ちょいボケじじいの旅・酒・エーとそれとね

毎晩酒を愛で古き日本と温泉を愛す、少し物忘れも出始めた若じじいが、旅日記やコレクション自慢などと、興味のままを綴る。

信州で4月と5月に花見などで訪れたところを

2017-05-16 16:03:07 | 信州日記

 今年の信州の桜も例年よりも遅かったようで、4月上旬の法師温泉から東御市のアートヴィレッジ明神館の旅では上田城の桜はまだ開花した直後でパラパラとか、そして4月下旬にまた訪れたときにはもう終わり掛けと花見はできなかったが、佐久では4月下旬にちょうど満開というので見物に。そして5月前半の滞在時には御代田のしゃくなげ園と旧武石のツツジが見頃というので日帰り温泉にも入りがてらに、当然に出歩いていれば昼は何処ぞかで外食も、それら温泉とランチは別にまたあとで書きますがここでは花見だけでの写真を。冒頭写真は浅間山をバックに花見のゴン太を。

 桜だけは満開の時期が思うようになりませんな、今年は4月も20日過ぎに佐久で見頃というので茨城牧場長野支場に、ここはそれほど多くの桜があるわけではないが、古木の大樹の下の牧場らしい草広場の中でBBQができ、お子さんなら飼育されているヤギと遊べるので人気のようで、我々みたいな部外者には無料の広い駐車場が用意されているから行きやすいので。

              牧場開放場所への入口

              どれもかなりの古木となっています

              

              見上げても見事な

                   古木の枝垂桜も何本も

               ヤギに草を与える子供達

                      ゴン太もニラメッコを

 4月の天気がいい日に湯川公園のドッグランにゴン太を遊ばせに、軽井沢では桜はまだ蕾が固かったがコブシは見頃、でも今年は花の数はやや少な目だったような感じがしましたが。

            コブシとまだ蕾の桜の間に浅間山が

                ドッグランにて

 5月上旬には御代田の真楽寺の裏手の浅間サンライン側にあるしゃくなげ園の花がソメイヨシノの後を受けて咲いてきます、運がいいと枝垂桜との両方が見られるということもあったが今年は遅れて咲く八重桜とが見頃で、枝垂れ桜やソメイヨシノはもう散っていましたね。ほかにはここでもスミレの花が至る所に、ヤマユリは芽吹いて伸び始めてきていましたがその数も多くて咲けば見事でしょうね。

             しゃくなげの数はもっと増やした方が見栄えがすると思うが

             八重桜と奥には大きな地蔵尊が

 5月のゴールデンウィーク過ぎの地元新聞に武石公園のツツジが見頃という記事があって、加えて少し回り道したらこれも同じ新聞に紹介されていた蓼科牛の店でも食べられるのと、帰り道では温泉もあるし味噌も買いたいと欲張ってお出かけ。武石公園の場所はナビになくておおよその見当を付けて向かったが、新聞記事で紹介されているのに標識は何もなくて、前方に見えだした小高い山に赤いツツジの花が集まるのが見えてきて初めてここだなと。でも駐車場は離れて臨時というのもあったが近い場所には少なくて観光客には不便です、それと足元が悪い道しかないので半分ほどを巡っただけ、ちょっと盛りも過ぎていたこともあって花よりもここからの眺めの方が素晴らしかった、この小高い山は独立した岩山らしく周囲全部に眺望が利くのですね。

            小高い山にツツジの赤い花が見えてきた

            

                    かなりの急斜面に生えるツツジ、植樹したとすれば大変だったことでしょう

              細長い独立した小山全体が公園らしい

              

              岩山と分かる場所

              花以上に眺望が素晴らしい

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 軽井沢の山荘の庭で5月前半... | トップ | 4月と5月の信州で出歩いた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL