健保のつぶやき

境界型糖尿病の宣告を受け糖質制限を始めて7年目、体調は万全。諸先生のブログ等で勉強中です。情報紹介を基本に書いてます。

早寝早起の極意

2014-05-31 15:43:28 | けんこう

https://www.youtube.com/watch?v=-TGN9eWb_Iw

早寝早起

2012/08/21 に公開

2012年8月20日に新宿OP廣瀬クリニックのグループ療法で行われた
精神科医 心療内科医 廣瀬久益によるDr.講話の様子

テーマは「早寝早起」

治療結果で裏づけのある話。

平日7時におきる人 休日10時まで寝ると リズムが崩れます。

かえって 休日6時はおきてください。

月曜日7時におきるのは楽。つまり日曜日の夜早く寝ることが大切です。

これが、早寝、早起きの極意。

 

理屈は

身体の修復時間は夜10時以降 成長ホルモンいや修復ホルモンがでます。

つまり8時に寝て身体を修復させる。これが早寝早起き。

だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

糖質制限とお酒 

2014-05-31 10:50:27 | カルピンチョ医師

http://xn--oqqx32i2ck.com/review/cat30/post_205.html

低糖質ダイエットは危険なのか?中年おやじドクターの実践検証結果報告

 


糖質制限でも、飲酒などと絡むと以下の問題点がありえます。

1.糖質制限しながら、常習的にお酒をたくさん飲まれている場合は「糖新生ブロックによる低血糖」が起こりえます。
低血糖を回避するために、飲酒は控えめにしていただくか、飲酒前に糖質を少量摂取していただきたいです(どのぐらいがいいかは個人でトライアルしてください)。

2.糖質制限しながら筋トレや長距離走などにいそしんでいる方はグリコーゲン貯蔵量が少ないので、飲酒時には低血糖につながりやすい可能性があります、この場合も飲酒前に糖質を少量摂取してください(こちらも至適量は個人差が大きいと思います)。
http://xn--oqqx32i2ck.com/review/cat13/_fat_adaptation.html

糖質制限では、糖質が入っていない焼酎などは飲んでよい。つまみや閉めにラーメンの炭水化物を取らないので2日酔いがないので、つい飲みすぎる。酒が強くなたと勘違いする面もある。それよりも、うまい焼酎が余りうまくないと感じることが多くなってきた。最近は、炭水化物のつまみも食べるようにしている。久しぶりにこのブログを見ているここにいたりました。納得の一文です。


この記事をはてなブックマークに追加

所管の労働厚生省の意見はないのか

2014-05-31 09:10:47 | けんこう

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/trend/201405/536680.html

日薬・児玉会長、院外処方から院内処方に戻す動きについて苦言「薬価差益を理由に院内処方に戻すのはいかがなものか」病院や薬局という枠組みを超えた地域医療連携の必要性を強調

2014/5/30

内海 真希=日経ドラッグインフォメーション

ある意味利害の対立する意見を紹介して、それで終わる今の健康記事の書き方に疑問がある。

まずは行政の指針はどうなのでしょうか。あの厚生省に指針があるとは思えないが。


この記事をはてなブックマークに追加

高齢者の睡眠障害治すには?

2014-05-31 08:48:44 | けんこう

自分のために、あらゆる情報をあつめています。

メラトニンはある医師のブログにあり、さぷりとして服薬しています。

今のところ弊害は出ていません。将来、わかりません。今のよい症状が

未来につながるとすれば、それでよい。まずは今日の体調から。

 

【高齢者の睡眠障害治すには?】※ F.F.さんからの質問と回答

 

>93歳の母の事ですが。。。

 

>5月1日起立性低血圧で胸を打ち、軟肋骨を少し痛め湿布し安静にしていました。

>その間、1日中寝る事になりました。

 

>今は、胸は治癒しましたが、時差ぼけの様な状態で、夜寝れなく、日中寝ています。

>食事の度、起きます。始めは、昼間4時間から6時間寝ていました。

 

>今は、やっと2:30~1:30間となりましたが、それにしても寝すぎです。

>寝たっきり・痴呆にならないか心配です。

 

>夜は、睡眠薬(ハルシオン半錠)飲んでいます。

>正常に戻すにはどうすればよいでしょうか?

>宜しくお願いいたします。

 

よくなってきてるんですよね?

本来であれば、こういう相談も主治医が対応すべきだと思うんですよね。

 

睡眠薬を処方しているわけですから、なおさらです。

薬を出すのは簡単ですけど、どうやったら終わりにできるか。

 

出口の見えない処方は、ホントやめて欲しいと思います。

不眠の問題だけでなく、生活習慣病全般の話ですけど。

 

さて、「時差ボケのような状態」ということなので、

時差ボケとして対応してみるのが無難な選択だと思います。

 

ということで、生活リズムを整えるための簡単な方法を紹介します。

 

1.朝の太陽の光を浴びる

 

2.食事の時間をできるだけ規則正しくする

 

3.ストレッチなど運動する

 

4.できるだけ人と会う

 

5.膝の裏に光を当てる

 

Mercolaという健康情報サイトに出ていた記事では、膝の裏に光を当てると、

体温調整のタイミングおよび松果腺からのメラトニン(眠りを誘うホルモン)分泌の

シフトに影響を及ぼす、ということが研究者によって発表されました。

 

また目に光を当てた場合と同様に、

これらのシフトは光に当たるタイミングに依存します。

 

例えば、夜明け前に膝の裏に光を当てると、体内時計が少し早くなり、

次の日の体温調整、メラトニンの分泌がいつもより早い時間帯に起こるようになります。

 

研究者は今回の発見が季節性情動障害や時差ぼけなどによる

睡眠障害、概日リズム障害などの治療に役立つのではないかと予測しています。

 

と、膝に光を当てるということは効果があるのかも知れない、とのことです。

 

【#152. 睡眠障害とメラトニン】

 

睡眠障害とか不眠症については、去年の夏頃に連載してました。

順番が逆なのは、いろんな都合なのでご了承ください。

 

#85. 不足している栄養素を補う食事を    

#84. コレステロールは敵じゃない

#83. ストレスに負けないために  

#82. 寝る前は暗いところで過ごす

#81. スマートフォンの時代だから

#80. 筋肉を育てることは有益    

#79. 運動する時の注意点

#78. 成長ホルモンで疲労回復    

#77. お風呂あがりに一工夫してみる      

#76. コーヒーとウーロン茶      

#75. 夕食を見直してみましょう  

#74. 必須アミノ酸・トリプトファン      

#73. ●●がやめられない時の対処法      

#72. 胃腸薬にも注意が必要      

#71. アルコールの代謝に関連する栄養素  

#70. アルコールと不眠症の関係  

#69. 体内のビタミンCを確かめてみよう  

#68. 不眠症っぽいなら、まずは食生活を見直そう  

#67. セロトニンとメラトニン    

#66. モノアミン仮説とは

#65. 不眠症は食べ物が原因だった!      

#64. なぜ、歯科医が不眠症の話をするのか

 

ということで、去年の夏頃からの読者の方は

7月末からお盆前までのを見直してみてくださいな。

 

でお終いにしちゃうと手抜き感が満載なので、重要なポイントをお話しします。

先ほども出てきた睡眠ホルモン「メラトニン」について。

 

これは体内にあるアミノ酸・トリプトファンから作られます。

ここからセロトニンがつくられて、さらにメラトニンに変化します。

 

トリプトファンからセロトニンに変わるためには、

鉄やビタミンB群(ナイアシン、B6、葉酸)などが必要です。

ということは、「MEC食」だとか「くびれしぴ」が良いですね。

 

セロトニンからメラトニンに変わるためには、マグネシウムが必要。

これが豊富な食材は、ナッツ類が多いですねぇ。

 

食事以外にマグネシウムを補給する方法もありまして…

http://youtu.be/1mRpFmoD3-4

 

参考までに。

 

【質問や相談を匿名で受け付けております】

 

ということで、質問や相談を受け付けております。

答えられない質問もありますが、できる範囲で回答します。

「今さら聞いても大丈夫?」みたいな質問も大歓迎です。

 

こちらのメールフォームから気軽にどうぞ。

http://mm.breath-design.com/question/

 

現在の回答待ちは1件です。

 

================

≪YouTubeチャンネル≫

http://goo.gl/GA2rC6

≪Twitter≫

http://Twitter.com/Breath_Design/

≪ツイキャス生放送≫

http://twitcasting.tv/breath_design

≪Google+≫

http://gplus.to/BreathDesign

================

みんな大学 健康科学部

新潟県長岡市殿町2-3-12

http://on.fb.me/11EKoWM

================

以下のリンク先のフォームから「登録解除」ができます。

http://mm.breath-design.com/cancel/

================

記載内容には著作権がありますので、無断転載はお控えください。

なお、引用する場合は「本文の一部」をピックアップして、

それに対して「あなたの意見」を必ず加えてください。

また、以下のリンクアドレスを併記するようお願いします。

http://mm.breath-design.com/


この記事をはてなブックマークに追加

自分のためにぼちぼち勉強しはじめます

2014-05-31 08:19:02 | けんこう

http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~rounen/yamada/topic/2009_12_27_hp/index_01.htm

 

食べようとしない、途中で食べることをやめる、 
早食いなどの食べ方の乱れがあ

認知症の方を

対象としたホームページです。

  食事環境づくりが認知症の方の食べる力を高 めます。 

転写できませんが、食べるものに注目してみました。

ありました。炭水化物が主体です。仕方がないか。



この記事をはてなブックマークに追加

10年後75歳に

2014-05-31 08:09:29 | けんこう
宝樹 真理さんが太田 寛さんのリンクをシェアしました。
とても大事なことてす 東京オリンピックの5年後
NHKスペシャル|シリーズ日本新生どう乗り越える?医療クライシス(仮)
www.nhk.or.jp
NHKスペシャルの番組公式サイトです。
<form id="u_0_2h" class="live_714125225298035_316526391751760 commentable_item autoexpand_mode" action="https://www.facebook.com/ajax/ufi/modify.php" method="post" data-ft="{&quot;tn&quot;:&quot;]&quot;}" data-live="{&quot;seq&quot;:0}">
  •  
    11人がいいね!と言っています。
誰もが、いつどんな時でも自由に病院を利用できる日本の医療が今、深刻な危機に直面しています。原因は、団塊の世代が75歳に達する“2025年問題”。患者が増え、医療費が急増すると予測されているのです。この危機をどう乗り越えるのか?今、「病院から在宅への転換」など、これまでの日本の医療を見直す、様々な改革が議論されようとしています。一方、財政面の視点ばかりに重きがおかれ、患者や家族が置き去りにされるのではないかと不安視する声があがっています。2025年まで、あと10年余り。医療費の伸びを抑えながら、安心できる医療をどう築いていけばよいのか?市民のみなさんの不安の声や、住民ぐるみでわが町の医療を守ろうと立ち上がった地域、世界の取り組みなどをもとに、議論します。

初回放送

2014年5月31日(土)
午後9時00分~10時13分

昭和24年生まれの私が10年後この該当者 75歳になります。私も大変ですが、支える現役世代の方も尚大変です。医療費と介護。お金の問題もさることながら、想像を絶することになるのでしょうね。先のことはわからないが、ボケさえしなければまだ75歳。何とかなるのかな。

 

</form>

この記事をはてなブックマークに追加

拍手 座布団3枚へ理屈医師

2014-05-31 08:01:07 | 屁理屈医師

やっぱり、おかしい。

 

今日は、世界禁煙デーです。

普通に喫煙していた人間として、「別に長生きなんかしたくないから吸い続ける」と宣言したわたしですし、単に吸うと翌朝とてもきついから吸わないだけのわたしですから、「タバコを吸いたい」と云っている輩に「それは健康に悪いからやめろ」とは決して云いません。でも、おそらく税収以外に何の価値もないものだから、「吸わなくてもいいかな」と少しでも思ったヒトは早く縁を切ることをお勧めします。

そんな中、厚生労働省のHPから<2014年世界禁煙デーについて>をみつけました。

オールジャパンで、たばこの煙のない社会を」をスローガンに、様々な企画を並べています。

これ、どう考えてもおかしくないですか?これを書いているのは、どこかの民間啓発団体とか禁煙学会とかではありません。

厚生労働省は国の機関です。国の機関がこんな内容をスローガンにするくらいなら、

タバコ製造・販売を中止させましょう!と宣言してください。

吸うのは止めるべきだけど作るのはやめさせられない・・・その複雑な事情はわからないでもないけれど、ここまで書くならもっと強く指導的な機関であるべきでしょう。今どき、「形だけはしておかないと示しがつかないんだよね」的な単なるパフォーマンスで済ませられるほど、世間の目は甘くないのでございますよ。

 

病気もある意味数値で推し量られる。特に生活習慣病。モット実態にあった基準にすることにより、薬が大好きな日本人の病人は減るはず。ジェネリックの基本になる薬。薬価を下げれば済む話。痩せもしない保健指導に熱を上げ、医療関係者の生活を支えるこの国の保健行政のトップも厚生労働省である。屁理屈医師、良くぞかかれました。こんなことも書いてほしいな。



 

 

 

2014年4月14日月曜日

これほど迅速かつ実質的に健康が増進され,医療費が節減できる介入法は他にない

 
オランダ・Maastricht University Medical CentreのJasper Been氏らは,禁煙法の施行と小児の健康との関連について検討した欧米諸国の研究を対象にシステマチックレビューとメタアナリシスを実施。公共スペースや職場での禁煙を法制化したことにより,早産および小児喘息患者の受診が大幅に減少したことが分かった。とLancet2014年3月28日オンライン版)に報告した。現在,177カ国が世界保健機関(WHO)のたばこ規制枠組み条約(FCTC)を批准しているが,包括的な禁煙法で守られているのは世界人口全体の16%にすぎず,世界の小児の40%が日常的に受動喫煙にさらされていることが報告されている。
米・University of California San FranciscoのSara Kalkhoran氏らは,同誌の付随論評(2014年3月28日オンライン版 )で「喘息に関連した医療費は欧州で200億ドル(2006年),米国では500億ドル(2007年)を超える。これに対し,喘息による救急外来の受診と入院が10%低下すれば,年間の医療費節減効果は欧米で合計70億ドルに上る」と指摘。禁煙法やその他のたばこ規制政策が,医療費の削減において即効性の高い介入法であることをあらためて強調。「単純な介入法ではあるが,これほど迅速かつ実質的に健康が増進され,医療費が節減できる介入法は他にない」と述べている。
二つの禁煙に関する論文がでているようです。受動喫煙にさらされた子供の健康被害は、許しがたいものです。医療費の削減にもなるのです。喫煙で良いことは一つもないはずです。禁煙をもっと強力に勧めてゆかなければならないでしょう。



この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの投稿でした 宗田医師

2014-05-30 22:39:33 | 糖質制限とは
 朝のローソンはトマトカレーパン、オレンジ、ショコラ、ブランパンがいっぱい。糖質量もさらに下がって、2から7グラムのもあります。少し前から見たら、驚きです。棚には糖質オフの本もいろいろあって、この流れは変わらない!
 ある有名なイタリアンのシェフの話、イタリアのセリエAの選手が来店してパスタを食べないので驚いたそうです。聞けば、イタリアでも、スポーツ選手、モデル、セレブはコース料理からスパゲッティを外すようになったそうです。コメ、小麦が砂糖だとわかる人が増えているかな?雑誌も大人肉なんて特集がありました。のぞいたら、イディア銀座が出ていました。MECが普及していきますように。
 (写真4枚)
宗田 哲男さんの写真
宗田 哲男さんの写真
宗田 哲男さんの写真
宗田 哲男さんの写真
<form id="u_0_2z" class="live_648859215190598_316526391751760 commentable_item autoexpand_mode" action="https://www.facebook.com/ajax/ufi/modify.php" method="post" data-ft="{&quot;tn&quot;:&quot;]&quot;}" data-live="{&quot;seq&quot;:&quot;648859215190598_649063311836855&quot;}">
5いいね! · <label class="uiLinkButton comment_link" title="コメントする"><input class="uiLinkButtonInput" type="button" value="コメントする" data-ft="{&quot;type&quot;:24,&quot;tn&quot;:&quot;S&quot;}" /></label> · 
  •  
    萩原 敦さんと他132人が「いいね!」と言っています。
  • <button class="_42ft _5upp _50zy _50-0 _50z- UFICommentCloseButtonFake" title="削除" tabindex="-1" value="1" type="submit" data-reactid=".f.1:3:1:$comment648859215190598_648952165181303:0.0.$right.0.$right.0"></button>
    Tae Sato シェアさせていただきました(*^^*)
  • <button class="_42ft _5upp _50zy _50-0 _50z- UFICommentCloseButtonFake" title="削除" tabindex="-1" value="1" type="submit" data-reactid=".f.1:3:1:$comment648859215190598_648972795179240:0.0.$right.0.$right.0"></button>
    萩原 敦 パスタのイタリアがパスタ離れですか?それは凄いですね。以前は、スポーツ選手が、パスタが一番、試合前の食べ物に適しているとか、イタリアのマラソン選手のスタミナの元は、パスタである云々・・といってた専門家がいましたが、この言葉も風前の灯ですね。
  • <button class="_42ft _5upp _50zy _50-0 _50z- UFICommentCloseButtonFake" title="削除" tabindex="-1" value="1" type="submit" data-reactid=".f.1:3:1:$comment648859215190598_648977548512098:0.0.$right.0.$right.0"></button>
    上原倫子 おお!それは凄い!
    最先端を行く人々は気づいているんですね。
    シェアさせていただきます(*^^*)
  • <button class="_42ft _5upp _50zy _50-0 _50z- UFICommentCloseButtonFake" title="削除" tabindex="-1" value="1" type="submit" data-reactid=".f.1:3:1:$comment648859215190598_649063311836855:0.0.$right.0.$right.0"></button>
    Mayumi Katayama 良い方向に向いてきていますね。ローソン等のコンビニエンスストアが、積極的に動いてくれることはとても意義のある 事です。
    日本ではセレブ、モデル等がお米を食べなくなる? 厚労省も農林水産省も、しっかり対策を!糖質制限はメジャーになりますよ。
  • Kiyoshi Tsukahara
     
    <textarea class="textInput mentionsTextarea uiTextareaAutogrow uiTextareaNoResize UFIAddCommentInput DOMControl_placeholder" title="コメントする&hellip;" name="add_comment_text" data-reactid=".f.1:4.0.$right.0.0.0.0.1.0.1.0"></textarea>
    投稿するにはEnterキーを押します。
</form>

この記事をはてなブックマークに追加

出ました 塩分補給

2014-05-30 19:39:33 | けんこう

熱中症を防ぐために
~国民の皆さまに取り組んでいただきたいこと~

○健康のために水を飲もう推進運動
    厚生労働省  健康のために水を飲もう推進運動

att/2r9852000001ei82.pdf

こまめな水分・塩分の補給
※ 高齢者、障害児・障害者の方は、のどの渇
きを感じなくても、こまめに水分補給を。

高血圧の患者 予備軍 数千万人。

塩分控えめに。

出ました。 夏の風物詩。

熱中症は 塩分とりましょう。

どちらが 患者・危険性 多いのでしょうか

高血圧だと思うが。

塩分取りましょう、医療機関、厚生省の夏の風物詩。

秋風吹けば、減塩にキャンペーンがかわります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

あれ 変です

2014-05-30 17:08:46 | けんこう
<colgroup><col width="72" /> <col span="2" width="112" /> </colgroup>

 

 

4,990,000人  
非肥満 61.46% 3,066,854人
肥満 38.54% 1,923,146人
     
  非肥満  
超リスク 8.55% 426,645人
高リスク 20.36% 1,015,964人
低リスク 10.11% 504,489人
無リスク 22.44% 1,119,756人
61.46% 3,066,854人
     
  肥満  
超リスク 11.84% 590,816人
高リスク 17.09% 852,791人
低リスク 5.46% 272,454人
無リスク 4.15% 207,085人
38.54% 1,923,146人
     
     
  非肥満 肥満
超リスク 426,645人 590,816人
高リスク 1,015,964人 852,791人
低リスク 504,489人 272,454人
無リスク 1,119,756人 207,085人
3,066,854人 1,923,146人

 

どこかで使われた資料を基にアレンジ。

 超リスクとは服薬中。 無リスクとは健康

大枠で考えれば、非肥満者に超リスクを含めたリスク者が肥満と同様の割合でいるということ。

肥満者は減量で服薬から逃れることが可能であるが、非肥満は何をすればよいのでしょうか。

不思議です。


この記事をはてなブックマークに追加