健保のつぶやき

現在68歳。現役時60歳から糖質制限をスタート。健康診断の数値が改善。緩やか糖質制限継続中で、きわめて快調。感謝。

立場が違うと こんなに変わる

2014-09-24 11:13:54 | ブラツクジャックの孫

http://www.astellas.com/jp/health/healthcare/dyslipidemia/basicinformation02.html

ここから本文です

脂質異常症(高脂血症)

  • Topへのリンク
  • 受診していない方へへのリンク
  • 病気の基礎知識
  • Q&Aへのリンク
  • 知っておきたい予備知識へのリンク
  • 病気のことをもっと知るへのリンク

1.どんな病気?

血液中のLDLコレステロールやトリグリセライド(中性脂肪)が多すぎたり、HDLコレステロールが少なくなる病気です。

http://kurosukehazama.ti-da.net/d2014-09-19.html

間 黒助です。




肉中心の食生活となると、

コレステロールが心配だという人もいるでしょう。

確かに書く類や野菜に比べると肉はコレステロールが多く含まれます。


しかし、

体内にあるコレステロールのうち、

食事から供給されるのはわずか3割程度で、残りの7割は肝臓で作られます。

一般的な通常量の食事で摂れるコレステロールでは間に合わないので、

肝臓でコレステロールを作り出しているわけです。

そういったことから食事で摂るコレステロールをそれほど気にする必要はありません。


ただし、

糖質を摂っているとコレステロールのリスクは増大します。

糖質は血管の内壁を傷つけるので、

そこにコレステロールが溜まって沈着し(傷ついた内壁を治すための瘡蓋)、

動脈硬化が起こるのです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何が真実なのか | トップ | 糖尿病と高血圧のうそ 内海医師 »
最近の画像もっと見る

ブラツクジャックの孫」カテゴリの最新記事