とね日記

理数系ネタ、パソコン、フランス語の話が中心。
量子テレポーテーションや超弦理論の理解を目指して勉強を続けています!

英語版「ランダウ=リフシッツの理論物理学教程」がオンラインで無料公開された。

2014年10月18日 13時17分08秒 | 物理学、数学
レフ・ランダウ(左)とエフゲニー・リフシッツ(右)


英語版のファインマン物理学に続き、今回は「ランダウ=リフシッツの理論物理学教程」の英語版が無料でオンライン公開されていた。なんと素晴らしい!

オンラインで読めるほか、PDF、ePub、Kindle、DjVuなどのファイル、そして視覚障害者のためのDaisyという音声読み上げファイルとしてダウンロードできるようになっている。

ランダウ=リフシッツ理論物理学教程を含むこのサイトののDaisyファイルはDAISY 3.0形式である。iPhoneアプリのボイスオブデイジーで読み込めるのはDAISY 2.02形式なので、そのままでは使えない。DAISY 3.0形式のファイルはVoice Dream Readerという有料アプリで読み込んで再生することができる。またDAISY3.0形式のファイルはPCで動作するAMIS 3.1.3を使って読むこともできる。ただし、数式や変数のところは文字化けしている箇所が多いので、数式を学ぶことはできない。文章のところのみ聞くということならば使用可能なレベルだ。

注意:Mechanicsの巻のKindle形式のファイルをiPhoneのKindleアプリで試した方からいただいた情報によると数式が崩れて表示されるそうだ。自分もKindle端末で数式が崩れてまったく読めないことを確認した。PDF形式のファイルはiPhone/iPad、Kindle端末/アプリで問題なく表示されているが、他のファイル形式についても注意が必要なようである。


公開されているのは1960年代に出版された全9巻のうち最初の8巻。今後第9巻が追加されるかもしれないのでここ(Landauで検索)ここ(Lifshitzで検索)をクリックして検索できるようにしておこう。

力学
Mechanics 2nd Edition (Course of Theoretical Physics Vol.1)
https://archive.org/details/Mechanics_541

Mechanics 3rd Edition (Course of Theoretical Physics Vol.1)
https://archive.org/details/Mechanics3eLandauLifshitz

場の古典論
The Classical Theory of Fields (Course of Theoretical Physics Vol.2): 場の古典論
https://archive.org/details/TheClassicalTheoryOfFields

量子力学 - 非相対論的理論
Quantum Mechanics - Non-Relativistic Theory (Course of Theoretical Physics Vol.3):
https://archive.org/details/QuantumMechanics_104

Quantum Mechanics Non-Relativistic Theory 3rd Edition (1977, L.D. Landau and E.M. Lifshitz): PDF download

相対論的量子力学(注意:part 2は公開されていない。)
Relativistic Quantum Theory part 1 (Course of Theoretical Physics Vol.4)
https://archive.org/details/RelativisticQuantumTheoryPart1

統計物理学
Statistical Physics (Course of Theoretical Physics Vol.5)
https://archive.org/details/ost-physics-landaulifshitz-statisticalphysics

流体力学
Fluid Mechanics (Course of Theoretical Physics Vol.6)
https://archive.org/details/FluidMechanics

弾性理論
Theory of Elasticity (Course of Theoretical Physics Vol.7)
https://archive.org/details/TheoryOfElasticity

連続媒質の電気力学
Electrodynamics of Continuous Media (Course of Theoretical Physics Vol.8)
https://archive.org/details/ElectrodynamicsOfContinuousMedia


古い版であることに注意していただきたい。Vol.2の場の古典論はブラックホールという言葉が生まれる以前のものなので、宇宙論の内容は現代とだいぶ違う。

各巻の内容は次のページで確認できる。

Landau and Lifshitz: Course of Theoretical Physics: reviews
http://www-history.mcs.st-and.ac.uk/Extras/Reviews_Landau_Lifshitz.html


iPhoneのSafariで各ページを開いて「PDF」のリンクをクリックしたら自然にiBooksに取り込まれた。全冊問題なく読める。iPadが欲しくなってしまうなぁ。。。



「電磁気学(Electromagnetism)」や「熱力学(Thermodynamics)」の巻がないのを不思議に思う方がいるかもしれないが、電磁気学は「場の古典論(The Classical Theory of Fields)」と「連続媒質の電気力学(Electrodynamics of Continuous Media)」に、熱力学は「統計物理学(Statistical Physics)」の巻に含まれている。


オンライン公開されているのは1960年代に出版された本だ。その後、新版が刊行され内容やタイトルが改訂された。1980年以降に出版された最新の英語版のペーパーバック版は「とね書店」に売り場を設けておいた。

なお無料公開されている旧版、有料販売されている新版ともにCGS単位系で記述されているので新しいSI単位系で学んでいる方、特に電磁気学については注意していただきたい。このことはいつもブログを読んでいただいているhirotaさんが新旧の「場の古典論」の教科書で確認されて、ご連絡いただいた。hirotaさん、ありがとうございました。

英語版「ランダウ=リフシッツの理論物理学教程」コーナー: ペーパーバック版
http://astore.amazon.co.jp/tonejiten-22?node=58&page=1



Kindle版:Kindle版はKindle端末でのみ音声読み上げに対応しているが、読み上げるのは文章の箇所だけで数式の読み上げにはまったく対応できていないことを確認した。

Mechanics (Course of Theoretical Physics Vol.1) - Kindle版
The Classical Theory of Fields (Course of Theoretical Physics Vol.2) - Kindle版
Quantum Mechanics - Non-Relativistic Theory (Course of Theoretical Physics Vol.3) - Kindle版
Quantum Electrodynamics (Course of Theoretical Physics Vol.4) - Kindle版
Statistical Physics (Course of Theoretical Physics Vol.5) - Kindle版
Fluid Mechanics (Course of Theoretical Physics Vol.6) - Kindle版
Theory of Elasticity (Course of Theoretical Physics Vol.7) - Kindle版
Electrodynamics of Continuous Media (Course of Theoretical Physics Vol.8) - Kindle版
Statistical Physics: Theory of the Condensed State (Course of Theoretical Physics Vol.9) - Kindle版
Physical Kinetics (Course of Theoretical Physics Vol.10) - Kindle版


日本語版は最初の2巻と第9巻(量子統計物理学)を除いて相変わらず絶版状態が続いているが、中古本の購入のために売り場を設けておこう。固定レイアウトのでもよいから日本語版が電子書籍化されるのを願うばかりである。東京図書さん、岩波書店さん、ぜひタッグを組んで電子書籍化を実現し、日本の物理学レベルの向上に協力していただければと思うのだ。

日本語版「ランダウ=リフシッツの理論物理学教程」コーナー
(日本語各巻の目次は「ランダウ=リフシッツのなぞ」というブログに掲載)
http://astore.amazon.co.jp/tonejiten-22?_encoding=UTF8&node=57




関連記事、関連ページ:

ランダウ=リフシッツの理論物理学教程を学ぶ人のために
http://www1.cnc.jp/r_b_kyoutei/

理論物理学教程の道
https://sites.google.com/site/landaufun/

復刊リクエスト:ランダウ=リフシッツの理論物理学教程
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=5758

ランダウ=リフシッツのなぞ:日本語各巻の詳細目次が掲載されている。
http://landau.exblog.jp/

ファインマン物理学(英語版)が全巻ネット公開されました。
http://blog.goo.ne.jp/ktonegaw/e/e94dd49d7d8cc395e29d37927e30173d


---------------------------------------
2014年10月24日に追記:

「ジャクソンの電磁気学」、「ラムの流体力学」、「シッフの量子力学」など、このサイトで数々の名著が見つかった。今後も追記していくのでときどき覗いてみてほしい。

Philosophiae Naturalis Principia Mathematica - Issac Newton
https://archive.org/details/philosophiaenatu28233gut

Classical Electrodynamics - John David Jackson
https://archive.org/details/ClassicalElectrodynamics

Hydrodynamics (1895) - Horace Lamb
https://archive.org/details/hydrodynamics00lambrich

Hydrodynamics (1916) - Horace Lamb
https://archive.org/details/hydrodynamics02lambgoog

Principles Of Quantum Mechanics - Paul Adrien Maurice Dirac
https://archive.org/details/DiracPrinciplesOfQuantumMechanics

Quantum Mechanics - Leonard I. Schiff
https://archive.org/details/QuantumMechanics_500

Quantum Mechanics Volume I - Albert Messiah
https://archive.org/details/QuantumMechanicsVolumeI

Quantum Mechanics Volume II - Albert Messiah
https://archive.org/details/QuantumMechanicsVolumeIi

Quantum Electrodynamics - R.P. Feynman
https://archive.org/details/QuantumElectrodynamics

---------------------------------------


応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 科学ブログ 物理学へ 人気ブログランキングへ 


とね日記は長年放置されている科学ブログランキングの不正クリックに対し、次のランキングサイトには適切な運営を期待します。
FC2自然科学ブログランキング」:不正の例1 例2(クリックしてからTwitterアプリで開くと画像は鮮明に見れます。)
不正クリックブログの見分け方


  

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 視覚障害者が読める理数系書... | トップ | 骨伝導電話機 (子機、Sanyo ... »

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これはすごい! (N.Yokoyama)
2014-10-19 17:07:12
こんばんは、とねさん。

これは本当にすごいですね。ぼくは持ってない量子力学と統計力学をiPadでiBooksに取り込みました。貴重な情報ありがとうございます。とね日記は本当に情報の宝庫ですね。
こういうのは助かりますね (サンマヤ)
2014-10-19 17:31:13
ディラック、ファインマン、ランダウ・リフシッツ、
そしてニュートンのプリンキピアまで。

こういうのがオープンでアクセスできるようになると、
とても勉強しやすいですね。
まあ、英語っていう壁がありますけどw

とりあえずアンドロイドタブレットに全部仕込みました。
いつもご紹介していただき、助かっています。
あまり読めてないのですが、
原著でどのような表現がされているのか、
ピンポイントでも確認できると色々と勉強になります。
こういうのを探すのって、いつも検索されているのですか?
Re: これはすごい! (とね)
2014-10-19 19:13:24
N.Yokoyamaさん

お役に立ちそうでよかったです。英語や日本語の有料本を買うにしても、無料版で試し読みをしておけば無駄な買い物をしなくてすみますしね。
Re: こういうのは助かりますね (とね)
2014-10-19 19:14:06
サンマヤさん

お役に立ててよかったです。
いつも検索しているわけではなく、実をいうと昨日ツイッターから流れてきた情報なのです。あまり知られていなかったようなので、記事にしてみたわけです。

記事を投稿してから英語で検索をかけたら、次のページが見つかりました。英語圏では昨年5月から知られていたわけですね。(ttpをhttpに変更して開いて下さい。)

Our beloved Landau-Lifshitz books are available online. For free!!
ttp://www.reddit.com/r/Physics/comments/1dmxq7/our_beloved_landaulifshitz_books_are_available/

このブログ記事はたくさんの方にリツイートされているようですが、公開されたのが1年以上前なので、僕としては少々気恥ずかしいわけです。
電磁気学 (hirota)
2014-10-20 11:06:00
電磁気学が場の古典論に含まれてるって言うんかなー?
結果は含まれてるけど教科書としては困ったよ。
そのへんにある電磁気学の教科書はSI単位系ばかりだから場の古典論と同じ単位系の電磁気学を自力で再構成したら相対論自体の勉強より時間がかかってしまった。
もっとも僕の読んだ旧版より内容が増えてる新版ではどうか知らないが。(理解を深める為に自力で解いたn次元球や帯電ブラックホールなんかも新版には入ってるとか?)
Re: 電磁気学 (とね)
2014-10-20 16:35:14
hirotaさん

僕が持っている古い「伝熱概論」の教科書もそうですが、旧版の時代の教科書はCGS単位系が標準ですね。
新版はおそらくSI単位系なのでしょうけれど。。。
でも、その再構成のご苦労のおかげで理解がより深まったのですよね?それとも再構成はただ面倒なだけだったでしょうか?
Re: 電磁気学 (hirota)
2014-10-21 11:49:04
もちろん、理解がより深まりましたから損は無いですね。
でもテンソル解析の再構成に加えてこれではハードルが高いから人によってはどうかなー?(テンソル解析の再構成までやったのは、当然のように使っている式に疑問を抱いて、自力で証明しようとしたら深みにハマったんです。結局それは捩率ゼロという前提と等価だったので証明不可能でしたが)
Re: 電磁気学 (とね)
2014-10-21 22:24:11
hirotaさん

テンソル解析の再構成ということになりますか。込み入った計算になりそうですね。古いほうの理論物理学教程で学ぶ人は、単位系の違いのことをつねに意識すべきだと思いました。
阿頼耶さまへ (とね)
2014-10-21 22:28:18
阿頼耶さま

長文のコメントをいただきましたが、記事本文のランダウ=リフシッツ理論物理学教程には結びつかない、ご自身の見解、お考えを述べられた文面でしたので、公開を控えさせていただきます。申し訳ございません。
電磁気単位 (hirota)
2014-10-22 10:11:36
公開されてる場の古典論を見てみましたが、真空の誘電率が見当たらない所を見ると単位系は旧版と同じですね。
この方がスッキリした式になるのでわざわざSI単位系にしないのは納得ですが、SI単位系で勉強してきた人には大変ですな。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物理学、数学」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。