食事が思うように摂れない癌の終末期の患者さんに、イントラリポス点滴はどうか。

 

藤川先生の摂食障害患者さんへのイントラリポス点滴をヒントにしてみました

 

水分補給という意味ではなく、ATP産生を狙ったものです。

 

鉄不足があれば、鉄剤の点滴も追加。

 

ビタミンBとビタミンCも少量の生理食塩水で加えることもあります。

 

もちろん、糖質ゼロ点滴です。

 

これまで、終末期患者さんへの点滴は、あまり益がないと思っていました。

 

しかし、癌の終末期患者さん=摂食障害患者さん=ATP不足という考察は、間違いないと思います。

 

そうであれば、多少効果はあるはず。

 

少し効果を見定めたいと思います。