健保のつぶやき

現在68歳。現役時60歳から糖質制限をスタート。健康診断の数値が改善。緩やか糖質制限継続中で、きわめて快調。感謝。

糖質制限勧める医師が一番情報弱者かも。糖質制限の利点を宣伝する時代は終わったはず。

2016-10-11 09:41:24 | 糖質制限体験記

 糖尿病学会が糖質制限を標準治療にしないと、医師は栄養士は頭の切り替えしませんね。いくらブログで書いても劇的な拡販はしないですね。

 

糖尿病のクリニック選び

2016年10月10日 | 真夜中の血糖バナシ

どーも。勝手に血糖値をコントロールしているプーカプカです。

 

今の主治医は、2代目なんですが、1代目のクリニックが遠方過ぎて、本当に病気になった際に通えず(…。)、近所のクリニックに変更したのです。

どちらも糖尿病専門医ですが、1代目はハッキリと糖質制限で診てくれる医師でした。

まぁ、初発がHbA1c13オーバーですから、安全を取って、糖質制限推奨しながらちゃんと診て貰わないとアカンやろ、と思いましたので、えらい遠い所ですけど、通いました。

 

2代目(今)は、糖質制限に対する考え方は、分かりません。

クリニックのホームページには書かれていませんでしたが、高熱で飛び込んだ時の対応が、非常によろしくて、家庭医として素晴らしいと思ったので、こちらに変えました。

 

糖尿病の方人口の1割。70歳ではおおよそ2割。ご飯を減らすだけでよいはずだが。国がテレビを通じて毎日のように宣伝するしかないのだが、そんなことにはなるはずも無い。理性が酢事働く人だけが恩恵をこうむる。

2016-09-02 05:29:03 
テーマ:



平成26年患者調査の概況です!!
                       (厚生労働省調べより)

2015年12月

厚生労働省の「患者調査」によると
糖尿病の患者数は316万6,000人となり
前回(2011年)調査の270万から
46万6,000人増えて、過去最高となった。

糖尿病の総患者数は

316万6,000人

前回から46万6,000人にも

増えてるんですびっくり


糖尿病は

50歳を超えると増えはじめ

70歳以上では男性の4人に1人(22.3%)

女性の6人に1人(17.0%)が

糖尿病とみられると言われていますが

20代・30代の方も増え始めています汗



糖尿病が強く疑われる人は

前回調査より60万人多い950万人で

過去最多になった

一方、病気の可能性を否定できない

「糖尿病予備群」は220万人減の

1,100万人で、はじめての減少
 
この方の経験 1から2け月で糖質制限の成果が。

プロフィール

ニックネーム
なりえ
性別
女性
誕生日
1983年生まれ
血液型
AB型
出身地
宮城県
お住まいの地域
宮城県
職業
主婦
未既婚
既婚

自己紹介

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*
宮城県仙台近郊在住のアラサーなりえ。

私33歳・糖尿病発症して8年。
夫35歳・境界型糖尿病を自覚している。


看護師資格取得後、結婚し
3年目。子供が欲しい年頃('-^*)/

しかし、血糖コントロールが悪くて
妊娠許可おりない

糖尿病治療食を実践しても悪化。

落ち込む(_ _。)


そんな時に『糖質制限』を知る。
更に、糖質制限食を推進、
自ら糖尿病を克服した医師と出会う。

*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:

それから、人生が変わりました。

糖質制限食を始めて、1か月後には結果が出て、
2か月後には、妊娠許可もおりる値になりました。

今年3月子宮筋腫の手術を不妊治療のため行い
6月より妊娠許可もおり、妊活中(о´∀`о)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 糖質制限は異端児・拡大しな... | トップ | 糖尿病で服薬の方は、自分の... »
最近の画像もっと見る

糖質制限体験記」カテゴリの最新記事