健保のつぶやき

現在68歳。現役時60歳から糖質制限をスタート。健康診断の数値が改善。緩やか糖質制限継続中で、きわめて快調。感謝。

初心に戻る。糖質制限の基本は。

2016-12-10 08:38:10 | 鈴木医師

 

『糖質代謝中心から脂質代謝中心に変える過程のことをケト適応といいます』

肉食でハダシな鹿児島の内科医・鈴木 功 (Isao Suzuki)先生。

運動時のエネルギー代謝についても、自身の身体で試している鈴木先生。

...もっと見る
 
鈴木 功
12月8日 22:09 · 
 

ナンバー1
ヒトのエネルギー源を糖質代謝中心から脂質代謝中心に変える過程のことをケト適応といいます。いったんケト適応すれば、身体能力や脳の機能の向上、疲れにくく、回復も早くなり、さら情緒の面でも安定するなど精神的な効果も高く、日常生活において素晴らしいメリットがあります。また、糖尿病、メタボリック症候群、肥満をはじめと...

もっと見る
 
<form id="u_0_1s" class="commentable_item" action="https://www.facebook.com/ajax/ufi/modify.php" method="post" data-ft="{"tn":"]"}">
 
</form>
 

ナンバー2
ケト適応には2つの段階があります。ケトン食開始数日が最もきつい時期です。糖質代謝中心の悪循環サイクルを断つために、グリコーゲンの貯蔵は少なくなっていくにもかかわらず、糖質をとることを避けなければなりません。脂肪の代謝はまだ最適化されておらず、ケトン体の産生もまだそれほど増えません。

グリコーゲン1gに対して3,4gの水分が貯蔵のために必要なので、グリコーゲンの減少に伴ってこの時期およそ2㎏もの水がなくなります。またインスリンは腎臓からのナトリウムの排泄をおさえることで体に水をためこみやすくさせますが、インスリンレベルの低下は余分な水分を抜けやすくさせます。したがって、この初期の時期の体重減少はこの2つの効果によるものですから、単に水が減っただけだ(脂肪が燃えたわけではない)という批判はよく聞かれます。これはそのとうりなのですが、そのあとは違います。

...もっと見る
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっぱり糖質制限オワコン、... | トップ | 夏井先生 正解です。2:6:2... »
最近の画像もっと見る

鈴木医師」カテゴリの最新記事