健保のつぶやき

現在68歳。現役時60歳から糖質制限をスタート。健康診断の数値が改善。緩やか糖質制限継続中で、きわめて快調。感謝。

企業のほうが3枚も上手です。糖質がエネルギーの元と派手に宣伝。

2017-01-03 22:13:24 | 宗田医師

ノーコメント、いつもの企業の策略。素人の方で見る人、5食パスタが圧倒的に多いはずですよ。洗脳されますね。

 

箱根区間新 5食パスタで調整

1/3(火) 17:36 掲載

日体大・秋山、2年連続区間新の秘訣はカルボナーラ?

(3日、箱根駅伝復路 7位日体大)
 復路の流れを決める山下りの6区で、日体大の秋山(4年)が2年連続の区間新記録。「去年の自分を超えなければと緊張したけど、区間新ペースだと沿道や監督から聞き、ラスト3キロは自信を持って走れた」。4キロを登った後、高低差約860メートルを一気に下る難コースを軽快なピッチで攻め抜いて13位から7位へ。前年の記録を8秒更新した。チームは2年連続の7位に入り、後輩にシード権の置き土産を残した。(朝日新聞デジタル)

 
以下、見る人数は知れている。

私も、1日1食で糖質制限、肉食ですが、身体が軽くて元気です。朝、昼はコーヒーだけで、元気に動けます。お昼を食べたりしたら、調子が狂います。
内村航平選手が、何をどのくらい食べているかは、語っていないけれど、炭水化物中心では、1日1食では、持たないですから結局は糖質を減らして、肉食中心だと思いますね。ケトン体が出まくりではないでしょうか。サッカーの長友選手と同じです。それでこそ、あの筋肉体質は、もっともだと思います。一流のアスリートが、糖質三昧はありえないです。

今年は肉年、ケトン体が、ますます大きな評価を浴びることでしょう。

...もっと見る
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 江部、岡田先生エビデンスで... | トップ | タバコは体に悪い。本音を語... »
最近の画像もっと見る

宗田医師」カテゴリの最新記事