健保のつぶやき

境界型糖尿病の宣告を受け糖質制限を始めて7年目、体調は万全。諸先生のブログ等で勉強中です。情報紹介を基本に書いてます。

リスクがわかっても、対策が出来ていない日本の医療。

2017-04-13 08:45:23 | 田頭医師

【血圧を下げる新常識】健診数値入力で10年間の心筋・脳梗塞リスク分かる! 「循環器疾患リスクチェック」サイトが公開 (1/2ページ)

2017.04.12


血圧が高い状態を放置して今は元気でも、5年後、10年後はどうなるのか、実際に月日が経たないとわからない。

 「予防は、ご自身の気づきが大切です。リスクを軽減するため、食生活の見直しなどに、今すぐ取り組んでいただきたいと思います」と八谷教授は話す。 (安達純子)


どんな見直し ?


田頭医師の本日のブログ、糖質制限が基本。


新井医師のブログ、糖質制限+、新井医師の秘策。

 

『診療日誌』

2012年6月 初診 高血圧患者 60代後半男性

初診時の血圧 229/121...

もっと見る


 良い医師にめぐりあうことが必用。が、最低限、自分自身で適糖な食生活を続けることが基本。大きな異変があれば、銀座の新井医師を訪問すればよいはず。




この記事をはてなブックマークに追加

日本の顔が変わるのか。安倍、麻生、小池?

2017-04-13 08:37:20 | 小池劇場

小池知事 7・2「都議&知事ダブル選」で自民返り討ち計画

 自民党が小池新党との全面対決に大きく舵を切った。11日、7月の都議選に向けて東京都連が開催した決起集会に安倍首相や二階幹事長、麻生副総理ら党幹部がゾロゾロ現れ、対決姿勢を打ち出した。しかし、向こうに回す相手は、あの小池都知事。返り討ちに遭うのが関の山だ。 ■安倍自民党が…(続きを読む)


この記事をはてなブックマークに追加

いまさらながら、カロリー制限では絶対に痩せない。糖質制限が基本。

2017-04-13 08:32:45 | 鈴木医師

 

今まで投稿したThe Obesity Codeの間欠的ファステングの前提条件のまとめです。少し表現をかえています。

ナンバー1

何が人を肥らすのでしょうか?砂糖や穀物、でんぷん質の食べ物つまり糖質です。現在、糖質を控えることでやせる食事療法、糖質制限が広まってきましたが、実はそのことは1900年代以前に、すでに当たり前に分かっていたことでした。誰もが常識だと思って疑わない、医師や栄養士から、またダイエットの特集記事などでもひたすら言われている、「カロリーの取りすぎが肥満の原因だ。もっと食べるのを控えて、運動しなさい」という指導は、実は以前にはなかったのです。食品をカロリーで考えるというのは1900年代からは始まった新しい(科学的な!)考え方です。このころ、抗生剤の発見や衛生環境の変化などがあり、それが人の平均寿命を飛躍的に伸ばし、そして人の死因では結核や感染症が減少し、心臓疾患が目立ってきました。

 

ナンバー2

カロリーの取りすぎと運動不足が肥満の原因ではないことははっきりしました。では再び、肥満の原因は何でしょうか?
身体には、甲状腺、副甲状腺、交感神経、副交感神経、呼吸、循環、肝臓、腎臓、消化管、副腎システムなどすべてを管理しているホルモンの働きがあります。これは体脂肪も例外ではありません。体は実際には体重を管理する多様なシステムを持っており、体重の増減を意識的にコントロールすることはできないのです。肥満の問題とは、例えば過剰のエネルギーが体温の産生を増やして消費される代わりに、脂肪に転換されてしまうといったエネルギーの配分の問題なのです。
ここで機能している基礎的な生理学的原理は恒常性の維持(ホメオスターシス)である。体の体重と脂肪に関しては“設定点”が決められています。ホメオスターシスの機能がこの体の体重の設定を規定し、変化に対して上げたり下げたりします。もし体重が設定以下に低下した場合、代償機能が活性化して体重を引き上げます。体重が設定以上に増加すれば、代償機能がそれを引き下げるように活性化します。肥満の問題はその設定点が高すぎると...

もっと見る

 

ナンバー3
食べない時間に利用する人間のエネルギー源は、脂肪をもとに肝臓でつくられるケトン体です。ケトン体を作るには低インスリン状態が必要になります。食事をするとインスリンがでますので、糖質を利用するモードとなります。
普段から糖質モードの人は寝ている間ぐらいしか、ケトン体を使うケトンモードになれませんので、脂質代謝機能が落ちてしまっています。この脂質代謝機能を鍛えることをケト適応といいます。ケト適応にはある程度時間がかかりますので急には無理ですが、いったん適応状態になると運動選手にとっては非常にパフォーマンスが上がります。ケトン体自体に、アンチエイジング作用や抗ガン作用などもあることもわかってきました。とにかくこのケトンモードは活動するのに適しています。積極的にケトン体を利用して、脂肪を燃やせる体にする食事法のことをケトジェニックダイエットといいます。この食事法では良質な脂質をしっかりとることがポイントになります。

常に同じ刺激が加わると、体はそれに適応し反応が鈍くなってしまいます。そのためホルモンの分泌例えば、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン...

もっと見る

この記事をはてなブックマークに追加

豊洲ありきでもない。

2017-04-08 20:37:12 | 自分の覚え

築地改修と移転案 専門委説明

4/8(土) 19:18 掲載

豊洲売却益は4370億円=築地改修、移転の2案説明―都専門委員

 東京都の築地市場(中央区)から豊洲市場(江東区)への移転問題で、市場問題プロジェクトチーム(PT)座長の小島敏郎氏ら都専門委員は8日、築地市場で関係者に築地改修と豊洲移転の2案を説明した。(時事通信)

[続きを読む]

この記事をはてなブックマークに追加

節度がない党幹部。笑う。

2017-04-08 20:02:27 | 自分の覚え

民進・長島氏の自民入り「ウェルカム」 下村幹事


この記事をはてなブックマークに追加

散々むだしてきて、来年度収入減で予算を立てろとはへんな話し、都議自民党、狂ったのか。

2017-04-06 20:51:00 | 自分の覚え

自民都連、都議選「個人都民税10%減」公約へ

TBS系(JNN)

 

反対のための反対、国政レベルの民進党湖畔は出来ませんね。

豊洲で無駄のしたい放題、感覚ずれています。都民はこんな自民党議員選ぶ多いとはとても思えませんが。


この記事をはてなブックマークに追加

糖質制限出来ない錦織  終わりでしょう。

2017-04-05 21:32:02 | 自分の覚え

 

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00000014-ykf...

5時間前 - 男子テニスのマイアミ・オープン(2日、決勝)で優勝したロジャー・フェデラー(35)= スイス=が3日付の世界ランキングで6位から位に浮上。位だった錦織圭(27)は7位 に後退した。最強の“レジェンド”の復活は、錦織にとっては厄介だ。




この記事をはてなブックマークに追加

負けた 自民党 頭が悪すぎる。

2017-04-05 21:21:52 | 自分の覚え

豊洲早期移転を都議選公約に 自民都連、小池氏と差別化

朝日新聞デジタル

 

豊洲に移る過程で 800億 1600億の無駄な金が使われた。原因不明。

自民党の体質で こんな程度のお金は問題外。だ゛から早く豊洲に移れ。

庶民の感覚、なぜこんなに経費がかかった豊洲に移ったの。

小池さん説明仕切れていないですね。

いずれにせよ、豊洲に移る結論だすことが争点ではないはず。

まー都民でない私が言ったところで何にも関係ない。

自民党の負けですね。 出れ美の解説者も偉そうに、わかってないですね。

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

糖質制限出来ない方に似ている、旧態以前の自民党都議さんかも。

2017-04-01 08:29:39 | 自分の覚え

 

主張するほど、ポイントがずれている気がするだけかな。

 


この記事をはてなブックマークに追加

糖質制限の新しい考え方。インスリンの役割と食事のあり方。本能も変化するはず。かするはず。

2017-04-01 08:25:47 | 自分の覚え

 

鈴木 功さんが斎藤 からみさんの投稿をシェアしました。

Good job !

 

「何を避けるべきか」から始まって「何を食べるべきか」となって「いつ食べるべきか」の時代がやってきたと思ってます。

Jason Fung博士の『The Obesity Code』という本が話題になっています。 この本では、これまでのカロリー制限や運動療法、さらには栄養学、予防医学の無意味さについて様々な角度から徹底的に議論されており、現代人の乱れたホルモンバランスを正常に戻すことこそ、真の健康を取り戻すことであると説いています。 そこから導き出された結論は決して糖尿病や肥満症の人だけでなく、全ての人に適応される話だと感じます。 sponsored link Reference The Obesity Code (Jason Fung) The Obesity Code: Unlocking the Secr...
SAITOKARAMI.COM
 
 

この記事をはてなブックマークに追加