ちょいボケじじいの旅・酒・エーとそれとね

毎晩酒を愛で古き日本と温泉を愛す、少し物忘れも出始めた若じじいが、旅日記やコレクション自慢などと、興味のままを綴る。

軽井沢植物園、湯川公園ドッグラン、そしてハルニレテラスなどとウロチョロして

2017-06-22 17:50:03 | 信州日記

 6月上旬の信州滞在中の一日だけは軽井沢の各所をウロウロとして過ごしました、この時期は渋滞ということはないから自由に動けます、でも動き回ったのは中軽井沢周辺だけで、軽井沢植物園の見物から初めて、中軽井沢の商店街に何かないかと初めて路地まで歩いてみたら水曜日は休みが多いんですね、それで昼はツルヤで弁当を買って湯川ふるさと公園でピクニック気分すろことに、そのあとはドッグランでゴン太も遊ばせて、そして星野温泉トンボの湯に浸かってからハルニレテラスを覗き、最後はまたツルヤで食材を買って山荘に、こちらに来ると近間でも何かと出歩くことになりますね。 

 軽井沢植物園では春から夏への花の端境期みたいであまり見られませんで、アヤメだけが植物園だけでなく至る所で今が盛りで目立つ程度、そのほかはミヤコワスレとクリンソウぐらいでしたか、樹木ではハナヒョウタンボクが咲いていたぐらい、観察会は次の日曜日ということであった。

              植物園入口

                     咲いている花の写真では目立たないものも掲示されているので

              クリンソウ

 中軽井沢では食べようかと思っていた店が休業日で、どこかほかにはないかと駅周辺を歩いたらいくつかがお休み、少し離れたらと思ったがこの日は日射が強く犬を車に置いておけないと、ツルヤでそそくさと弁当だけ買って近くにある公園に。

 湯川ふるさと公園は芝生には犬を入れないようにとなっているので通路沿いのベンチで、巻きずしなど少しだけのお手軽弁当で多少はダイエット気分に、犬はドッグランに連れて行ったがほかには誰も来ていなくてこんなことも珍しいかな、ボールを投げて追いかけさせるのを何回も、フリスビー犬みたいな芸当はできないがチャンと咥えてもどってきます、前の2頭は出来なかったのにゴン太は感心感心と。

               広いドッグランに1頭だけで

                ボール遊びが大好き

               咥えてもどってきます

               最後はバテて日陰と水のあるところで

              我々が出てきた後に猟犬が、これはハトを狙ってソロリソロリと、やはり習性は生来のものですかね

 そのあとはトンボの湯へ、特定日ではない時期の平日はカードを提示すれば安いので、遠出しないでも公営の温泉と同じような料金で利用できるのが好都合、露天風呂は森の中の雰囲気で気持ちがいい、湯温も41℃ちょっとぐらいなのでぬる湯好きの僕でも許容範囲、湯上りは肌がサラリとした感じになる温泉です。

              トンボの湯

               男女別の建物の奥に露天があって、正面の斜面の樹木が覆ってきていて緑の中でノンビリとが売りじゃないかと

 トンボの湯から湯川沿いに少し歩いて下ればハルニレテラスです、星のやが選定しているんでしょうがオシャレな店が並び、大型アウトレットとは正反対の小さな別天地の飲食ショッピングゾーンとなっております。6月の梅雨時はアンブレラ スカイという飾りつけで迎えていました、これは横浜に帰ってからTVで放映していて、雨が降るとデッキの床面に傘が映るという仕掛けとなっているとか、それはまだ見たことがないが、雨も楽しいという演出で今回で3年目となるそうだ。

              二ヶ所のゾーンで

              

              もう一方のゾーン

              風に傘が舞う

 最後はツルヤで買物して山荘に、こちらに来ると夕食は出来合いの総菜が多くなりますが、僕の安ワインには似つかわしいと一向に気にはしませんよ、出歩くと女房にも帰ってからあまり手間を掛けさせてはいけないからねぇ。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年初めての長門牧場にゴン... | トップ | 追分レトロ市を冷やかした後... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

信州日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL