ちょいボケじじいの旅・酒・エーとそれとね

毎晩酒を愛で古き日本と温泉を愛す、少し物忘れも出始めた若じじいが、旅日記やコレクション自慢などと、興味のままを綴る。

6日の夕方から軽井沢に来ていますが、雨が多かったからか松茸が豊作のようです

2016-10-08 17:43:42 | 信州日記

 台風が日本海側を抜けたばかりの6日は10月なのに真夏日というような暑さであったが、夕刻にやってきた軽井沢はさすがに涼しくなってきていて、翌日の朝は放射冷却でぐっと涼しくなって寒いぐらいであった。7日までは天気がいいというので買い出しを兼ねて東信地区をドライブ、冒頭写真は最初に立寄った発地市庭からの浅間山です。

 その売場ではこの前よりも多くの松茸が並んでいた形跡が、もういくつかは売れて無くなっていたようで、やはりお手頃価格から売れちゃったんじゃないでしょうか。この前よりも大きくていいものだほとんどで今が盛りかも、見ている前で5000円也の立派な物を二つも買って行かれたご婦人がおられましたよ。

                朝10時でももういくつか売れて疎らとなったような売場スペース

 園芸用の土や肥料を買いに行き温泉にも回ってきた途中で農産物直売所にも立寄ってみたら、例年は見ないような大量の松茸が並んでいる、川上村産とあって100g当り2000~3000円ということで安めではあったが、やはり立派なものが多いから一番高いもので7500円ぐらいまで、聞けば今年は豊作でたくさん採れているとか、なるべく早く買いに行けば今年はお手頃価格の地物松茸が買えるんじゃないでしょうかね。

              赤坂農産物直売所

                川上村産

                                             昼過ぎでこれだけ並ぶのは豊作ということでしょうね

 山荘周辺のリコボウが出る場所を探してみたらチラホラとだけ出ているのを発見、でももう終わりかけみたいで腐ってしまったものがいくつかと、キノコ状のものも傘は表側の色が薄くなっていて、裏を見れば虫食いになってしまっているものばかり、時期を失してしまったようで残念でしたか、または長雨では出方自体も悪かったんでしょうかね。

          

               最初はもっとこげ茶色が濃いはず      虫食い跡が二ヶ所見える、軸根元も腐ってきている

 今年は9月半ばから東信地区の各所の農産物野菜売場で信州産の松茸を見たから、豊作だろうと思っていたがここにきて多く出荷されてきているようで数年振りのことになりそう、今回は半ばには横浜に帰るから、その時までこの状況が続いていたら手ごろなものなら買ってもいいかなと。

『お取り寄せ・産直品』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 別府温泉に泊まって九州北部... | トップ | 別府温泉に泊まって九州北部... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

信州日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL