健保のつぶやき

境界型糖尿病の宣告を受け糖質制限を始めて7年目、体調は万全。諸先生のブログ等で勉強中です。情報紹介を基本に書いてます。

「貧血大国・日本」良書でも受けてのレベル バランスよく食べて鉄を増やそう 糖質制限の道のりは遠い

2016-10-11 11:53:13 | 吉冨 信長

『貧血大国・日本』山本佳奈 (光文社新書)

これも良かったです。なんと著者は27歳、素晴らしい。

女性の観点から、こうして貧血についてうったえていくというのは、とても良いですね。もちろん、この内容だけで判断するのは、抜かりがあるかもしれませんが、栄養を意識してもらうという入り口としては十分でしょう。

...もっと見る


 
投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2016/4/26
形式: 新書
疲れやすい。動悸・息切れがする。あまり食欲がない……。
ありふれた不調が、貧血からきていることがよくある。

貧血が続くと心臓に負担がかかり、ときに狭心症や心筋梗塞につながる。
日本は世界でも貧血の人が多いのに、ずっと放置されてきた、と著者は指摘する。

貧血にはいろいろなタイプがあるが、
いちばん多いのは鉄欠乏症の貧血。
特に女性は、月経のとき血液とともに鉄が失われて貧血になりやすい。
なのに、若い女性たちはしょっちゅう過激なダイエットに走り、
「糖質抜き」「油抜き」もよくやる。

糖質や脂肪は人間の体にとって重要なエネルギー。それが足りないと
体はたんぱく質を代用エネルギーにする。
すると、血液や細胞を作るために欠かせないたんぱく質が、ほかに使われてしまうから
無月経、不妊症、骨がスカスカ、肌荒れ、抜け毛…と
深刻な「若年寄り」現象を引き起こす。

また高齢者にも、粗食が体にいいと信じて
動物性たんぱく質を避け、貧血や栄養失調に陥っている人が少なくない。

ベジタリアンで100歳まで生きた人は
ほとんどいない、という話を聞いたことがある。

バランスよくしっかり食べて、鉄を増やそう。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄が長寿で無くなった理由... | トップ | 歯周病の予防は虫歯が無くて... »
最近の画像もっと見る

吉冨 信長」カテゴリの最新記事