満月・散歩・狼・

老人の昔話を嫌がる人は多い、しかし、人生の最後に残る物は思い出。財宝や名誉や地位は最後には何の力にも為らない。

少し歪んだ、謂わば、十三夜。

2016-10-15 01:01:42 | 散歩
家に入る前に、近くの路上で態々、三脚を立て、月様を撮る。
あらゆる趣味を放棄した爺さんが、痴呆、と鬱、予防に
態とフザケテ、月様月様と言って居る内、
本気で追っかけをしてやろう!
そんな事無い!を、そんな事も有る!
昨夜も、ちゃんと、月様は、後ろから家に入る迄
見守ってくれた。
言い過ぎかな?メルヘンチックにジイサン楽しもう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢は今も巡りて、忘れがたき... | トップ | 見上げてご覧!秋の空を? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。