ちょいボケじじいの旅・酒・エーとそれとね

毎晩酒を愛で古き日本と温泉を愛す、少し物忘れも出始めた若じじいが、旅日記やコレクション自慢などと、興味のままを綴る。

軽井沢の山荘の庭で5月前半に咲いていた花

2017-05-15 16:00:05 | 信州日記

 軽井沢でも5月ともなれば春らしくなってきて、木々の高所も地面でも緑色が広がり始めますが、朝晩はまだ寒い日が多いから芽吹きを躊躇している植物もあって、本格的な新緑の季節は後半からとなるでしょうか。連休の混雑を避けて6日の土曜日から軽井沢に来て13日まで過ごしたが、その間に山荘の庭に咲く花は4月よりも確かに増えてはきています、それでも全体としては冒頭写真のようにまだ枯野の状態が半分以上を占めていましたね。

 庭には1本だけ枝垂桜があって、植えてから12年の今年はやっと花が 咲いたなぁというぐらいの数が見られるようになったが、まだ満開のというような咲き方をしてくれない、高木が南側にあって日当たりが足りないのかもしれないですね。

                     八重の枝垂桜です

 今年のヤマブキの花はキレイです、この時期は周辺でも至る所で咲いていますが僕は八重よりもこの単純な花のほうが好き、心なしか一つ一つの花がほかで見るものより大きいような感じで見映えがいい。

               

 ミツバツツジは滞在中に蕾からかなり開いてきていました、ツツジではこの種類だけが先駆けて咲きます、自生しているヤマツツジなどは芽吹いて葉が見えだしたぐらいですが、信州でも標高が低いところではツツジ見頃のニュースも。

              

 玉咲サクラソウは花の寿命が長いですねぇ、ほかの日本サクラソウなどはまだ蕾というのが多いのに早くも4月に咲き出して、この滞在中の最後にやっと散りました。

                  

 カッコ草は4月に植えたばかりで蕾だったものが咲いていました、これも花期が長いみたいですねぇ。

                

 日本サクラソウは横浜に帰る前日の状況がこの写真、やっと早い株で花が咲き出したところです、今年は例年よりも遅かったようでこれからドンドン咲いてくるみたい、白花もあるが今年は見損なってしまいますね。

               

 シラネアオイが今年も咲いていました、4月には芽吹きもしていなかったものが半月ほどでこれだけ成長しているのにはビックリ、地植えしたらこれだけ大きな株に育ってくれました、山荘の庭の春の花の女王様です。

               

 早春の軽井沢で一番多く見られる草花はスミレ類です、山荘の庭には自生しているものだけでなく植栽したものもいくつかあるが、種類名がオボロゲになったりそもそも知らないものも多くて、コメント代わりに記したのは確実に分かっているものだけに。繁殖力が強い外来種のアメリカスミレサイシンは庭で見つけ次第に始末していますが、まだどこかに残っているようで。

                一番多く見られるのがタチツボスミレ

                ナンザンスミレ

                エイザンスミレ

                白花ですが不明

                葉の形が違うスミレ

 これまで毎年葉を伸ばしはするが咲かなかったバイモに初めて花が、昨年に肥料を施したためかも、でもまだひ弱な感じですね。

                        

 イカリソウは株分けして植えた各所で元気に育っていて、赤花、黄花、白花とあって園芸種の白花だけはまだ咲いていなかったが赤と黄は多くの花をつけています。

                自生種のイカリソウ

                キバナイカリソウ

 イチゲ類ではヤエイチゲだけが咲いていました、キクザキイチゲはまだのようです。

                

 オキナグサは地植えして翌年まで育ったことが無いのに、性懲りもなく今回はとより日当たりがいい場所に変えて今年もまた、今のところ元気そうなんだけどどうなりますか、一般的な濃紫と黄花を植えていますが

                     濃紫

                黄花

 ヒトリシズカは何故か一株だけが出てきただけ、昨年は二ヶ所で多くの株が出てきたのにと、理由が分からないが次回に来た時にどうなっているかと。

                

 マイヅルソウは昨年から急激に増えてきていて、早いものが蕾の段階に、グランドカバーとしていいかと当分はこのままに放置しておこうかと。

                

 テンナンショウの仲間ではユキモチソウだけが出てきたところです、まだ小さくても白い特徴が見られてそれだと分かりました。

                         

 チゴユリも増えますねぇ、それぞれに一輪だけの花をつけていますが増え過ぎたら間引かないといけないかも、手前の白い花は遅れて咲いたニリンソウだと思います。

                

 昨年は咲かなかったと思われるヤマブキソウが帰る直前になって、蕾を見えるからこの後も咲くはず、もう一株の方は葉が出始めたところで次回来たときに咲いているかどうか。

                

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴールデンウィークに開催さ... | トップ | 信州で4月と5月に花見など... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL