健保のつぶやき

現在68歳。現役時60歳から糖質制限をスタート。健康診断の数値が改善。緩やか糖質制限継続中で、きわめて快調。感謝。

正しいケトン体の認識

2016-03-17 11:00:23 | 銀座東京クリニック

480)ケトン体:Metabolism’s Ugly Duckling(代謝の醜いアヒルの子)?

図:かつてケトン体は、糖や脂質の代謝異常に伴って産生される「体に有害で不必要な成分」と認識されてきた。代謝における「Ugly Duckling(醜いアヒルの子)」と長い間思われていたが、最近の研究でケトン体は「有益な生理作用を示す代謝産物」であることが明らかになっている。ケトン体の寿命延長作用や抗老化作用、抗がん作用、認知症改善作用などの多彩な健康作用を示すことが示され、糖尿病やメタボリック症候群の治療にも有効であることが示されている。ケトン食はダイエット(減量)にも著効を示すことが臨床試験で証明されている。食事からの糖質摂取を減らし、健康に良い脂肪の摂取を増やして脂肪代謝を促進し、ケトン体の産生を増やすことは、健康を高め病気を予防する方法として注目されている。

480)ケトン体:Metabolism’s Ugly Duckling(代謝の醜いアヒルの子)?

【空腹にならない生活が病気を増やしている?】

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 腸内フローラ こんな結論は? | トップ | 説明が欲しいな »
最近の画像もっと見る

銀座東京クリニック」カテゴリの最新記事