goo

「コクサギ」名前の云われが小さな臭い木で小臭木!花の種類!

「コクサギ」花の種類は豊富、どんな花にも名前がある!



植物は不思議です。知らないことが一杯あります。
花一つをとっても、知ってる花もあれば、知らない花もあり、
むしろ知らない花のほうが、多いでしょう。

さらに、植物は、すべて同じと思うと大間違い。
花の形が違います。大きさも違います。色も違います。
雌しべ雄しべが一緒だったり、別々だったり、
雌しべ雄しべの、花の形が違ってたり、

さらに葉っぱが、小さいのから大きいの、
ツヤがあるのとないのと、
葉っぱが落ちるのと、落ない葉っぱなどなど。
それらはそういうものの常識だからと、
簡単に片付けられない。
なぜ、なぜ、なぜが一杯出てきます。
答えが難しくて、よくわかりません。

もっと不思議なのは、枝や茎につく葉っぱの位置が違います。
花の種類を1枚写せば、終わりという世界から、
だんだん不思議な世界を、知ることになります。
植物の細部まで、見るようになります。
花の名前を教えて貰えるのは、植物園です。



コクサギという名前。枝や葉に、特有の臭気があるために、
名前が付いて、4月頃に花が咲くミカン科の植物です。
同じように、
クサギ(シソ科)という、花が8月頃に咲く「科」が違う、
名前の花があります。花が咲く時期も違うが、臭木です。
香りを嗅いだ事がありませんから、わかりません。

日本全国、どちらも雑木で、沢山生えてるが、
気になる木ではありません。目立ちません。
気にならない木ですが、不思議な葉っぱのつき方です。

葉っぱのつき方を、少し思い出してもらうと、
枝から左右に二枚か数枚生えてます。
または、互い違いに生えてます。

ところが、コクサギは1本の枝に、1枚、その上に1枚。
次に反対側に、同じよに葉っぱが生えて、繰り返します。
何で、わざわざこんな奇妙な、葉っぱの並べ方になるのでしょう。
変則的な葉っぱのつき方が、不思議でたまりません。

ほとんどの植物は、光合成を行なって成長します。
日の出から日没まで、角度を変えて植物に光を与えます。
葉っぱも、影にならずに、光を受けて成長してるから、
同じような葉っぱになると思うのですが、
少し考えが甘いようです。

また、クサギは染料になりますが、
媒染を使わずに染め上がります。
染め上がると、上品な灰色に仕上がります。
     
  • 別名 

  • 特色 

  • 科  ミカン科

  • 原産 東アジア

  • 花期 4~5月

 



いかがでしたか?

植物は知れば知るほど、わからなくなります。
花を目で見て、写真を写して位が、楽しそうです。

地球上に植物が、沢山あります。その中から、
消えた、絶滅した植物も、沢山あるでしょう。
イチョウのように、ほぼ絶滅してたのが生き返って、
1種1属となった植物。

植物の生態の中で、コクサギのように、
葉っぱの形態が変異を起こして、
生き延びてる姿に気が付くと
なんとも不思議でなりません。

もしも興味があったなら、花だけに目を向けないで、
葉っぱの並び方など、見てください。
今まで、意識したことがありませんでした。
何かに気が付くのも、生きてる証です。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 「県立亜熱帯... 「アロカシア... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。