34
大きな業績を上げた科学者が晩年に変な事を言いだすのは良くあることだけど、今の段階では判断できないなー。
自分で判断できなくても他の反応で分かるから、これから出る教科書で影響を受けた変化が出るかどうかだね。(弟子関係は除く)
Re: 高名科学者 (とね)
2017-05-01 13:14:18
hirotaさん

そうですよね。今後アマゾンにどのようなレビューが投稿されるか、吉田先生のHPの中にある質問コーナーにどのようなやりとりが書かれるか、ときどき確認してみます。

> (弟子関係は除く)

そうですよね~!
わかりにくさの原因 (ひゃま)
2017-05-02 06:03:03
二重性などという言葉は、その意味が数学的に定義されているのでない限り、科学で使うべきではない。
http://www.miyazaw1.sakura.ne.jp/papers/quantum.pdf#search='宮沢弘成+電子は場か質点か'

ですよね?
Re: わかりにくさの原因 (とね)
2017-05-02 08:56:03
ひゃま様

コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりですね。教えていただいたPDFへのリンクを直接クリックしても開かないようですので、短縮URLでこちらにも書いておきました。

二重性などという言葉は、その意味が数学的に定義されているのでない限り、科学で使うべきではない。
http://u0u0.net/Dgei
二重性 (hirota)
2017-05-02 13:08:05
とは言え、前期量子論では「気にしても無駄なこと」を棚上げするのに役立ったわけで「わかりにくさ」と言うより「分からん」と言ってるのと同じだったから。
ガリレオもやったように「今の段階で分かるはずがないことの棚上げ」も科学で必要な事。
引用資料の主張はかなり前から知ってるし全面的に賛成だけどね。
Re: 二重性 (とね)
2017-05-02 13:17:54
hirotaさん

ありがとうございます。今日は朝から仕事しているので、この資料はまだ読みこめていないのですが、大雑把に読み流したところ、お書きになった宮沢弘成先生のお考えに賛成です。

前期量子論の頃はこのように考えられていた、そして現在ではこれが不十分、不正確であることがわかっている、のようなことが教科書にちゃんと書かれていればよいのだと思います。

この記事で紹介した吉田先生の本は、もちろんこれに止まらず「このように考えればよい。」と独自の見解をお述べになっているわけです。
教える (hirota)
2017-05-03 12:57:07
問題は教える人がいない事ですね。
現在の教える側の人は古いやり方で教えられた人達ですから。
どちらにしても解釈が変わればアインシュタインの批判も見直されるでしょう。
ノイマンのコペンハーゲン解釈の説明も本気で言ってるのか「コペンハーゲン解釈はこんな馬鹿げた事を意味する」を示したかったのか未だに判断がつきません。
自分なら、分からないように他人をおちょくる誘惑に耐えられないから。
Re: 教える (とね)
2017-05-03 13:35:16
hirotaさんへ

ノイマンの「量子力学の数学的基礎」を手に入れたばかりですが、どのような気持ちでお書きになったかを想像しながら味わってみたいと思います。

教えるときには「こんなにすごいんだよ!」と強調したくなりますしねえ。未来であっても人類は古典物理的世界観から離れることができませんから、量子論の奇妙さは永遠に続くのでしょう。

> 自分なら、分からないように他人をおちょくる誘惑に耐えられないから。

「プリンキピア」だってあんなに難解に書いて「どうだ、わかるか!」と誇示してますからねぇ。w
直接口頭で教えるときはおちょくった証拠が残りませんが、書物や論文でおちょくるのには相当の自信と覚悟が必要です。

広江さんの新刊「趣味で量子力学2」を「ああ、僕はこうやって学んできたよな。」と思いながら読み進めているところです。
買ってみました (にもの)
2017-05-03 23:26:48
書評を読んで、
自分にぴったりな気がしたのと、
実家に帰って暇だったので、
Kindle版を買って読んでみてます。
最初のあたりは共感する点が多かったのですが、
中盤に入って自分の理解が怪しくなってます。
ゴールデンウィークに読み切るつもりです。
Re: 買ってみました (とね)
2017-05-03 23:58:16
にもの様

コメントをいただき、ありがとうございます。
前半は量子力学の基礎的な部分がテーマですので、比較的読みやすいと思います。
中ほどから経路積分の話になりますから、数式で解説した本を読んでいないと難しくなるかもしれませんね。けれどもベルの不等式あたりは丁寧に書かれているので初めての方でも理解可能だと思います。

全体的に数式がほとんど書かれていない本ですから、教科書で学んでいなければ文章だけを読んでも何について言っているのかイメージできないかもしれませんね。その意味で「初学者向け」ではないわけです。

けれども、著名な科学者の功績と讃えられてきた事柄にあえて鋭い問題指摘や疑問を投じたという意味で、大いに考慮すべき内容を含んだ本だと思いました。

充実したゴールデンウィークになりますように!
リンク張りなおし (ひゃま)
2017-05-04 01:28:30
お手数おかけしました。

>「プリンキピア」だってあんなに難解に書いて「どうだ、わかるか!」と誇示してますからねぇ。w

三国志ドラマなんかみてると、酒がこぼれるくらいなみなみに注ぐのが、自分を鼓舞するらしいんですが、日本人が考える以上に、外人の自己主張はそれが普通なんでしょうねw


Re: リンク張りなおし (とね)
2017-05-04 01:34:21
ひゃま様

どういたしまして。コメント欄って使えない文字があったり、リンクのURLによっては受け付けなかったり、いろいろクセがありますから。僕もひゃま様のコメントの公開を承認した後に気づいたので短縮URLにしておきました。

> 日本人が考える以上に、外人の自己主張はそれが普通なんでしょうねw

外国人&天才(および自称天才)だとその傾向は倍増します。w
初めまして (sho)
2017-05-05 16:27:12
ブログを初めて拝見したのでコメント致しました。
とねさんの自己紹介に感銘を受けました。
10年以上、300冊以上物理を勉強しているとは驚きました。
私は最近、超ひも理論を理解したいと初心に戻って勉強していますが、量子力学の初歩やフーリエ解析などで手こずっています。
これから、とねさんのブログを見て勉強したいと思っております。
宜しくお願い致します。
Re: 初めまして (とね)
2017-05-05 17:07:43
sho様

こちらこそはじめまして。ブログを見つけてくださり、ありがとうございました。10年以上といっても、過ぎてみるとあっという間ですね。次の10年はさらに加速して過ぎてしまうのではと思うと、時間の大切さをあらためて思ってしまいます。

量子力学にせよ、フーリエ解析にせよ易しい本、独学に向く本と巡り合うことで、理解のペースはずいぶん違ってくると思います。今後、ご自身の勉強にこのブログが少しでもお役に立つことを願っています。
ひゃまの自己主張 (ひゃま)
2017-05-10 10:41:12
じゃあ、ひゃまも倍増して自己主張してみます。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14173968834
いかがでしょうか?w
Re: ひゃまの自己主張 (とね)
2017-05-10 17:50:42
ひゃま様

読ませていただきました。でも僕にはよく理解できないです。
質点 (ひゃま)
2017-05-10 19:18:32
そうですか、残念です。
質点があるから不確定性原理がある、質点がないから光子には質量がないも同じ意味かなーと
Re: 質点 (とね)
2017-05-10 19:24:20
ひゃま様

僕の理解力はさておき、このレベルの事がらは、論文として書かないと他の人には理解してもらえないと思いますよ。(学術的なものであれば英語でということになりますが。)
陽子半径問題 (ひゃま)
2017-05-10 19:57:57
ああ、この公式は陽子半径4%ちがうっていうとき開発して、そういやローレンツ収縮も説明できるなあと、既にたいした雑誌じゃないですけど英語論文公開してます。

以下待ちですね。

The Muon Proton Scattering Experiment, or MUSE, to take place at the Paul Scherrer Institute beginning in 2018, will scatter both electrons and muons off of protons and compare the results.
https://www.sciencenews.org/article/theres-still-lot-we-dont-know-about-proton

ひゃまの予言は、散乱では差は無く、ラムシフトの差は万有引力でない重力相互作用
Re: 陽子半径問題 (とね)
2017-05-10 20:13:06
ひゃま様

すごい。英語論文公開されていたのですね!それもこの記事は4月29日に公開されたばかりではありませんか!識者の方がコメントくださるかもしれませんので、このコメント欄でも公開しておきますね。

あと、関係ありそうなページを貼っておきます。

陽子のサイズを問い直す?日経サイエンス2010年12月号より
http://www.nikkei-science.com/?p=16118

「ミュオニック重水素」で「重陽子」の半径を測定 「陽子半径問題」への取り組み
http://scienceminestrone.blog.fc2.com/blog-entry-944.html

ミューオンを使った陽子の半径の見直しは、その後どうなったのでしょうか
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12143155802

アトムノートさんは? (ひゃま)
2017-05-10 20:40:14
なんか物理がおかしいので、アトムノートさんに相談したら、偉い学者の先生に任せず自分でやったら?って言われてやってきただけなのに、なにやってるでしょうね、ひゃまはw

アトムさん、ページ更新されてないようですけど、どうしたんでしょうね?
Re: アトムノートさんは? (とね)
2017-05-10 20:43:53
ひゃま様

アトムさんとはずいぶん昔に1度だけお会いしたことがあります。
ページ更新されていないのは、本業の仕事がお忙しいのだと思いますよ。
リアル知り合い (ひゃま)
2017-05-10 22:11:54
そうでしたか、お元気ならいいのですけどね
コメントでも残しておくかな
Re: リアル知り合い (とね)
2017-05-10 22:21:45
ひゃま様

はい、知り合いです。連絡をとらなくなってから久しいわけですけど。
「便りの無いのは良い便り」と思うことにしています。
読み終わりました (にもの)
2017-05-13 17:33:36
読み終わりましたので、ご報告だけ。
場の量子論や経路積分などは一応少し勉強したことがあったため、なんとかだいたいの内容は把握できました。
共感する部分も多かったのですが、自分の不勉強もあり全ての主張について頷くことはできなかったです。
量子力学はわかりにくいですが、歴史の順番で教えることがセオリーとなっている現状で、あえて場の量子論から始める動機となることは、自分には読み取れなかったです。
でも、そろそろボーアの行列力学の呪縛から逃れてもいいんじゃないかっていうのは大賛成で、何かそうしたことの動機付けになることはないかなと思っています。
この度は、このようなきっかけをいただきありがとうごさいました。
Re: 読み終わりました (とね)
2017-05-13 18:11:37
にもの様

読了のご連絡ありがとうございます。いろいろ疑問点が残る本ですよね。

> 歴史の順番で教えることがセオリーとなっている現状で、あえて場の量子論から始める動機となることは、自分には読み取れなかったです。

僕もこの点をちゃんと理解できたか自信がありません。量子力学が歴史の順番に発展していくことと、直観的理解が順番に得られていくことが無理であり、場の量子論まできて初めて可能になるという筋書きだったと思います。格子ゲージ理論も学んでおかなければと思いました。
わかりにくさの原因2 (ひゃま)
2017-05-14 08:59:14
宮沢さんの論文(電子と質点)を紹介しておいてなんですが、ちょっと議論してみたかったからなんです。 ひゃまは全面的に賛成じゃないので、いちおう倍増した主張以下にまとめておきますので、暇なときでもみてください。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14174122604
Re: わかりにくさの原因2 (とね)
2017-05-14 09:33:46
ひゃま様

なるほど。Yahoo!知恵袋の2つの書き込みを読んで、ようやくおっしゃっていることが理解できました!
光子の二重スリット干渉:場の量子論による解説 (dhoshu58)
2017-06-10 22:38:45
光子の二重スリット干渉(Yang干渉)についての通常の量子力学的説明の不正確さを正すとして、場の量子論からのていねいな解説が
佐藤文隆「アインシュタインの反乱と量子コンピュータ」
の巻末補遺に載っています。
最近この本を読みました。参考になると思います。

Re: 光子の二重スリット干渉:場の量子論による解説 (とね)
2017-06-10 22:47:27
dhoshu58様

お知らせいただき、ありがとうございます。ご紹介いただいた本のことは知りませんでした。さっそく注文させていただきました。

佐藤文隆「アインシュタインの反乱と量子コンピュータ」
https://goo.gl/uYSBPp

初めてのKindle本に選びました (やす (Krtyski))
2017-06-12 09:37:49
とねさん

今頃のコメントですが、この本をご紹介頂いてから気になっていましたので、初めてのKindle本として購入して読み始めています。

まだ最初の部分なので、私の知識でついて行けてると感じていますが、明らかに初心者向けではない感じです。基礎的な勉強をしていないと理解が難しいと思います。

量子化学を少し勉強し、π電子共役系が広がった幾つかの有機化合物のエネルギー準位の計算をして、電子スペクトル実験の結果と比較する...程度しかやっていません。場の量子論など味見すらしていないのです。

今後どこまでついて行けるのか、チョット不安になっています。
Re: 初めてのKindle本に選びました (とね)
2017-06-12 11:58:25
やすさん

Kindle本デビューおめでとうございます。本を所有するという感覚が紙の書籍と違ってくることにお気づきになるでしょう。電子書籍ライフをお楽しみください。

この本、途中から難しくなっていきます。量子化学系では学ばなかった基礎物理的なこと、原理的なことがほとんどですから戸惑うことも多いでしょう。頑張って最後までお読みください。

Kindle端末を買ってしまうと、簡単に買えてしまうのでどんどんクリック購入したくなるものです。散財にも気をつけてくださいね!w
本への感覚の変革 (やす (Krtyski))
2017-06-12 14:56:22
とねさん

本テーマとは離れてしまいますが、電子書籍特にAmazonのサービスを利用し始めると、本、雑誌への感覚が大いに違ってくると思います。

書店で気になって買おうと思っていた雑誌類は、Amazon Limited で2~3冊読めば元が取れますので、先ずは雑誌への感覚が違ってきています。

教科書類は、自分の財産になりそうなものは紙の書籍を購入、それ以外は図書館で借りるというのが、これまでの私のスタイルですが、図書館の代わりに電子書籍を利用することが、今後ありそうです。

しばらくは柔軟に考えてみようと思います。

とね日記のおかげで、購入する紙の本が増えているのですが、Kindle本だとポチッとすることが増えそうです。おっしゃるように財布を引き締めないといけませんね。

Re: 本への感覚の変革 (とね)
2017-06-12 17:49:45
やすさん

タブレット端末を使い始めると、次のようなサービスにも興味がでてくるのですよ。

BOOKSCAN
https://www.bookscan.co.jp/

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。