満月・散歩・狼・

「満月」ノスタルジー・センチメンタル。「散歩」感性・知性・好奇心。「狼」ポリシー・プライド・ジョーク。


アフター◎ランチ♯シャンソン『ベコー』

2017-07-22 16:55:54 | シャンソン

”ガラにて投稿“
遅いランチ、婆さんが来ないのでマイペース
カッペリーニを、ピザ&パスタスパイス、
ナポリタンケチャップ、オリーブオイル、
パルメザンチーズ、ホウレン草で食べる
シャンソンを聴きながら昼寝だ。
昼下がり白いカーテンが風に揺れる。
仔猫が啼いている。
そうだ!旅立とう!?
ベッドから落ちないように!??
♂ K.T.☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

'88深緑夏代芸能生活50周年。の事Part2

2017-05-05 19:04:36 | シャンソン

プログラム構成時点で、深緑さんと演出家に、深緑さんのレパートリー
以外の曲、二曲を録りたい旨、伝えました。
「私の孤独」「私の村は水の底」。
快諾では無かったけれど、深緑さんの旺盛な挑戦意欲を
くすぐる事に成功しました。
 当時、私は業界では駆け出し、しかし、シャンソンをもっとポピュラーに
の熱い気持ちに自負が有り、先ず出来る事は、今風のアレンジと考え、
アレンジャーに業界では無い新人を、バンド編成もエレキに強い若手を起用
専属バンド?を立ち挙げる事にしたのです。
(写真は、2005.5.17.リハーサル中の物)

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

’88.深緑夏代芸能生活50周年記念。Part1

2017-05-04 20:03:45 | シャンソン

五月になると、私の過去で苦労した年の事を思い出します。
この年、バブルの最盛期、株価は三万円台に青函トンネルが開通、
営業を開始。世の中は少し浮かれて居ました。
そんな年1988年。
深緑夏代は、宝塚少女歌劇団で14歳で初舞台を踏み
五十年が経過して居ました。
記念コンサートを、全国で行う企画を深緑夏代さんに快諾を頂き
皮切りは、まず東京で、画期的なレコーディングライブを考えました。
ライブを録音するのは当たり前ですが、録音スタジオへ、
お客さんに来て頂き、レコーディングの緊張感を共に経験して
頂こうと云うのが、私の企画の趣旨でした。
(写真は1988.5.17.FM東京ホールにて撮影)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

トランプ大統領に聴いて欲しい歌。「脱走兵」①

2017-03-21 03:22:55 | シャンソン

シャンソンにこんな歌が有る。
脱走兵」
語り・・・「谷間を流れる川の畔に 静かに眠る若い兵士
降り注ぐ陽の光を浴びて 手を胸に静かに 寝かせてあげよう
彼の胸には真っ赤な穴が空いている 名も知れぬ若い兵士
大地に抱かれ今、その生涯をとじた」
続く
写真は2009.11.8.撮影相模湾
コメント
この記事をはてなブックマークに追加