健保のつぶやき

現在68歳。現役時60歳から糖質制限をスタート。健康診断の数値が改善。緩やか糖質制限継続中で、きわめて快調。感謝。

医者に期待はしないが、期待もする

2013-12-31 10:44:17 | けんこう
http://ameblo.jp/emkanayoshi/entry-11528028855.html

2013年05月10日 22時59分17秒
◆ 医者が不養生は当然だ
テーマ:医療への心得


医学と医療技術。

これは起こった病気に対して対処する方法を学ぶ学問と、病気へ対処する技術の話しであるので、根本的に病気を起こさせないということでは毛頭無い。微塵も無い。皆無である。起こった病気を早期に発見する二次予防は有っても、その前の病気にならない一次予防の概念は欠落している。医学に病気を予防する方法論は存在しない。癌の転移や再発を防ぐ方法も存在しない。

故に、自分の病気を防ぐ方法を知らないのが普通の医者なのである。

結論として、医者が不養生なのは当然である。

記事にする価値も無い話しなのである。

:田中佳

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2808.html

日本糖尿病学会の「食品交換表」は
1965年に第一版が発行され、長年にわたり、日本における糖尿病食事療法のバイブルとして活用されてきました。
そして1969年の第2版以降は、エネルギー制限食(カロリー制限・高糖質食)が
唯一無二の食事療法として推奨されてきて、2013年11月発行の
「食品交換表第7版」においても同様でした。
つまり、日本糖尿病学会の糖尿病食は、1969年以来現在まで44年間
一貫してぶれることなく連綿として指導されてきました。
この間、糖尿病は激増です。
即ち、今回の増加率低下には無関係です。


江部康二



炭水化物を食べたら血糖値が上がる。だから薬で下げる。

血糖値をあげる炭水化物を食べない指導は、医師免許の試験に出ない。

糖質制限の普及は、手ごわいですね。

ダイエットの手法としてはなんとなく、素人勝ってで行ってもよいが、

糖尿病の治療ともなると、医師の指導が必要でしょう。



さすれば、糖質制限の理解のある医師がもっともっと増えないとダメですね。

救いは、予備軍を増やさないこと。これは、医師でなくてもできることだろうと思います。

口コミで、一人でも多くの糖質制限実践者を増やすこと。

それぞれの立場で、頑張りましょう。

よい年でした。



糖断ちて

余命伸びたが

定めまで










この記事をはてなブックマークに追加

良いお年をお迎え下さい。

2013-12-31 00:01:02 | けんこう
http://ameblo.jp/emkanayoshi/entry-11716793860.html

2013年12月03日 09時25分38秒
◆ 通院しても治らないと嘆く...
テーマ:医療への心得

医学とは、起こった病気に対処する学問である。

医学の対象は、病人です。
だから、悪くなってから来て貰わないと対処できません。
事件が起こらないと警察は動きません。

だから、

病気にならないようにと病院へいくら通っても、絶対に病気の予防はできません!!

血糖値が6.5以下の糖尿病が疑われる程度では、糖尿病の治療を受けても

食事療法、運動を医者に指示されて 改善の余地がなければ 薬。

糖質制限野医師は どんな治療なのでしょうか。

食事指導すれば おそらく 数字は劇的に改善するはず。

そんな良い医師を紹介しても、好んで薬漬けになりたがる

日本人の気質。

死なないとわからない方が余りも多いと、この数カ月。

さて来年は どんな年になるのか。

来年は 晴れてサラリーマン人生卒業。

さびしくもあり、期待も膨らむ そんな思い。

それぞれにとって良いと年でありますように。

この記事をはてなブックマークに追加

続きました 夏井先生

2013-12-30 09:18:26 | 夏井医師
http://yorikanekeiichi.com/hangover-measures-5603.html

“シメの●●” は絶対止めろ|お正月に痛飲暴食しても二日酔いにならない方法


お酒をたくさん飲むときは、米(餅も含む)や麺類を一切食べないでください。“シメの●●” なんてもってのほかです。霜降り肉などはいくら食べても大丈夫。これだけで、消化器系の二日酔い症状になりにくくなります。


シメの雑炊やうどん、ラーメンが諸悪の根源

胃滞留時間が長い、つまり消化に時間がかかるということは、飲食が終わったあとも胃は活動を続けなければいけません。
宴会で、「シメの雑炊・うどん」や「酒のあとのラーメン」を食べたら、何が起こるだろうか。そう、雑炊のご飯や麺類は何時間も胃袋に居座り続け、その間、胃袋はそれらを消化しようと胃酸を出し続けるはずだ。午後11時に「シメの雑炊」を食べ、自宅に戻って12時に寝たとしても、おそらく午前3時か4時までは胃酸は出続けているのだ。
そして翌朝、目が覚めた時、逆流性食道炎特有の胃もたれ症状と、胃部の不快症状に悩まされるのだろう。

夏井睦『炭水化物が人類を滅ぼす~糖質制限からみた生命の科学~』


この記事をはてなブックマークに追加

炭水化物こそ 中性脂肪の元だが

2013-12-30 01:01:01 | けんこう
http://www.taisho.co.jp/epadel-t/epadelt_01.html

大栄養素(脂肪、糖質、タンパク質)の1つである脂肪(脂質)は、動物の肉や魚、または植物の種や根などの食される部分に多く含まれており、含まれる種類も異なります。
肉や魚の脂肪には、コレステロールと中性脂肪(トリグリセリド:TG)が多く含まれています。一方で植物由来の脂肪には中性脂肪が多いものの、コレステロールは含まれていません。

炭水加物が 中性脂肪とは書いてありませんね。天下の製薬会社。

この記事をはてなブックマークに追加

楽天ネツトで紹介されました。噴火しますね。

2013-12-29 21:16:37 | 夏井医師
http://yorikanekeiichi.com/control-the-intake-of-carbohydrate-5532.html

糖質とらなくても脳の栄養に問題ないってのは驚き。

30歳過ぎて体重が増え出して止まらない男性諸君。原因がわかりましたよ。
どうして体重が増えるのかわからず気持ち悪かったんですが、判明しました。原因は糖質です。食べ物を選ぶときに糖質を意識すれば、特につらい思いをせずとも体重が落ちていきます。代謝を高めるために、軽い運動を継続できれば、なおよいです。実際にやりだしたら、3週間で3kg以上減り、なお継続中なので、ご報告。


じゃあそもそも、糖質って何なのよ、というところを詳しく解説してくれているのが、こちら。

炭水化物が人類を滅ぼす~糖質制限からみた生命の科学~ (光文社新書)[Kindle版]

夏井 睦 光文社 2013-11-15
売り上げランキング : 264
Kindle
Amazon[書籍版] by ヨメレバ




糖質は血糖値を上げます。血糖(ブドウ糖)は脳の活動のために使われます。

が、血糖値が高すぎると、神経や細胞に悪影響を与えます。だから糖質を必要以上に摂取すると、中性脂肪に変化させ、脂肪細胞に蓄えます。つまり太るわけです。

とは言っても、あまり血糖値が低いと、脳が活動できなくなるんだから、糖質も適量は食べなきゃいけないんでしょ、というと、それがそうでもないんです。たんぱく質から合成できるからです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%AD%E9%A3%9F

断食(だんじき、英語:fasting)とは、自由意志によって、一定の期間中、全ての摂食あるいは特定の食物以外の摂食を断つ、人間の行為を言う。

古今東西 断食によっても人は生きてきました。

炭水化物神話 いつ崩れるのでしょうか。

朝飯を食べないと、ダメ。の呪い。

いつ溶けるけるのかしら。








この記事をはてなブックマークに追加

来年ゆっくり勉強

2013-12-29 09:31:20 | 糖質制限体験記
http://ameblo.jp/balance-club-yokosan/entry-11604873212.html

2013-09-02 06:45:03
テーマ:私のダイエット
夕食だけ糖質制限を始めて、1か月が経ちました。

この土日に血糖値の実験をしました。

糖質制限をして、
自分の血糖値がどうなっているか
知りたかったからです。

血糖値が急激に上がったり下がったりすると
血管を傷つけ、老化してさまざまな病気を
引き起こします。

年々糖尿病は増えています。
最近は小学生も増えているそうです。

栄養士さんの糖質制限体験記


http://www.shinai-clinic.com/essay002.htm

◇暑いの反対は寒い、高いの反対は低い、では「病気」の反対は?
●「病気」の対義語は「健康」ではない
私の自己紹介へ
院長の自己紹介へ  常識に従えば、「病む」ことの反対は「健康」ですね。健康とは「病気をもたないこと」です。
 例としてコレステロールが高い54歳の男性会社員山田さんについてみてみましょう。

なぜなら「治すことができない病気」が余りにも多いからです。進行癌のほかに糖尿病、高血圧、アレルギー体質、便秘症ですら「治す」ことはできず「症状をコントロールする」ことしかできません。現状では治すことのできる疾患はごく限られているのです。

http://sugar.alic.go.jp/japan/view/jv_0106b.htm



今月の視点
[2001年6月]
 スポーツ選手にとって最も重要なエネルギー源は糖質です。オリンピックのマラソン種目でメダルを獲得した有森裕子選手や高橋尚子選手の食事サポートの話を交えながら、持久力系運動において大切な、貯蔵グリコーゲン量を高めるための方法や糖質を多く摂るための食事について紹介していただきました。

管理栄養士 金子 ひろみ


グリコーゲンは、人では肝臓に6~10%、筋肉では0.3~0.86%ぐらい蓄積され、通常成人男子では90~150gが肝臓に肝グリコーゲンとして貯蔵されていて、100~400gのグリコーゲンが筋肉内に存在し、また血中グルコースとしては、わずかに15~20gが存在するだけとなります。つまり、蓄積されている糖質によるエネルギー源はわずかに1,500~2,000kcalを備えているにすぎません。

マラソン競技などの1時間以上継続する運動の場合は、運動前に肝臓や筋肉中のグリコーゲン貯蔵量を高めておくことによって、スタミナを強化することができます。マラソンなどのトレーニングで消費されるエネルギーは1日3,000kcalあまりにも達するので、トレーニング中のエネルギーが不足しないように供給されなければいけません。特にシドニーオリンピックで金メダルを獲得した高橋尚子選手の場合は、1日に70km以上も走りこんだり、標高3,500mの超高地で24kmもの登り坂を走り続けるなどの過酷なトレーニングをこなしました。世界の頂点に立つためには、想像を絶するようなトレーニングが続くので、消費エネルギーは3,000kcalにはとどまらないでしょう。




どうして体が動き続ける。どうして 脳は働いているのでしょうか。



オリンピックマラソンで 金 銅を獲得した選手の食事だから

なんともいえませんが、だいぶ 矛盾があります。








この記事をはてなブックマークに追加

糖質制限とは 主食を抜く程度かな

2013-12-29 09:07:19 | 糖質制限とは
http://blog.goo.ne.jp/watanabehiroshi3/e/1063154263f173bc5bb6d1827ab3550e

http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2013-02-10

藤田先生は人間には本来、100歳まで元気に生きられる遺伝子が備わっており、その遺伝子をうまく使えば125歳まで生きられるとのことです。そして、そのために重要なのが、「食べ方」だということです。
私たちの体内でエネルギーを作る方法は2種類あります。
①「解糖エンジン」:酸素を使わずに糖分を燃料としてエネルギーを作る。主に炭水化物を糖に変える。瞬発力がある。
②「ミトコンドリアエンジン」:酸素を燃料としてエネルギーを造り出す。瞬発力は弱いが持続力に優れる。
私たちは、この二つのエンジンのハイブリッドエンジンで活動していますが、若い時は①の「解糖エンジン」がメインですが、やがて②の「ミトコンドリアエンジン」がメインに移行します。その切り替え時期がだいだい50歳だということです。

http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-13

緩やかな糖質制限のみを推奨される医師は、本当の意味で糖質制限を理解しているとは言えないと思います。


たがしゅう


http://mikadoclinic.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_f994.html

ミトコンドリアからみた代謝
ミトコンドリアから糖代謝と脂肪代謝をみてみよう。

ブドウ糖と脂肪の代謝の一番の違いは、ブドウ糖は酸素なしでも代謝される系をもつが、脂肪は酸素なしでは代謝できないことにある。ブドウ糖の酸素なしでの代謝は解糖系と呼ばれ、一個のブドウ糖で二個のATPという名のエネルギー通貨がつくられる。



個人差があるので、どれも真実なのでは。
 
糖質ゼロにはできないのだから、主食を抜くということで軽く考えています。


この記事をはてなブックマークに追加

脳のエネルギー源は糖質だけではなかった!

2013-12-29 00:01:11 | 糖質制限とは
http://harmonica-doctor.way-nifty.com/blog/2010/01/--2-56c3.html

2010年1月15日 (金)

「糖質制限食のすすめ」-(2):脳のエネルギー源は糖質だけではなかった!

別の医師も 述べておられます。

絶食しても 脳ははたらいている。

この記事をはてなブックマークに追加

糖質制限より効果があるのか

2013-12-28 10:02:58 | けんこう
http://www.youtube.com/watch?v=TfRKKd-feJs

美容 1週間でラクにウエストが細くなる方法.mpg

http://www.youtube.com/watch?v=AZp1HAEnpvc

【たった1分で出来る太もも痩せ】ダイエット体操 Japanese thigh shaper

http://www.youtube.com/watch?v=-unQPtz9GCc

【たった53秒で骨盤が閉じる】-2kg痩せれるダイエット効果

今日から9連休。

これを実行すれば、年明け 皆ビックリする。

はたして 効果は? 1週間後に



この記事をはてなブックマークに追加

ラクダは飲み食いなしに砂漠を渡り旅をできます。

2013-12-28 00:01:01 | 糖質制限とは
http://ameblo.jp/jykdkk/day-20130506.html

「絶食とラクダ」のナゾ
2013-05-06 07:48:58
テーマ:新しい糖尿病治療=低炭水化物食
ラクダは飲み食いなしに砂漠を渡り旅をできます。

炭水化物も、脂質も、タンパク質も摂取しません。
そして水さえも!
驚異的です。

さてその水は、必須の物質ですがどこから調達したのでしょう?
まぁタンクといえばコブしかみあたりませんからコブでしょう。
中性脂肪をクエン酸回路で燃焼して、水と二酸化炭素を手に入れたのでしょうね。

はて?脳はどうやってブドウ糖を摂取しないのに生き抜いたのでしょう?
中性脂肪2分子からわずか一分子のブドウ糖しか生成できません。
アセトアセチルCoAは40分子とかできますが。


ラクダは何も食べないで、水さえ飲まないで 砂漠を横断。

人間も 程度の差はあれ生き抜く事ができるハズ。

炭水加物が 唯一脳の食料とは 違いますね。

この記事をはてなブックマークに追加