健保のつぶやき

現在68歳。現役時60歳から糖質制限をスタート。健康診断の数値が改善。緩やか糖質制限継続中で、きわめて快調。感謝。

私にはわかりません。が違う、そんな気持ちです。

2015-10-02 18:43:14 | パレオな大人

    『米国のパレオダイエットの問題』


最近、「原始人食でなぜ糖を積極的に推奨しているのですか?」という質問を受けています。


これは「原始人食」と糖質制限のような「ローカーボダイエット」との混乱から来ているものだと思います(まったく違うものです(*^_^*)。


ハリウッドでも流行しているパレオダイエット。

穀物業界からは目の敵にされているため、米国でさえ(というか米国だからでしょうか)メディアではあまり取り上げません。

しかし、本質的によいものはやはり徐々に浸透していきます。

現在、パレオダイエットも名前を変えていろいろなバリエーションが出るようになっています。

パレオダイエットにちょっとしたバリエーションがあるのも、原始人が何を食べていたかについては化石調査などから推測の域を出ないためです。

ただ、基本形はほぼ同じです。

この基本形で私が一番違和感を抱いているのが糖・とくに果糖(フルクトース)の摂取についてです。

私は生命のエネルギ―産生からみて、パレオダイエットが一番わたしたちの体に適していると考える一人です。

ただし、米国式パレオダイエットとは違い、この糖・とくに果糖(フルクトース)の摂取については必須・推奨の立場をとっています。

また米国式のパレオダイエットだけでなく、ケトン食や糖質制限といった米国で一時流行した食事法を日本に翻訳しただけの食事法が商業的なマーケティングの巧妙さによって一般に知られるようになりました。

またそれを翻訳した医師?・専門家?たちも基本を理解していません。
(こいういった医師や専門家より臨床をしっかり見ている治療家の方が信頼できるのは間違いありません)^o^()

これをさらに何の知識もないひとが実行するのは極めて危険です。

それはガンを始めとするあらゆる慢性病の元を作る食事だからです。

えええ~

となるでしょう)^o^(。

その説明もしっかりしていきますからご安心を。

米国式パレオダイエットと原始人食(崎谷式パレオダイエット)あるいはケトン食とケトパレオとの違いなども含めて、10/9にセミナーで詳しくお伝えしたいと思います。

http://user.paleo.or.jp/official/3598/

お時間にご都合がつかれる方は是非会場でお会いいたしましょう。

十分元はとれると思います(*^_^*)!

 

http://yuchrszk.blogspot.jp/p/blog-page.html


この記事をはてなブックマークに追加

世の健康とは逆ですが?

2015-07-08 13:06:59 | パレオな大人

「医学」・「健康常識」を一刀両断!

「医学」・「健康常識」を一刀両断!

11066064_699780633467995_5256065891592667780_n

健康に対する「知識」「情報」を詰め込み

 長年信じてやってきたことは

 あなたの身体を本当に改善してきたでしょうか?

 情報の真意がどこかでかけ違えられているのかもしれません。

 そう感じることのあるあなたには驚愕の事実かもしれません。

 その一例を挙げると…

⚫❌炭水化物が人類を滅ぼす?

⚫❌オメガ3は必須脂肪酸?

⚫❌体温を上げれば病気は治る?

⚫❌貧血には鉄分が必要?

⚫❌乳酸菌製剤は健康によい?

~砂糖もOKという衝撃の事実~

「医学」・「健康」の今までの常識がすべて覆されます!


この記事をはてなブックマークに追加

素を正せば安く痩せることが可能

2014-08-04 08:48:10 | パレオな大人

http://yuchrszk.blogspot.jp/2014/01/blog-post_3591.html

成分を見てみますと、甘味料としてアセスルファムKスクラロース、そこに食物繊維の一種である難消化性デキストリンが5グラム入っております。類似商品であるメッツコーラペプシスペシャルとほぼ同じ構成ですね。
  

この難消化性デキストリン、血糖値を抑えたりお腹の調子を整えたりしてくれるんですが、一方では「安易なトクホ商品を生んだ元凶」として悪評高い成分でもあります。水に溶けやすい食物繊維なんで、どんな飲料でも簡単にトクホ商品にできちゃうんですな。って、難消化性デキストリン自体に罪はないんですが。


 

ちなみに、本気で食物繊維を摂取したいなら、こういったトクホ飲料に金を出すよりは、Amazonとかで激安な「難消化性デキストリン」を買っちゃったほうがお得。これさえあれば、すべての飲み物が簡単にトクホ飲料に変わりますんで(笑)。




ついでに、過去に当ブログで扱ったトクホ商品は以下のとおりです。よろしくご参照くださいませ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 


この記事をはてなブックマークに追加