健保のつぶやき

境界型糖尿病の宣告を受け糖質制限を始めて7年目、体調は万全。諸先生のブログ等で勉強中です。情報紹介を基本に書いてます。

カロリー制限ダイエット・糖質制限ダイエット徹底比較

2014-03-31 22:09:49 | 糖質制限とは

https://www.youtube.com/watch?v=tDID4lA1TN8

https://www.youtube.com/watch?v=eUtfPGGrTFM

https://www.youtube.com/watch?v=M1yqAQvl1YU

https://www.youtube.com/watch?v=3MZwK0v1dZI

https://www.youtube.com/watch?v=NTu3VFJ20m0

 

健康な方のダイエットです。


この記事をはてなブックマークに追加

意外に短い健康寿命です

2014-03-31 11:41:41 | けんこう

http://yushima-s-clinic.com/index.php?%E9%83%BD%E9%81%93%E5%BA%9C%E7%9C%8C%E5%88%A5%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E5%AF%BF%E5%91%BD

 

「健康寿命」ランキング上位5県(カッコ内は平均寿命)

男性
【1位】愛知県:71.74歳(79.05歳)
【2位】静岡県:71.68歳(79.35歳)
【3位】千葉県:71.62歳(78.95歳)
【4位】茨城県:71.32歳(78.35歳)
【5位】山梨県:71.20歳(78.89歳)

女性
【1位】静岡県:75.32歳(86.06歳)
【2位】群馬県:75.27歳(85.47歳)
【3位】愛知県:74.93歳(85.40歳)
【4位】沖縄県:74.86歳(86.88歳)
【4位】栃木県:74.86歳(85.03歳)

「健康寿命」ランキング下位3県

男性
【47位】青森県:68.95歳(76.27歳)
【46位】高知県:69.12歳(77.93歳)
【45位】長崎県:69.14歳(78.13歳)

女性
【47位】滋賀県:72.37歳(86.17歳)
【46位】広島県:72.49歳(86.27歳)
【45位】大阪府:72.55歳(85.20歳)

 

意外に短い健康寿命です、。後10年ないです。がっかり。


この記事をはてなブックマークに追加

根本的な治癒を止める 痛みを止めて 漫画です。

2014-03-31 11:16:41 | けんこう

http://zakotsu.moo.jp/021.html

カイロプラクティック治療法

「カイロプラクティック」は最近、第三医療、代替医療、統合医療と呼ばれ、腰痛やヘルニア、そして坐骨神経痛 などの治療方法として注目を集めているアメリカからやってきた手技療法です。

手術やを使用せず、人間が本来持つ免疫力を回復させる事により、自然回復を促します。また、手術や薬を使用しないことからも心身における負担が軽く、年配の方やまだ小さな子供 腰痛・ヘルニアの対処法として最近注目を浴びています。

カイロプラクティックは「背骨の歪み」が症状発症の根本原因とする治療体系です。背骨の歪みが脳からの神経伝達を阻害して筋肉の機能障害を引き起こし、関節等に無理を強いる事より「ぎっくり腰」「椎間板ヘルニア」「坐骨神経痛」「リウマチ」「四十肩」「頭痛」などの諸症状が発症するとしています。
 
 

Ⅰ 内臓トレーニングが目指すもの


 内臓トレーニングでは、ふくらはぎ、足の裏、脊髄を刺激し、血液・リンパの流れを活性化し、内臓の機能を正常化し、自律神経のバランスを整えます。人間が生まれながらにして持っている自然治癒力を高め、病気にかかりにくい体を作ることを目指しており、いわゆる東洋医学を総合した健康法です。
 
2 内臓トレーニングでは

内臓トレーニングは、自分の健康は自分で守ることが目的です。そのために、協会がサポート、アドバイスをしていきますので、難しい専門知識がなくても大丈夫です。一緒に勉強していきましょう。 誰でも、どこでも、何時間でも 老若男女問わず行うことができる健康法です。
Ⅱ 自然治癒力を高める方法 ◎下半身の血液とリンパを流そう◎

1 健康を細胞のレベルで見つめよう





消炎鎮痛剤が全身病を誘発している
 消炎鎮痛剤の作用とはどういうものでしょうか?

 消炎鎮痛剤は血管を開く物質であるプロスタグランジンの生産を阻害する薬剤ですから、血管を閉じるように働きかけます。おしかける血流、おしかける痛み物質が止められるわけですから、痛み自体は一時的に止まります。
 しかし、血流を止めているわけですから、同時に、組織修復自体も止めてしまいます。
 消炎鎮痛剤は、湿布薬にも使われることでもわかるように血流と止めるからよく冷えます。痛み物質の産出を抑えた上に冷やしてしまえば、痛みを感じなくなりますが、同時に治癒反応を止めてしまっているわけですから、結局、疲労の回復も組織の修復も起こりません。根本的に治癒を止めることになってしまいます。これが、消炎鎮痛剤の効能といわれているものの真相なのです。

問題となるのは、慢性的な疼痛に延々と使い続けることです。消炎鎮痛剤の長期服用は、だいたい5年から10年の間に破綻をきたします。
 最後には、交感神経緊張状態によって消化管の働きが止められてしまうので食欲がなくなってやつれ、老化が促進されて寿命がつきるというような形で破綻することになります。そう考えると、じつに恐ろしい薬です。
 長期にわたって服用しないように、患者の側でも自分のもらっている薬をよく知っておくことが必要です。


痛み止めの湿布を張って 高血圧 糖尿病まっしぐら。病を自ら治さないで、湿布薬に頼り、新たな病の薬。最初のたが医師のブログに出てくるありふれた光景の患者さん。それこそ20年来の坐骨神経痛と診断されて放置、その痛みがすこしづづとれてきています。いろいろの処方で。いずれ答えと結果が出るのかな。


この記事をはてなブックマークに追加

快眠ホルモン「メラトニン」に注目!

2014-03-31 08:56:57 | けんこう

http://ameblo.jp/kenkolabo/entry-10928213006.html

2012-07-31 
テーマ:

快眠ホルモン「メラトニン」に注目! アンチエイジング睡眠術

メラトニンは眠りを誘うだけでなく、酸化した体の修復や、糖や脂質代謝にも関わります。

しっかりメラトニンを分泌させる生活習慣を目指しましょう。


■眠っている間に体の酸化を修復

快眠を手に入れるには、自律神経の働きを整えるばかりでなく、メラトニンを十分に

分泌させることも大切です

 

メラトニンの効果すごいです。

長谷川医師のブログを紹介しています。

私は、のみはじめています。

おかげさまで、糖質制限、メラトニン。

体調がよいと、夜中に起きない。

ノコギリヤシよりも効果がある感覚。

前日の過ごし片手よりおきる時間は

まちまち。6時まで持つ日。3時4時に

如何してもおきないといけない日。

何が違うのか、るる人体実験中です。

坐骨神経痛も偶然のカイロ治療で回復中。

今新たな人体実験の1つです。

糖質制限から、多くの人体実験に取り組み中。

少しでもお役に立てれば。


64歳、思えば身体の柔軟性がなくなって着ている感じがぬぐえない。


http://nokogiriyashi.jp/

 

ノコギリヤシって本当に効くの?

 

頻尿に悩む中高年をイメージしたイラストです 50代以上の男性の多くは、

 

 最近オシッコが近くなった 
 夜中に何度もオシッコがしたくて目が覚める
 オシッコがでにくい

 オシッコが我慢できない時がある 

などの悩みを持っています。 

最近ノコギリヤシがいいってよく聞くけど本当に効くの? 
と思っておられる方も多いと思います。

そこでこのサイトでは、ノコギリヤシの効果や効能について徹底的に検証します。





この記事をはてなブックマークに追加

医者の不養生?

2014-03-31 06:50:12 | 屁理屈医師

http://satoritorinita.cocolog-nifty.com/satoritorinita/2014/03/post-30af.html

全文掲載

 

最近、カラダの調子がどこか今ひとつなんですけどね。

どこがどうというのでもないけれど、運動してから帰っていると何となく胸が切ないとか、夜中に急にお腹が壊れたり胸焼けしたりするとか、何も食べていないのに腹いっぱいになるとか、いつも妙に眠い、だるいとか。

2ヶ月前に職員健診を受けたけれど大した問題はなかったんだよな。普通の人間ドックメニューだけでなく、脳ドックや大腸内視鏡検査や肺CTまで受けたけど、どうもなかったんだ・・・だから、大丈夫だと思うんですよね。

同じことを受診者が云ったら、「2ヶ月前のことは当てになりません。少なくともそのときは今の症状はなかったのだから、今改めて内科を受診した方がいいと思います。受診の2~3ヶ月後に膵臓の進行がんが見つかった人もいるのですよ」と忠告するでしょう。でも・・・内科受診しても、簡単な検査に問題がないならば、結局「健診結果に問題なかったのなら大丈夫なんじゃないですか?他に追加する検査もありませんし」とか云われることが容易に想像できるのです。

こういうときに、医者は損なのか得なのかわからないなあ、と痛感します。「先生に、わたしから改めて助言するなんておこがましいことできませんよ。何かあったら、先生、自分でちょっと調べてみたらいいんじゃないですか」と云われますけど・・・いやいやいやいや、そんなイケズなこと云わずに、ちゃんとアドバイスしてくださいヨ。@ty

最近、カラダの調子がどこか今ひとつなんですけどね。

どこがどうというのでもないけれど、運動してから帰っていると何となく胸が切ないとか、夜中に急にお腹が壊れたり胸焼けしたりするとか、何も食べていないのに腹いっぱいになるとか、いつも妙に眠い、だるいとか。

2ヶ月前に職員健診を受けたけれど大した問題はなかったんだよな。普通の人間ドックメニューだけでなく、脳ドックや大腸内視鏡検査や肺CTまで受けたけど、どうもなかったんだ・・・だから、大丈夫だと思うんですよね。

同じことを受診者が云ったら、「2ヶ月前のことは当てになりません。少なくともそのときは今の症状はなかったのだから、今改めて内科を受診した方がいいと思います。受診の2~3ヶ月後に膵臓の進行がんが見つかった人もいるのですよ」と忠告するでしょう。でも・・・内科受診しても、簡単な検査に問題がないならば、結局「健診結果に問題なかったのなら大丈夫なんじゃないですか?他に追加する検査もありませんし」とか云われることが容易に想像できるのです。

こういうときに、医者は損なのか得なのかわからないなあ、と痛感します。「先生に、わたしから改めて助言するなんておこがましいことできませんよ。何かあったら、先生、自分でちょっと調べてみたらいいんじゃないですか」と云われますけど・・・いやいやいやいや、そんなイケズなこと云わずに、ちゃんとアドバイスしてくださいヨ。

 

病なんでしょうね。屁理屈医師。お大事に。またご自身の体調についてかいてください。


この記事をはてなブックマークに追加

そもそも病気とは何なのか

2014-03-31 06:47:42 | けんこう

http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-227.html

病気と認識することは既知の治療法につなげることができるという良い側面もありますが,

糖質制限の観点を持つと,その既知の治療法そのものも正しいのかどうかを見直さなければならないので,必ずしも良いことになるとは限りません.

しかし,病気があろうとなかろうと,

人が健康であるためにどうすべきかということを

考える事が大事だと私は思います.



たがしゅう


先日もそのようにおっしゃり原因不明の手足のしびれの精査のため当科を受診された70代の女性がいらっしゃいました。

その方には高血圧症、脂質異常症、糖尿病、慢性心不全、シェーグレン症候群、原発性肺高血圧症、関節リウマチなど、様々な病名がつけられており、それぞれに対応する薬が併せて20種類も出されているような状態でした。

ここで私はふと思いました。

「もしも医療が発達していない時代だったら、この人はただの体が弱ったおばあちゃんなんだろうな・・・」

医療が発達して病気を病気として認識できるようになったと言いますが、

はたして病気とは一体何なのでしょうか。


原因不明の手足のしぴ゛れ、糖尿病でも手足のしびれあるのでは。まして薬20種類。信じられません。

医師がブログでね原因不明の病を嘆く時代にあって素人が原因を追究したくなるのは当たり前ではなかろうか。

病気とはいったい何なのでしょうか。一人一人の思いですか。最後は本人が納得するしかない。

自分が医師を目指す。自分だけを治療するために。

ほかの方は、なかなか受け入れてもらえない。それでいいのでしょうね。

 

レビュー対象商品: 感染症は実在しない―構造構成的感染症学 (単行本)

病気・疾患は 存在するもの ではなく恣意的な認識 だという。
まさにその通りだなと同感

すべては空であり お互いの関係の中で機能として存在する、という
まさに苫米地英人氏の理論の延長として理解することができた

そのほか
フィブリノゲン/厚労省問題=英語脳
治療するかしないか EBM結果の適応問題=名郷直樹先生

日頃疑問に感じていた flu+ → はいタミフル、なんて行動は
生きているとは言えないことがはっきり自覚できた(洗脳状態ともいえる)
でも患者に説明するのが少し手間だったりするけど、、、

思考停止せず自分で考えよ
医師も 患者も
それが生きるということなんだろうなぁ

著者は今後も思索を続けていかれることと思う
次回作も楽しみにしたい

糖尿病  数値6.5以上は病気。糖質制限して数値下げもよし。薬を飲むのもよし。各自の知識量により判断。

時は経過して、堅固な方、薬がも増える方、されはそれで致し方ない、勉強の違いが人生を変える。

そこまで誰も責任を持ってくれない。


この記事をはてなブックマークに追加

正常血糖値では側坐核からドーパミンが放出されず

2014-03-31 06:43:17 | 夏井医師

 

 一方,薬物や嗜好品への中毒を生み出す原因は前脳の側坐核だ。これまた古い時代の動物から受け継いだものであり,もともとは個体の生命維持,種の存続に必要な神経組織で,生命維持を種族維持のための行動を強化する系である。本来の神経伝達物質は脳に完全に制御され(=脳と神経伝達物質の共進化),神経伝達物質は役目を果たしたら速やかに分解され,影響は長続きしないようになっているが,これは側坐核とそれに作用する神経伝達物質でも同様である。

 しかし,人間は外部からコカイン,ニコチン,アルコールなどの物質を取り入れるようになったが,脳はこの「新手の刺激」を側坐核に一手に押し付けることにしたらしい。その結果,これらの物質を摂取すると側坐核はドーパミンを放出し,脳は幸福感を感じることになった。問題は,これらの物質が本来の神経伝達物質と異なり,脳では分解されないことだ。その結果,脳はこれらの物質の影響を長時間浴び続けることになり,ドーパミンを止めることができなくなった。

 糖質摂取もコカイン同様,側坐核に作用してドーパミンの放出が起こることが確認されていて,本書では「新型コカイン」と呼んでいるが,コカイン同様,脳で分解されることはないため,長時間,作用が持続することになる。この「脳で分解されない」という点が神経伝達物質との違いであり,これこそが「糖質は動物本来の食物でない」という証明になる。糖質(ブドウ糖)が「本来の側坐核に作用する物質」であるなら脳内にブドウ糖を分解する機能が備わっていなければならないからだ。脳にブドウ糖分解機能がないということは,「脳と神経伝達物質の共進化」から外れた物質であるという証拠だ。

 ちなみに,正常血糖値では側坐核からドーパミンが放出されず,正常値より高値になると放出されるが,これは正常血糖値上限(脳が正常に機能するのに必要なブドウ糖の濃度)がドーパミン放出の閾値になっていて,それを上回るとドーパミン放出が起こるのだろう。

(2014/03/31)

 

 http://kusuri-jouhou.com/domestic-medicine/schizophrenia4.html

 

陽性症状と陰性症状での脳機能
統合失調症を考える上で重要となる神経伝達物質としてドパミンがあります。このドパミンに異常が起こることによって、統合失調症を発症してしまいます。

 この時、統合失調症ではドパミンが過剰になることによって症状が引き起こされます。特に陽性症状が表れているときはドパミンが過剰になっています。ドパミンが過剰になることによって、幻覚や妄想などの症状が引き起こされます。

糖質制限することにより、統合失調症が改善される仕組みがわかりました。

ドパーミンが原因。

統合失調の薬は何なのでしょうか。

単に糖質制限やればよい話とは。

病気とはなにかが本日の一日の自分のテーマ。1つ解決。

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

行動する最後のステップ・その最後のステップとは、 『やってみる』 です。

2014-03-31 06:29:42 | けんこう

http://noushinkaron.blog122.fc2.com/?tag=%E5%81%B4%E5%9D%90%E6%A0%B8

【3つ目】人が行動しない、あるいはできない理由

--------------------------
行動する最後のステップ
--------------------------


その最後のステップとは、

『やってみる』

です。

当たり前だと思うかもしれません。
「そんなことか」と思うかもしれません。

でも、これこそが重要だと感じています。

このことを忘れてしまうことが多いために、

行動できずに苦しんだり、自分に自信が持てなかったり、
落ち込んだり、ストレスを抱えたり、

と、様々な問題が起こるのだと思います。

このことを常に頭において、
『やってみる』と、上記の問題のほとんどは
解決できると思います。

体調が不十分であれば、糖質制限をやってみる。唯これだけのことではないでしょうか。屁理屈医師。その後考えればよい。

たが医師、20状も薬を飲んでいる、やめれる薬からやめる、唯それだけのことでは。






この記事をはてなブックマークに追加

人生講座(5) 血圧が高い方が良い

2014-03-29 11:38:29 | けんこう

http://takedanet.com/2012/09/post_af2f.html

それでは、どの程度が「適度な血圧」なのでしょうか? 日本でも有数の優れた医師にお話をお伺いすると、「その人個人や年齢によって違いますので、一概に言えませんが、140150ミリぐらいは問題がない場合が多く、強いて数字で言えば180を超えるようなら注意が必要でしょう。むしろ下の血圧も注意しなければなりません」と言われる。

また病気には血圧が高いと血管が破裂するという場合と、血圧が低いと血管が詰まるという場合があり、高ければ危険、低ければ危険ということはなく、「その人にとって適正な血圧が良い」という当たり前のことなのです。

また、今の基準のように130以上は高血圧とすると、50才以上の日本人の半分が「病気」ということになります。人間の体は自らが調整する力を持っており、必要も無いのに降圧剤を服用することは勧められることではありません。

端的に言うと、今の「高血圧騒動」は「国民の健康」を犠牲にして「薬の販売」を優先するというお金中心の社会から出てきたものです。ちなみに食塩を摂る量では全国で上位である長野県の男性の平均寿命が日本の都道府県の中でもっとも長いということが、「高血圧騒動」、「減塩騒動」の間違いを良く表しています。

(平成2491日)

  武田邦彦

以下は労働厚生省発表

3.食塩摂取量
男性(20歳以上) 女性(20歳以上)
都道府県 平均値(g/日)* 都道府県 平均値(g/日)*


1 山梨県 13.3 1 山梨県 11.2
2 青森県 13.0 2 福島県 11.0
3 福島県 13.0 3 茨城県 10.9
4 福井県 12.9 4 鳥取県 10.9
5 山形県 12.7 5 青森県 10.9
6 長野県 12.5 6 山形県 10.8
7 宮城県 12.5 7 群馬県 10.8
8 栃木県 12.5 8 長野県 10.7


9 島根県 12.5 9 宮城県 10.7
1 0 茨城県 12.4 1 0 福井県 10.7
1 1 和歌山県 12.4 1 1 栃木県 10.6
1 2 群馬県 12.4 1 2 埼玉県 10.5
1 3 石川県 12.3 1 3 島根県 10.5
1 4 埼玉県 12.2 1 4 千葉県 10.5
1 5 新潟県 12.2 1 5 石川県 10.4
1 6 神奈川県 12.1 1 6 和歌山県 10.3
1 7 三重県 12.1 1 7 富山県 10.3
1 8 奈良県 12.1 1 8 神奈川県 10.3
1 9 鳥取県 12.0 1 9 滋賀県 10.1
2 0 静岡県 12.0 2 0 東京都 10.1
2 1 岩手県 12.0 2 1 三重県 10.1
2 2 千葉県 12.0 2 2 鹿児島県 10.0
2 3 秋田県 11.9 2 3 新潟県 10.0
2 4 富山県 11.9 2 4 岩手県 10.0
2 5 広島県 11.8 2 5 愛媛県 10.0
2 6 愛媛県 11.8 2 6 北海道 10.0
2 7 長崎県 11.7 2 7 兵庫県 10.0
2 8 東京都 11.7 2 8 静岡県 10.0
2 9 北海道 11.6 2 9 奈良県 9.9
3 0 岡山県 11.5 3 0 高知県 9.9
3 1 京都府 11.5 3 1 愛知県 9.9

 

こうなると 漫画みたいな記事

山梨県は 果たして短命かな。探していません。

 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFB2705X_X00C14A1000000/
 
 長野県は昔から野菜摂取量が多いが、同時に塩分の取りすぎにも悩んできた。今回の長野県の長寿日本一は、減塩運動により脳卒中の発症などを減らしたことが大きいとされる。「すんき漬け」はこの問題をクリアできる数少ない漬物なのだ。


都道府県別 平均寿命ランキング 平成25年公表
都道府県別 平均寿命 (2013年公表)
ランキング 全 国 平均寿命 ランキング 全 国 平均寿命
79.59 86.35
1 長野 80.88 1 長野 87.18
2 滋賀 80.58 2 島根 87.07
3 福井 80.47 3 沖縄 87.02
4 熊本 80.29 4 熊本 86.98
5 神奈川 80.25 5 新潟 86.96
6 京都 80.21 6 広島 86.94
7 奈良 80.14 7 福井 86.94
8 大分 80.06 8 岡山 86.93
9 山形 79.97 9 大分 86.91
10 静岡 79.95 10 富山 86.75
11 岐阜 79.92 11 石川 86.75
12 広島 79.91 12 滋賀 86.69
13 千葉 79.88 13 山梨 86.65
14 東京 79.82 14 京都 86.65
15 岡山 79.77 15 神奈川 86.63
16 香川 79.73 16 宮崎 86.61
17 愛知 79.71 17 奈良 86.6
18 石川 79.71 18 佐賀 86.58
19 富山 79.71 19 愛媛 86.54
20 宮崎 79.7 20 福岡 86.48
21 三重 79.68 21 高知 86.47
22 宮城 79.65 22 東京 86.39
23 埼玉 79.62 23 宮城 86.39
24 兵庫 79.59 24 香川 86.34
25 山梨 79.54 25 北海道 86.3
26 島根 79.51 26 長崎 86.3
27 新潟 79.47 27 鹿児島 86.28
28 徳島 79.44 28 山形 86.28
29 群馬 79.4 29 岐阜 86.26
30 沖縄 79.4 30 三重 86.25
31 福岡 79.3 31 愛知 86.22
32 佐賀 79.28 32 静岡 86.22
33 鹿児島 79.21 33 徳島 86.21
34 北海道 79.17 34 千葉 86.2
35 愛媛 79.13 35 兵庫 86.14
36 茨城 79.09 36 鳥取 86.08
37 和歌山 79.07 37 山口 86.07
38 栃木 79.06 38 福島 86.05
39 山口 79.03 39 秋田 85.93
40 鳥取 79.01 40 大阪 85.93
41 大阪 78.99 41 群馬 85.91
42 高知 78.91 42 埼玉 85.88
43 長崎 78.88 43 岩手 85.86
44 福島 78.84 44 茨城 85.83
45 岩手 78.53 45 和歌山 85.69
46 秋田 78.22 46 栃木 85.66
47 青森 77.28 47 青森 85.34
           
 

短命ですかね、?
 

この記事をはてなブックマークに追加

減塩は人類を救う???...2001年5月20日

2014-03-29 11:23:17 | けんこう

http://homepage2.nifty.com/motoyama/salt.htm

 「塩(塩化ナトリウム)」

 と表現したことに注意して頂きたい。これは私が今まで表現してきた”塩”とは違ったものであるということを言いたいがためだ。スーパーで売っている塩のパックを裏返して、見てもらえばそこに、「塩化ナトリウム(NaCl)99%以上」と書いてあるはずである。自然界の中には純度99%のものなどほとんど存在しないと言っていい。人類の長い歴史の中でも、こんなものを食した経験などないのである。これは食品というよりは”薬品”、あるいは”工業製品”と言ってよい。昭和43年、イオン交換膜法の導入により精製塩として純度99%の塩が日本の家庭で広く一般的に使用されるようになった。今から33年前である。これは考えてみれば恐ろしいことである。人類始まって以来、取ったことのない薬品(工業製品)のようなものを我々日本人は強制的に食べされられてきたのである。33年におよぶ人体実験をされたわけだ。
 その結果どうなったのだろうか。日本人は30年前より健康になったのだろうか。結果は全く逆ではないだろうか。塩分の取り過ぎが健康に悪いという話が出てくること事態、いかに人々が健康に気を使わなくてはならなくなったかを示している。一億総半病人・・・。純度99%の塩を取ったら健康を害する・・・、これこそ日本人が人体実験を通して知った真実だと言える。
 イオン交換膜法以前の塩は、海藻に海水をかけて乾かし海藻ごと焼いて、灰から塩を取り出したり(藻塩焼製塩)、安寿と厨子王(山椒太夫)の物語で有名な海辺の砂を使い天日干しにする揚浜式塩田などの製法で作られていた。この昔ながらの製法だと、塩化ナトリウムは80%から90%ほどの濃度になるという。それ以外は、海水に含まれる各種ミネラルが含まれているという。Na(ナトリウム)もCl(塩素)も身体にとって必須なものだが、各種のミネラルも身体にとって必要不可欠であるということが、最近解明されつつあるという。話は少しそれるが、この各種ミネラルは、米や野菜にも含まれていて、それを我々日本人はそれをバランスよく補給してきたが、昔は玄米で食べていた米も精製して白米となり、ミネラル分がそぎ落とされて残りカスとなったものを食べるようになった。又野菜は、化学肥料や農薬などの影響で、栄養価はどんどん損なわれているという。当然ミネラルも減少しているに違いない。そしてとどめは純度99%の精製塩である。日本人を襲った三重苦とでも言おうか、ミネラル摂取量が現代日本人は激減しているのである。
 現代栄養学は三大栄養素とか、カロリー計算とかぼけたことばっかり言って本当に身体に必要なものを見逃してきたようである。
 街を歩いてみると(私自身もそうだが)疲れて半病人のような顔をした人々があふれている。それはあながち不況のせいだけとは言えないのではないか・・・


実験には裏がありました。食べてる塩は 塩であって塩でない。本物の塩を食べればよい。が、血圧が下がらないのは なぜなのか いまだ 答えが見つからない。


これら3つの実験を下にまとめてみた。

時期 実験者 実験内容
1904年 ボンジャド博士(アメリカ) 高血圧に減塩療法を行って効果があったというレポート
戦後 ダール博士(アメリカ) 日本の都道府県別食塩摂取量と高血圧の発生率を調べて、
高血圧は塩分のとり過ぎが原因という、早とちりを行う。
1953年 ネーメリー博士(アメリカ) ネズミ10匹の実験

この記事をはてなブックマークに追加