健保のつぶやき

境界型糖尿病の宣告を受け糖質制限を始めて7年目、体調は万全。諸先生のブログ等で勉強中です。情報紹介を基本に書いてます。

論理的には この医師が。

2016-12-21 21:15:35 | 水野医師

でもね。健康体は過糖でなければ良いのです。別にケトン体がでなくても。何か違ってませんか。治療と健康体維持。混同しないように。賢明な方はご用心。

水野 雅登

ビタミン・ケトン療法のミニ講座、できました!

3分講座、10分講座とご用意しています。

これでサクっとVKTが分かります。

...もっと見る
内科医の水野です。 ビタミン・ケトン療法のミニ講座、アップしました。 ちなみに無駄に4K動画です。全く意味なく4Kです。 ビタミン・ケトン療法は、癌…
AMEBLO.JP
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

ガンの治療は素人では無理だが、予防は適糖で深い呼吸に心がける

2016-11-17 08:56:53 | 水野医師

 

ビタミン・ケトン療法は、三位一体の治療法です。

癌のミトコンドリア不活性化を逆転させます。

(1)ビタミンB群などでミトコンドリアを賦活...



呼吸は無意識であるがゆえに、おおむね浅い。意識する動作で深い呼吸を。

ガンの人の共通項は、胸郭上部が硬い。

僕もそのままにしてたらやばかったかも。

呼吸の浅さが、恒常的な酸素不足をもたらし、無酸素代謝に優れたモードの細胞が活発になるのかも。

 

カラオケの点数も上がったとか。ボケ防止にも役立つはず。

3分ボイストレーニング 声を出すための基礎 腹式呼吸編JoyMusicSchoolSenju視聴回数 171,857 回

この記事をはてなブックマークに追加

糖尿病治療の方はインスリン注射をやめるべき、健康な方も主食を抑える糖質制限を

2016-10-17 08:54:40 | 水野医師

インスリンの3大慢性リスクって聞いた事がありますか?
肥満、認知症、癌です。
他にも眼底出血や腎障害もインスリンが関与します。

内科医の水野です。 今回はインスリンの3大慢性リスクについて。 症候性肥満シリーズが始まるかとおもいきや急にインスリンの3大慢性リスクについて。 …
AMEBLO.JP
 
 

外食では

先住民食を実践するにあたり、困るのが外食の時ですね。自炊なら糖質を極力カットすることは難しくありませんが、外食だと選択肢が狭まってしまいます。特に僕のオフィスがある千葉の稲毛なんかだと、ランチできるお店が非常に限られますから、難しいですね。

基本的に僕は、なるべく動物性タンパク質を多く摂れるものを食べるようにしています。そのうえで糖質をなるべく減らすようにしています。具体的にはおかずの多い定食を頼み、ご飯は半分にしてもらいます。デザートがついているセットなら、「デザートは無しで」と、忘れずに言います。



夏井医師の本日のブログの感想。
糖質をほとんど食べれなかった農耕開始以前にも、インスリンは体にあったはず。血糖値を下げるためではなく、糖を脂肪として貯えるため。それが日々生きるため、長い寒い冬を乗り切るため。インスリンは、血糖値を下げるのではなく、脂肪を作るために働く。いつでも糖が手に入る今の時代に。毎回の食事で糖をとる必要はまったくない。自分の結論。だから余り糖質制限に神経質になる事もなし。
  •  本屋さんで見かけて,買おうか買うまいかちょっと迷った本が『食の人類史 - ユーラシアの狩猟・採集、農耕、遊牧』ですが,本の帯の「人類の歴史は、糖質とタンパク質のセットをどうやって確保するかという闘いだった」という一文を見て棚に戻しました。
     本をパラパラ読んだだけなのですが,「糖質とタンパク質」をセットでとらえるということは,必然的に農耕開始以降か,ドングリ食を始めた時期より後ということになります。つまり,せいぜい1万2000年くらい前以降です。1万2000年間を「人類史」と主張するのは流石に無理があります。せいぜいこれは「農耕開始以降のヒトの歴史」でしょう。
     なぜかというと,人類が農耕(あるいはドングリ食)を始める前の時代には,自然界に存在する糖質という物質はごくわずかであり,しかもその大部分は「加熱しないと消化できないβデンプン」だったからです。加熱しなくても吸収できる糖質はショ糖とブドウ糖などの「糖類」のみであり,農耕開始以前の世界を思い浮かべてみれば,「糖類」はほとんど存在しないことに気が付くはずです。

     最初の発想としては「人類の食とは糖質とタンパク質のセットでとらえることができるかもしれない」は悪くないと思いますが,それはあくまでも「解釈」の一つに過ぎません(もっと端的に言えば,作者の一方的な思い込み)。「解釈であり事実ではないかもしれない」という可能性を絶えず頭の片隅においておきながら,考察を進めるべきなのです。しかし,この著者は残念なことに,自分の頭に浮かんだ「糖質とタンパク質はセット」という考えを疑うことのない事実と思い込み,ドンドン推論を重ねてしまったようです。
     先日も書いたように,「事実は受け入れるが,(自分,及び他人の)解釈は疑ってかかる」べきなのです。

     また,表紙の「東洋のコメと魚,西洋のパンとミルク」という文言も昆虫という「人類史上普遍の食材」をまるっきり無視しているのも気になります。食の研究者が研究の最初の時点で「人類の食は米と魚とパンとミルク」と決めつけてしまってはダメでしょう。ましてや,ここ数年で欧米でも昆虫食はかなり取り上げられていて,「昔は普通の食材だった」ことはほぼ常識化しています。

     しかも,本書では「炭水化物」でなく「糖質」という言葉をわざわざ使っているるので,糖質制限が既にかなり広まっていることも知っていると考えられます(そうでなければ,何もわざわざ「糖質」という言葉を使う必要はない)。しっかりした糖質制限本を1冊読めば,「人類が糖質を食べ始めたのは1万年前以降らしい。人類史という言葉はちょっとマズいかも」と気がついたはずですし,著者が気が付かなくても中公新書の担当編集者が気が付くべきだし,気がつかないで見過ごしたとしたら,編集者失格でしょう。

この記事をはてなブックマークに追加

いまさら糖質制限の基本でもないですが

2016-10-14 22:53:49 | 水野医師

 

 
 

Dimeに載った記事ですが、URLが変わったようです。

アレが不足している、という話題。

 

 
- @DIME - やめられない人はアレが不足している!内臓脂肪を落とすには糖質の引き算を…
PRESTIGE.SMT.DOCOM
 
 
 
 
 

今回はTwitterでイイねが多めについたもののまとめです。

 

 
内科医の水野です。 今回はTwitterのまとめ回です。 私のTwitterで「いいね」がいっぱいついたものを拾ってみました。 では、どんどんいってみ…
AMEBLO.JP
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

糖質制限 おさらい

2016-10-13 11:05:43 | 水野医師

 

今回は糖質制限を3行で言ったら?
という話題。
http://ameblo.jp/naikaimizuno/entry-12205681281.html

さっそくその3行。

...もっと見る
内科医の水野です。 今回は糖質制限を3行で!説明してね、と言われた場合について。 では、早速3行で。 糖質を食べるのを控える、ゼロでも良い。蛋白質と…
AMEBLO.JP
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

先達はあらまほしきもの HbA1C 6.0は糖尿病の始まり

2016-10-03 08:48:37 | 水野医師

 食後高血糖が話題となっています。残念ながら、この検査は糖尿病以外の方は知りません。健康診断でHbA1Cすら計ることも法律化されていません。保険者の任意です。したがって、空腹時の検査だけの方が多いはず。空腹時は健診の2から3日ぐらい注意すれば数値的にクリアされます。悪い意味で健康に知恵を働かせる方にはアドバイスしませんが、運よくHbA1cの数値を見ることができる方、下段の数値を参考に、6.0こえたら必ず糖質制限の出来る医者を探して、アドバイスうけてください。普通の内科は6.0は病気ではないので6.5になったらきてください。7.0になったら薬。数ヶ月カロリー制限でやせてください。そんな程度です。本を読むくせいならね糖質制限できる医師に相談されたほうが、絶対に良いのでする自己流のゴルフはそこそこ。プロのアドバイスを受けた方は、シングルまでいけるはず。糖尿病の治療は、こんな程度ですよ。

 知らなかったでは済まされない糖尿病コンサルトの掟 : 岩岡 秀明, 栗林 ...

「何事にも先達はあらまほしきもの」とはどう言... - 日本語 | Yahoo!知恵袋

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp > ... > 日本語 - キャッシュ

岩清水八幡宮が山上にあると知っている吉田兼好は「少しのことにも、先達はあらま ほしき事なり。」とこの段を結び、その面白さから徒然草を代表する有名な段として 取り上げられています。貴賎を問わず先達(専門家)には敬意を表し、したり顔の高慢家 には容赦 ...

 

 

10月より始まる糖質制限外来について
ブログにも書きました。

http://ameblo.jp/naikaimizuno/entry-12205674520.html

画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト
 
 
clinic.tosaki.jp > ... > 糖尿病について - キャッシュ

HbA1c【ヘモグロビン・エーワンシー】値とは、赤血球中のヘモグロビンのうちどれくらい の割合が糖と結合しているかを示す検査値 .... HbA1c値が5.4-5.9%の状態を放って おくと、半数以上の人が数年以内にHbA1c値が6.0~6.9%となり本格的な糖尿病と 診断 ...


この記事をはてなブックマークに追加

ケトン体 まだはっきりしてないとの本音。良いですね、水野医師

2016-09-30 21:42:31 | 水野医師

 著明な京都の医師までがケトン体とか。福田医師以外余りケトン体を語って欲しくないですね。他の医師が語るケトン体はウソに聞こえてくる。せっかくの糖質制限がおかしくなってきている昨今。水野医師のタイムリナー投稿だと思います。これからの糖質制限推進は、山田医師、水野医師、そして夏井医師かな、自分が信頼できる主治医を持つことは必要です。癌治療を加えて新井医師。大事な方忘れていました。毎日楽しみにしている、外科医の医師。そして鳥取の田頭医師。

 

ケトン体の消費と産生について。

まだハッキリしていない事が多いです、というお話。

http://ameblo.jp/naikaimizuno/entry-12204622367.html

 


この記事をはてなブックマークに追加

やっていただけました。「糖質制限外来、始めます!」 これこそが新しい糖質制限の治療法です。交通費はすくに取り戻せるはずです。

2016-09-29 22:59:51 | 水野医師

 

糖質制限外来、始めます!


完全予約制の「糖質制限外来」始めます。
金曜日の午後の診察となります。...

もっと見る
 
YUAI-HOSPITAL.JP
 
 東京足立区であれば、全国は日帰り。交通費は多少かかりますが、生涯の収支計算すれば割安。お勧めです。これが新しい治療法です。糖質制限を可能にする医師すくないとおもいます。ブログの更新なかったのはこのためかも知れませんね。期待しております。


それぞれ信じるところがあり、治療しておられます。私、癌になったら銀座の新井医師まずたずねます。3時間あればいけます。

途中で寄り道したとはいえ、9時間かかる道程を乗り越えて来院されてたと思うと身が引き締まります。

歯科とは直接関係なさそうなキーワードをブログで見かけて、来られたんだそうで... それも含めて改善されると良いなぁ、と思います。

さすがに通院というわけにはいかないので、予後はメールで教えてもらうことにしました。

こういう時に、アクセスの良い都市圏で仕事してた方が良いんだろうなぁと思ったり思わなかったり。

自動代替テキストはありません。


この記事をはてなブックマークに追加

関東で糖尿病治療の方・この医師に一度相談されることが賢明では

2016-09-20 23:43:35 | 水野医師

http://www.mizuno.tokyo/2015/06/youtube-httpsyoutu.html

講演動画、糖尿病治療

 

内科医水野の指導するのは、糖質制限かケトン食か? 各個人に合わせて指導しています、というのが実態です。 その方が健康になれる食事療法を探します。

 


この記事をはてなブックマークに追加

糖尿病で眼の異常が起きたら、この医師思い出して下さい。下手な町医者で手術しないこと。

2016-09-20 23:37:45 | 水野医師

 

水野 雅登さんがやってはいけない目の治療さんの写真をシェアしました。

もうすぐ発売。世界的な眼科医による新常識。

 
画像に含まれている可能性があるもの:1人

この記事をはてなブックマークに追加