現代今昔物語―自分流儀。伝承。贈ることば、子供たちへ。不変のストーリー

我が息子と娘へ伝承したいメッセージをというのがきっかけで、時代が違っても考えかたは不滅といった内容を新世代達へ残したい。

新刊本

2017-02-24 | Weblog

村上春樹の新刊本が夜中の零時に発売されるということで並んでいるが、意味がわからない。

不足すれば、いくらでも増刷するし、いつでも買える。

ノルウェイの森とかよんだけれど、全く内容が記憶に残っていない。

それって秀作といえるのか?

よほどヘミングウェイの老人と海や、武器よさらばのほうが、はるか昔に読んだけれど、鮮明に記憶に残っている。

また、こうやって行列をつくったり、おかしなことばかりと思うが、書店も、普通の時間帯に発売すればいいものを。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストックホルムの人口は92万人 | トップ | 東西南北を知るために »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事