健保のつぶやき

現在68歳。現役時60歳から糖質制限をスタート。健康診断の数値が改善。緩やか糖質制限継続中で、きわめて快調。感謝。

夏井医師のブログです

2017-12-13 07:25:59 | 夏井医師

「糖質制限に関する記事」というメール。

 中日新聞に糖質制限関係の記事が載っていました。
  1. 【低炭水化物ダイエット、栄養偏り“隠れ肥満”も:暮らし:中日新聞(CHUNICHI Web)】
 内容に批判を入れるつもりはありません。ただ記事をまとめた編集委員の安藤明夫さんには文章のプロという職業意識を持ってほしいと思いました。理系とか文系とかそういうことではなくて、素人くさいまとめ方しかできていないことが残念でなりません。

 糖代謝に関するアプローチの違いはあるものの、東洋経済オンラインの記事はまとめ方が丁寧です。
  1. 【「糖質制限危険説」は一体どこまで真実なのか】
  2. 【「糖質制限」論争に幕?一流医学誌に衝撃論文】
  3. 【糖尿病1000万人時代!「糖質制限」を徹底せよ】

 それはそうと、中日新聞の記事を見て「米穀安定供給確保支援機構」という組織を知りました。立場を代表した一貫してぶれない価値観は、逆に糖質制限のメリットを補完する存在になっているような気がします。米穀だけ支援してどうするんだろう?
この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#1213-5

この記事をはてなブックマークに追加

糖質制限は難しい論理もある。もっと単純に考えればよい。

2017-12-05 07:15:55 | 夏井医師
 

【炭水化物を減らすと痩せるのはなぜ?】
夏井医師の本日の投稿から。以下は、新井先生。難しすぎます。
新井 圭輔

『代謝(異化)を考える』

安静時の代謝(基礎代謝)
中性脂肪→脂肪酸orケトン体→TCA回路

非安静時の代謝
グリコーゲン→ブドウ糖→解糖系→TCA回路

エネルギー源の蓄積(同化)は、中性脂肪とグリコーゲン
その司令官はインスリン

非安静時の代謝(異化)のためには、高血糖も捨てたものではないはず

鳥類が、平然と高血糖で生きているのはその証といえる

 

 

石井 弘二 その心は、「糖質の摂取なく、高インスリン状態なくば、運動を楽しむ生活で善」ということでしょうか。
いいね!他のリアクションを見る
新井 圭輔さんが返信しました · 返信1件
 
新井 圭輔 非安静時の代謝には、Sick dayの免疫応答、生命を賭けた戦闘、獲物を得るための全力走などが想定できます。この代謝のエネルギー源はいうまでもなくグリコーゲン。速やかにブドウ糖を供給するための仕組みとなっています。
宮沢 りえ 釜池先生は糖質ゼロの欠点として「瞬発力には向かない、200m走れない」と講演で述べておりましたが、
その点は、新井先生はどのように考えていますでしょうか?
新井 圭輔 糖質ゼロでは、低インスリン状態が持続します。そのことが、グリコーゲン蓄積量の減少を招くのではないでしょうか?
宮沢 りえ ご教授有難うございます
ちなみに新井先生は200m走れますでしょうか?
新井 圭輔 肉離れを起こすんじゃないかな?
石井 弘二 アスリートの方々が「それはない!」と、最近話し始めていますね。
トレーニングで何かが起こっているのかも知れません。
長谷川 聡 石井さん。 「それはない」の「それ」とは何を指すのでしょうか?
· 返信 ·
石井 弘二 糖質を摂取しないと「瞬発力がない。200m走れない」というそれです。釜池医師はその考えで全体を記述されていますが。最近アスリートが「おむすび・バナナ不要」といっています。
世界記録になると、それは誰もテストできないですが(笑)。
事前のイメージトレーニングとアドレナリンの関係でしょうか?!
長谷川 聡 200mは、どの様に走ることを想定されていたのか、が気になりました。

 つまり、糖質を摂取しないと「全速力では走れない」と言う意味ではないでしょうか?
...もっと見る
石井 弘二 釜池医師は全力疾走を前提にしています。
ライオンが狩りをする瞬間もよく例えに使われていました。
しかし、火事場の馬鹿力は糖質摂取は不要ですね。
...もっと見る
長谷川 聡 人間の体に隠された、秘密のパワーが、危急の時に発揮されるのでしょうね。
宮沢 りえ 理由は解りませんが私の体感では、糖質を摂らないと、
50mは走れる、200mは走れない、5Kmは走れる
25mは泳げる、50mは泳げない、400mは泳げる
...もっと見る

この記事をはてなブックマークに追加

「喰って痩せる!」。これぞ男のダイエットといえるだろう。

2017-12-01 07:35:47 | 夏井医師


 こんな情報頼りに実践する勇気が必要です。外野席からの声に惑わされないで。

 

 

類、魚介類、卵、ヨーグルトなどの動物性タンパク質は、アミノ酸スコア100。植物性タンパク質のスコアは比較的低い傾向にある。

だからこそ、朝食に取り入れたいのは動物性タンパク質!

日本の朝ご飯的な豆腐や納豆は、植物性タンパク質だから、ランチや夕食に摂るといいだろう。

gahag-0116897986

朝から動物性タンパク質をガッツリ食べると、その後の食べたい欲求がスーッと鎮静。

さらに、アミノ酸が効率よく働くから、細いだけでなく、筋肉質のボディが手に入る。

「喰って痩せる!」。これぞ男のダイエットといえるだろう。


この記事をはてなブックマークに追加

麺抜きラーメンは所詮邪道。そんなに勢いないはず。

2017-11-25 07:22:50 | 夏井医師

  • 【「ラーメンの代打」を超えた!? 麺抜きラーメン3選】
     「健康志向とダイエットの双方の観点から、糖質カットの風潮が爆発的な勢いで浸透している」とあるけど,実際には度の程度の「爆発的な勢い」なんでしょうか。
    この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#1125-4


この記事をはてなブックマークに追加

僕らの基本的体は魚なんです(体が水に溶けない親油性)

2017-11-20 06:50:38 | 夏井医師

シャンプーレス これで納得ですね。テレビのコマーシャルに騙されていますね。特にシャンプーは、自女性も男性も。石鹸で新井、化粧品で補い。やっていることおかしいですね。

 


  •  「石鹸レス・シャンプーレス」についてのメールです。
     まだ石鹸・シャンプーレスに躊躇している人への追加情報としてお知らせします。 DHCテレビ(YouTube)、深層深入り虎ノ門ニュース(11月17日)の「武田邦彦の虎ノ門サイエンス」コーナー(映像の真ん中あたり)で、
    我々の細胞膜は外側が脂で出来ている。なぜ、体の外側が脂かと言うと、僕らの基本的体は魚なんです(体が水に溶けない親油性)

    …いちばんつまらないのが、老人になってあまり脂が出てこないのに、それをシャンプーしたり、ボディソープなんかでゴシゴシやったら、何が起こっているいるのかと言うと、自分の肌を溶かしている。

    で、老人入浴で「カサカサして痒い」なんてね、「あなた、石鹸か何か使ってませんか」と、そういう話になっちゃう。

    …僕らが石鹸を使わなければならないのは、皮膚の上に付いている、自分の体から出てくる脂とか、自動車の油の油膜だけを溶かせばいい、

    …今の使用量の1/10くらいで良いんでしょうね、本当は、うまく使えば。
     と、発言されています。石鹸・シャンプーレスレスがもっと増えればいいですね。
    この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#1120-2


この記事をはてなブックマークに追加

勉強しない患者 そして医師も悪いと思うが。

2017-11-15 12:29:29 | 夏井医師

一番損をするのは、勉強しない患者さん、従来の意識を変えることができない患者さん。医者は実被害なし。

糖尿病患者へのカロリー制限食指導は時代遅れ

それでも、いまだに糖質制限食は危険などとおっしゃる医師がいらっしゃいますが、こうした方には、これまでの東洋経済オンラインでの私の記事や著書を読んでいただきたいと思っております。私のブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」でも、目についた糖質制限批判については逐一、反論してきました。

合併症などのリスクがある糖尿病患者に、糖質60%にもなるカロリー制限食を指導するのは、きわめて危険な行為です。

糖質だけが直接血糖値を上昇させ、「食後高血糖」と「平均血糖変動幅増大」という最大の合併症リスクを生じます。そして、これらを起こさないのは唯一、糖質制限食だけなのです。

「糖尿病治療にはカロリー制限よりも糖質制限」という流れは、もはや変えようがないメガトレンドであることを、患者の皆さんも医療関係者もぜひ認識していただきたいと思っております。

 


【糖尿病1000万人時代!「糖質制限」を徹底せよ 「カロリー制限だけ」は時代遅れすぎる】
 江部先生の記事です。

患者に期待することは、かなり無理があるが。

『自分が飲んでいる薬の作用機序を調べましょう』

『自分が処方している薬の作用機序を調べて、適切な処方か否かを吟味しましょう』

この二つのことがきちっとなされれば、臨床医学はいい方向に向かっていくはずである。

今は情報化時代 最先端の知識にも触れることは簡単なはずである。

賢い企業は、糖質制限の効用を大いに活用。こんな企業は伸びてほしい。

【ダイエット中でも甘いものが食べたい! あらゆるお菓子が糖質オフの時代に突入】

 


この記事をはてなブックマークに追加

こんな記事でまだ週刊誌が売れる時代ですから、糖質制限は先の先ですね。

2017-11-10 12:43:40 | 夏井医師

  • 【糖質制限よりカロリー制限!糖尿病の権威語る食事での予防】
     今時,「栄養のバランスに気をつけ,カロリー制限しないとだめ」と言い張るのは「糖尿病治療の権威の大学教授」くらいのものでしょう。糖尿病についての知識はまさに素人以下! 素人以下の知識でも教授になれるのが「糖尿病治療業界」。
     ちなみに「女性自身」といえば光文社ですが・・・。
    この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#1110-5

この記事をはてなブックマークに追加

糖質制限は お金がかかるイメージですね。上和牛肉もよいのでは

2017-11-09 07:53:40 | 夏井医師

 「糖質0g麺」の紀文食品からのお知らせメール。

 低糖質おせちについてのご案内です。
 今年は、ラインナップを強化しました!
 伊達巻が多いというご意見や、まとめて購入されているお客様が多かったので、「伊達巻と蒲鉾のセット」が新発売です。
 ほかにも「錦玉子」が新発売です。
 昨年評判があまりよろしくなかった栗きんとんは大幅にリニューアルしました。
 おせちが苦手という方にも、蒲鉾だけでも召し上がっていただきたいです。
 味糖質量ともに自信作です。1本(220g)食べても糖質量は10g以下です。
     ⇒
【糖質オフおせち販売ページ】
この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#1109-3"

この記事をはてなブックマークに追加

夏井医師の警告がわからない人が大半ですね。

2017-11-08 07:16:36 | 夏井医師

愚かな管理栄誉士を育成し続ける学校を指導する国が悪いのだが、既得権が根底から崩れ去るから、誰も言わない。ネットで知識を得て納得した方だけが己の身を守ることになる。



  • 【子供の肥満問題、世界各地に拡大】
     「原因は高カロリーで低栄養の食品」とありますが,正確には「高糖質で低栄養で低価格の食品」とすべきでしょうね。
    この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#1108-8

この記事をはてなブックマークに追加

炭水化物が毎食7割超え」は注意 死亡リスク上昇】

2017-11-07 07:06:18 | 夏井医師

糖質ゼロでなくてもよいのです。今より減らすだけで健康になれます。

 


この記事をはてなブックマークに追加