健保のつぶやき

境界型糖尿病の宣告を受け糖質制限を始めて7年目、体調は万全。諸先生のブログ等で勉強中です。情報紹介を基本に書いてます。

ミトコンドリアには中鎖脂肪酸

2017-02-09 08:50:04 | 吉冨 信長

 

脂質代謝で重要なカルニチン

脂質代謝(脂肪燃焼)の利点は、何と言ってもエネルギー量です。解糖系エネルギーは(酸素下で)ミトコンドリアに届いてようやく38ATPですが、脂質代謝では129ATPも作れます。

 

 

吉冨 信長 ※カルニチンを使用しなくても、ミトコンドリアに届く脂肪酸が、短鎖脂肪酸(腸内細菌由来)と中鎖脂肪酸(母乳、ココナッツ油など)です。


この記事をはてなブックマークに追加

小腸とグルタミン酸 お二人の主張

2017-02-07 08:26:15 | 吉冨 信長

 

小腸とグルタミンとグルタミン酸

 
自動代替テキストはありません。
 
 

グルタミンのことをいろいろ調べていて思ったことは、

夏の疲労回復に、これはかなり効きそうだということ。(直感)

夏に大量に蛋白源を欲していたのは主に、グルタミンがほしかったのだと思う。(体内でほかのアミノ酸からこれを合成することもあるはず)

 

この記事をはてなブックマークに追加

酸素 血液 そして栄養 運動も どれがかけてもダメ・

2017-01-30 07:42:56 | 吉冨 信長

 

血液のこと

例えば、2,000kcalの食事を摂る人では、約500ℓの酸素が消費されます(空気にして約2,500ℓに相当)。これはかなりの量ですよね。

この酸素500ℓを溶かすには、実は血液(血漿)が100トンも必要になってきます。(それだけ酸素の水溶性は低いんです)

しかし、人間の血液量は当然そこまではなく、成人で約5ℓしか持っていません。では、どうしているかというと、酸素を多量の赤血球に結合させて、高速で全身に循環させています。(血液循環を担っている血管を全て繋ぎ合わせると約10万㎞ということなので、考えただけですごいですよね。) まさに、自転車操業的です。こうして、総輸送量を確保しているのです。

こんなにも大量の酸素を必要としているのは、脳や他の内臓そして筋肉組織などがエネルギー(ATP)を爆発的に欲しているからです。実際に、エネルギー必要量の多い組織には血管が豊富にあります。

ところが、これだけ長くそして高速で循環している血液の流れが停滞してしまうと、全身の臓器のATPのレベルも急降下し始め、代謝障害となります。

代謝改善の第一歩は血流改善にあります。「老化は血管の老いとともにやってる」と言われる所以はここあります。

そして、血流を改善するには、タンパク質・ビタミン・ミネラル・脂質そして抗酸化物質などの栄養素を日々きちんと摂取していく必要があるのです。意外と必要量に達していないものです。また、適度な運動も血流改善に役立ちます。

代謝の改善はまず血流を意識していくことが大切です。


この記事をはてなブックマークに追加

鉄 今度は マグネシュウム サプリ付けになりそうです

2016-10-25 16:11:45 | 吉冨 信長

ミトコンドリアはマグネシウムをいつも欲しています。

がんとマグネシウム不足の関係
HEALTHY-HAPPINESS.JP
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

「貧血大国・日本」良書でも受けてのレベル バランスよく食べて鉄を増やそう 糖質制限の道のりは遠い

2016-10-11 11:53:13 | 吉冨 信長

『貧血大国・日本』山本佳奈 (光文社新書)

これも良かったです。なんと著者は27歳、素晴らしい。

女性の観点から、こうして貧血についてうったえていくというのは、とても良いですね。もちろん、この内容だけで判断するのは、抜かりがあるかもしれませんが、栄養を意識してもらうという入り口としては十分でしょう。

...もっと見る


 
投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2016/4/26
形式: 新書
疲れやすい。動悸・息切れがする。あまり食欲がない……。
ありふれた不調が、貧血からきていることがよくある。

貧血が続くと心臓に負担がかかり、ときに狭心症や心筋梗塞につながる。
日本は世界でも貧血の人が多いのに、ずっと放置されてきた、と著者は指摘する。

貧血にはいろいろなタイプがあるが、
いちばん多いのは鉄欠乏症の貧血。
特に女性は、月経のとき血液とともに鉄が失われて貧血になりやすい。
なのに、若い女性たちはしょっちゅう過激なダイエットに走り、
「糖質抜き」「油抜き」もよくやる。

糖質や脂肪は人間の体にとって重要なエネルギー。それが足りないと
体はたんぱく質を代用エネルギーにする。
すると、血液や細胞を作るために欠かせないたんぱく質が、ほかに使われてしまうから
無月経、不妊症、骨がスカスカ、肌荒れ、抜け毛…と
深刻な「若年寄り」現象を引き起こす。

また高齢者にも、粗食が体にいいと信じて
動物性たんぱく質を避け、貧血や栄養失調に陥っている人が少なくない。

ベジタリアンで100歳まで生きた人は
ほとんどいない、という話を聞いたことがある。

バランスよくしっかり食べて、鉄を増やそう。

この記事をはてなブックマークに追加

「貧血大国・日本」良書でも受けてのレベル バランスよく食べて鉄を増やそう 糖質制限の道のりは遠い

2016-10-11 11:53:13 | 吉冨 信長

『貧血大国・日本』山本佳奈 (光文社新書)

これも良かったです。なんと著者は27歳、素晴らしい。

女性の観点から、こうして貧血についてうったえていくというのは、とても良いですね。もちろん、この内容だけで判断するのは、抜かりがあるかもしれませんが、栄養を意識してもらうという入り口としては十分でしょう。

...もっと見る


 
投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2016/4/26
形式: 新書
疲れやすい。動悸・息切れがする。あまり食欲がない……。
ありふれた不調が、貧血からきていることがよくある。

貧血が続くと心臓に負担がかかり、ときに狭心症や心筋梗塞につながる。
日本は世界でも貧血の人が多いのに、ずっと放置されてきた、と著者は指摘する。

貧血にはいろいろなタイプがあるが、
いちばん多いのは鉄欠乏症の貧血。
特に女性は、月経のとき血液とともに鉄が失われて貧血になりやすい。
なのに、若い女性たちはしょっちゅう過激なダイエットに走り、
「糖質抜き」「油抜き」もよくやる。

糖質や脂肪は人間の体にとって重要なエネルギー。それが足りないと
体はたんぱく質を代用エネルギーにする。
すると、血液や細胞を作るために欠かせないたんぱく質が、ほかに使われてしまうから
無月経、不妊症、骨がスカスカ、肌荒れ、抜け毛…と
深刻な「若年寄り」現象を引き起こす。

また高齢者にも、粗食が体にいいと信じて
動物性たんぱく質を避け、貧血や栄養失調に陥っている人が少なくない。

ベジタリアンで100歳まで生きた人は
ほとんどいない、という話を聞いたことがある。

バランスよくしっかり食べて、鉄を増やそう。

この記事をはてなブックマークに追加

朝令改暮 夏が過ぎると子供すら塩のとり過ぎと 国営放送で

2016-09-09 11:32:51 | 吉冨 信長
 夏場熱中症対策は毎日のように塩といいながら、涼しくなるととたんに減塩。毎年のことで国から言わされている節操のない国営放送。下記のイギリスの例をだしていました。減塩で血圧が下がり医療費がたったの2600億円下がったとか。
加工品の塩が減っても、自分の匙加減でとる塩分が規制できていなければ、どこで減塩を証明できるのか。おばかな論理では。無駄な終末医療を改善すればすむ話しでは、医師会・製薬会社に弱い厚生省の姿が見られる。
 
dictionary.goo.ne.jp/leaf/idiom/朝令暮改/m0u/

朝令暮改とは。意味や解説。命令や政令などが頻繁に変更されて、一定しないこと。朝 出した命令が夕方にはもう改められるという意から。▽「朝 あした に令 れい して暮 く れ に改 あらた む」と訓読する。 - goo辞書は国語、英和、和英、中国語、百科事典等から ...

 
 
www.j-cast.com/tv/2014/09/06215157.html - キャッシュ

イギリスのトマトケチャップは日本の半分. 2014/9/ 6 12: ... 厚労省の減塩作戦も最終的 にはこれら加工食品に狙いを定めている。 お手本は ... その結果、心臓病の患者が減り 、毎年2600億円もの医療費削減につながったという。プロジェクト ...



塩はミネラルとして必要。不要な塩分は体から排出されるはず。人間の体は神秘的。
吉冨 信長
9時間前 · 

家畜さんたちもミネラルを欲しています

モンゴル遊牧民は、牛や馬などの家畜らを一時的に入れる柵を用意していますが、この中に岩塩の固まりを入れています(写真)。

岩塩といっても、とても固く、まるで石のようでしたが、これには塩分をはじめ、マグネシウムなどの重要ミネラルがたっぷり入っているそうです。

草原では資源や湖・川が少ないこともあり、ミネラル不足にならないように、家畜さんたちも自分たちのタイミングで、この岩塩の石をよく舐めていました。食事だけでは獲得できない栄養分を補給する、一種のサプリメントのようでした。

 

 

日本の本当の塩とは

Jeffrie LauさんがA seedさんの写真をシェアしました。

最近このパターン増えて来てます。

何か表記の小ずるさを感じるんですよね(-o-;

 
自動代替テキストはありません。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ビタミンB12欠乏 レバーはどうも 卵が良い

2016-08-17 22:44:45 | 吉冨 信長
体壊すほど 卵食べてます。コレステロール神話なくなってから。

吉冨 信長
昨日 9:46 · 
 

ビタミンB12欠乏

ビタミンB12は植物性食品にはほとんど入っておらず、基本的に動物性食品からしか摂取できないのですが、例外的に、青のり、テンペ、クロレラ、スピルリナのような植物性にも含まれていることがわかったため、これらがビーガンの中では注目されてきました。

 

動物はビタミンB12を肝臓、腎臓、脳に保管します。よって食品としては、レバーを定期的に摂取しておくといいでしょう。その他、貝類、チーズ、卵に多く含まれています。

 

 

 

この記事をはてなブックマークに追加

まともなことが通じない 日本の医療学会 不健康であればよい

2016-08-08 21:25:57 | 吉冨 信長

国の食事指導では多くの人が不健康になります

国や自治体による食事指導介入では、それに従う人ほど多くが不健康になるでしょう(内容による)。食事介入で失敗した自治体は多く記録として残っています。有名なのは久山町研究です。食事介入した群ほど、疾患が増え、寿命短縮になっています。

厚労省は、カロリー計算による食事量、低タンパク質・低脂肪・高糖質、精製穀物、リノール酸推奨、低飽和脂肪酸、減塩、低ビタミン、低ミネラル、低コレステロール食品、(甘すぎる品種改良の)果実などを標準としていますが、これでは栄養不足や代謝障害がおき、体内の細胞が正常に働きません。

カロリー量ではなく食事内容や栄養価です。主食が白米では残念ながら健康になれません。タンパク質の推奨量はちょっと少ないです。またタンパク源である多くの家畜や魚が配合飼料に頼っています。これでは良質なタンパクが得られません。低脂肪というように、脂質を一緒くたにするのではなく、種類によってその働きや効能が全く異なります。脂質の重要性を見直し、必要なものを推奨すべきです。そして日本ではいまだコレステロール食品が悪玉のように言われ(米国でさえこれを撤回しているのに)、低コレステロール食品+リノール酸推奨になっています。減塩ではミネラル不足になります。減塩ではなく、減精製塩・増自然塩とすべきです。またビタミン・ミネラルの重要性を再確認するべきです。不足しすぎています。同時に不足の理由をきちんと確認するべきです。果物は確かに抗酸化作用などには期待できますが、昨今の品種改良種では糖分が多すぎて体はそちらの処理に負担がいきます。

国が推奨しているもので、まともなものといえば発酵食品ぐらいでしょう。しかし、現在市販されている多くの発酵食品は残念ながら伝統的製法とはかけ離れた大量生産のものばかりとなっています。今一度伝統的製法の良さを見直して推奨していただきたいです。

最後に、断食(ファスティング)なども推奨もするべきです。いまだこれらは民間療法として相手にしていませんが、これによって多くの人が救われます。特に現代食を続ける限り必須なものといえます。

多くの病の原因は、「心」と「食事」によるものが多いとみています。時代に乗り遅れる厚労省と医学界。国やテレビの言うことを信じるのではなく、まずは私たち国民が変わ

<form id="u_0_1s" class="commentable_item" action="https://www.facebook.com/ajax/ufi/modify.php" method="post" data-ft="{">
 
 諸悪の根源は、突き詰めれば厚生省。国民が健康になれば、逆な意味で内需産業の崩壊、つまり国が崩壊します。仮に今の病人が半減したら、医療産業・病院含め、崩壊。

 糖質制限で健康になることは承知、でもこれ以上拡販するわけには行かないのです。なんとしても阻止しなければなりません。国民が、健康になったら駄目なのです。

 そんな意味で、今は糖質制限に便乗した甘味料、糖質制限の数々の製品、そのうち健康被害を誰かが語るようになりますね。砂糖以上にやばい。

 健康を真剣に求めるほはずがない行政は。

</form>

この記事をはてなブックマークに追加

砂糖が健康を破滅させる146の理由

2016-08-08 07:50:11 | 吉冨 信長

 読んでません 146もあるなんて。

砂糖が健康を破滅させる146の理由

"146 Reasons Why Sugar Is Ruining Your Health"

By Nancy Appleton, Ph.D....

続きを読む
 
画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
 
 
サプリ、アマゾンで年間定期購入。コムラがえり予防が主。

マグネシウム欠乏の人が増えています

もともと日本の土壌にミネラルは少ないため、マグネシウムをきちんと摂取するというのは、実は困難です。さらに、現代の日本人は食事内容や生活習慣があまりよくないため、胃や腸内環境が悪化している人が多く、これによって吸収が上手く出来ず、深刻なマグネシウム欠乏になっていることでしょう。

 
 
 

この記事をはてなブックマークに追加