健保のつぶやき

境界型糖尿病の宣告を受け糖質制限を始めて7年目、体調は万全。諸先生のブログ等で勉強中です。情報紹介を基本に書いてます。

売り上げ カジノ全世界で20兆 日本パチンコ・パチスロで23兆。いまさら反対するほうがおかしい。

2016-12-07 20:02:34 | 衰退の経過 民進党

ギャンブル依存症についても、日本は既にギャンブル大国です。カジノの売り上げが全世界で20兆円に対し、日本ではパチンコ・パチスロだけで23兆円もの巨大市場を形成、依存症の疑いのある人が5百万人超と推計されています。大事なことは、手つかずの依存症対策に国を挙げて取り組むことなのです。


 民進党の反対、マスコミの反対わかりません。カジノの売り上げ日本人の海外での出費それなりにあるはず。ギャンブル依存症は糖質制限出来ない、禁煙できないことと一緒。わかっちゃいるけどやめられない。お馬鹿な民進党。お馬鹿なマスコミ。



<input id="checkbox-5" tabindex="-1" type="checkbox" />20:01<button class="bookmark-section custom-appearance"></button>

agora-web.jp
 

  1. <input id="checkbox-9" tabindex="-1" type="checkbox" />20:00<button class="bookmark-section custom-appearance"></button>
    www.nikkan-gendai.com
  2.  

 

カジノ関連法案がなかなか国会で通らないでいる…

国民のコンセンサスがとれないという懸念か…

いわゆるギャンブル依存症率… 世界でも突出していると言われる日本。

これって日本人が遺伝子的な特異性を持ってギャンブルにのめり込んで入るのではなく、ご存知の通り既に日本では競馬、競輪、競艇、パチンコ… 国主導で行ってるのもあれば、○○の方々のパチンコ、○韓に代表される企業など… 近所の数百メートルの場所には朝の9時から列をなして並んでる。

しかもお上主催のギャンブルはオンラインカジノ張りに携帯電話で毎日買えてしまう…

ギャンブル依存率の問題はそこだろ、規制どころか広げてるじゃないか。

このカジノに及んでギャンブル依存症問題とはバカバカしくて話を聞いてられない… 反対している人達は、その筋の人達から金でも貰ってるのではないだろうかと勘ぐりたくもなる。

個人的にカジノを賛成なのは主に外国人を対象として世界標準の博打であるからである。

日本特有の博打は外国人にすぐには認知されないが、カジノは万国共通のルールである… 社交場としてもリゾートには有っても華がある、外貨を得れる事もできる。

しかし、この国は何も決められない… これが成熟した国家の姿なのだろうか… 国民はもっと既得権益者の所業と主張の矛盾を感じないといけない。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石原元知事と自民党都連との... | トップ | 朝は大麦入りご飯、納豆と卵... »
最近の画像もっと見る

衰退の経過 民進党」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事