健保のつぶやき

境界型糖尿病の宣告を受け糖質制限を始めて7年目、体調は万全。諸先生のブログ等で勉強中です。情報紹介を基本に書いてます。

トップが替わると一変する。医療界も同じだが。外野はイロイロ言うが、中にいる人も大変。

2016-10-01 10:16:09 | 自分の覚え
速報 > 社会 > 記事

豊洲空洞、無責任の連鎖 小池知事が批判「空気の中で決定」 

2016/10/1 1:03
日本経済新聞 電子版
 
 
 
<form id="JSID_formKIJIToolTop" class="cmn-form_area JSID_optForm_utoken" action="http://www.nikkei.com/async/usync.do/?sv=NX" method="post"> </form>
 

 東京都の豊洲市場(江東区)で主要施設の地下に土壌汚染対策のための盛り土がなかった問題は「誰がいつ決めたのか」という明確な経緯の解明には至らなかった。小池百合子知事は30日の記者会見で「それぞれの段階で流れの中、空気の中で進んでいった」と説明。総事業費が5884億円に及んだ巨大事業を巡る都の統治の欠如を批判した。

 盛り土問題の発覚を受け、小池知事が9月12日に経緯の検証を庁内に指示。都は豊洲市場を

 

医療界にあっても同様。

新井 圭輔 『定説』という名の、明らかに論理的整合性の無い治療指針が、治療医を縛り付けている現実があります。
萩原 敦
 
萩原 敦 >論理的整合性の無い治療指針→治癒に導かれず、患者を苦しめる→病状の悪化ないし、負の連鎖を引き起こす→たとえば、糖尿病治療における「高糖質・高インスリン治療が、糖尿病合併症を引き起こしてきた事実」 ということですね。この事例は、医師が、定説に支配されるかぎり、残念ながら、様々な疾患に当てはまりますね。
新井 圭輔
 
新井 圭輔 まさにおっしゃるとおりであります。過ちは速やかに改むるに及くは無しです。

こんな構図かな。

小池都知事       ネットの医師   改革

オリンピック大臣     厚生省     従来の治療

オリンピック委員会長   製薬会社    病気を増やし薬漬け

 

余談

中川大志「真田丸」にさっそう登場!若武者“新秀頼像”楽しむ余裕「クセに」 

 

中川大志「真田丸」にさっそう登場!若武者“新秀頼像”楽しむ余裕「クセに」

スポニチアネックス 10月1日(土)8時1分配信

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 糖質制限・凡人の私も天才に... | トップ | 風邪の季節の話題 効き目の... »
最近の画像もっと見る

自分の覚え」カテゴリの最新記事