ちょいボケじじいの旅・酒・エーとそれとね

毎晩酒を愛で古き日本と温泉を愛す、少し物忘れも出始めた若じじいが、旅日記やコレクション自慢などと、興味のままを綴る。

箱根には10年以上ぶりで、房総同様に近くて楽チン旅でありました 2017.5.28(日)~29(月) 1/2

2017-06-10 16:51:37 | 旅日記

 義妹からもらった東急ハーヴェストクラブの宿泊券を使って箱根に一泊の旅を、箱根は我々が住む神奈川県内で近いのに意外と行く機会が少なくて僕が退職した時以来となるから10年以上ぶり、それと箱根では湿生花園と強羅付近と大涌谷ぐらいしか観光していなくて、ほかにピンポイント的に立寄ったのは畑宿の寄せ木細工や山のホテルに成川美術館などだけ、あとは車で通過していい眺めだね程度のことで意外と盲点となっていた、今回の宿は仙石原にあるので近くにある湿生花園は見物するつもりだが、あとは車が停められたら元箱根付近を中心に歩き回ってみようかと。

 箱根は何処の美術館も入場料が高いし簡単に車が停められて観光できる場所もあまり知らない、まぁ温泉だけはいくつか巡ったが長野などに比べるとこれも入浴料金が高いのが癪に障る、さらに冬場は雪の心配や観光シーズンは込み合うようだしで県内なのにあまり行かなかったが、ゴールデンウィークも過ぎれば新緑から緑も濃くなってきて気持ちいい季節となって、ノンビリ一泊だけなら近間がいいかと千葉と同様に100km圏の箱根に予約を入れて。

 今年になって2月には伊東に行ったので途中の小田原ではお城を見物したばかり、箱根ではあまり動き回るつもりもないしで初日は宿までの道中では二ヶ所ぐらい寄道していけばいいかなとユックリ家を出ることに。というのもその日には日吉中央通りでフリーマーケット開催というので、それを一通り物色してから行こうと女房が言うので10時過ぎの出発となった。

            フリーマーケット

 昼時は小田原となってもう20年以上も前に何回か食べたイタリア料理店が今もあるかと回り道してみたら、以前の木造長屋風の建物から大きなマンションに建て替わっていたがその1Fに同じ店名で残っていた。店はやや大きくシャレた造りとなって以前よりはお値段もアップしたようですが、パスタとピザの一番安いものから選んで取り分けて食べることに、ここのピザは薄い生地であるが腹に持たれないようにとチーズが入らないのを食べたかったこともあって。

               MARZOという店

          

                  パンは自家製かな                  ピザは撮り忘れていて

                    オリーブとアンチョビのパスタはペペロンティーニ風かと思って注文したのだがトマトソースで、丸ごとのオリーブの実はあまり僕の好みの味ではないですね

 小田原ではランチを食べただけで箱根路に、上り坂はこんなに急傾斜だったかなと、以前の記憶は消えていましたね。箱根マラソンの往路の終点近くの芦ノ湖に出てきて、突当りを反対側に右折して少し走れば山のホテルです。ここの庭園はツツジの名所として有名ですが、今年は直前が暖かかったのでもう盛りを過ぎたそうです、そのため庭園は無料開放になっていてシャクナゲはまだ少し見られるというので見物していくことに、日曜日の昼間であったが盛りが過ぎていたため幸いに駐車できたので。

               アプローチにシャクナゲが

            正面奥がツツジの密集地、少し色が残っていましたが

            手前のツツジの花はもう終り

            大昔に早朝にこちらに来て見事な満開状況をまだ人もまばらな時間帯に見物したが、芦ノ湖も望めて素晴らしい眺めでした

              シャクナゲ園、西洋シャクナゲを輸入取り寄せて植えたそうだ

                     ツツジ園の奥にあります

                一部にはまだ花が

                

              庭園を一周してきて

            このあたりだけはまだツツジらしい風景が

            

               一郭に小さなバラ園もあったが花はまだまだのようで

 昼に食べたピザのニンニクがまだ残っているからと元箱根に戻ってきたところでコンビニに立寄ってコーヒーを、その目の前に芦ノ湖が広がるがこの日は曇り空で富士山は見られない、明日の天気は晴れの予報で期待してこちらにまた来てみようかと、月曜日なら駐車場も空いているだろうから。

            芦ノ湖

            

 宿には早めにチェックイン、温泉にもユックリ浸かることができて小一時間ほど休んでから夕食は宿の目の前にある中華屋さんに。

              東急ハーヴェストクラブ甲子園

            こちらの客室からは有名な仙石原のススキ原が見える、秋は素晴らしい景色になるでしょうね

                     新姥子温泉という混合泉の分析書,

無色透明の単純温泉だが酸性度が強い

 こちらの中華屋さんはこじんまりした店で、ハーヴェストクラブに近いから時間帯によっては満席になるかも、我々は開店直後に入店してさっさと食べて飲んで出てきたがその時はまだ半分ほどの客で中には予約というグループも。多少は観光地値段ながら味はまずまず、ハーヴェストからすぐというのは飲めるので重宝すると思うが、日本酒は高めなので飲まないで定食セットにした方がお得のようです、飲むのは宿に戻ってから乾きものでがケチ根性には向いていますかな。

               中華の壺仙

                   レバニラ炒め

                   麻婆豆腐

           

                      餃子                   エビハルマキ

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 軽井沢に一週間の予定で来て... | トップ | 箱根には10年以上ぶりで、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL