きままなドライブと写真、そして映画

晴れの日はドライブ・写真、雨の日は映画、曇りの日は・・・迷う

御船山楽園のツツジ

2017-05-03 19:14:45 | Weblog

御船山楽園は、佐賀県武雄市にある。
山裾に広がる広大なツツジの光景を以前から一度見たいと思っていた。
開花情報をチェックしたうえで出かけたつもりだったが、手前の久留米ツツジは見頃を過ぎてしまっていた。
奥の平戸ツツジはちょうど見頃。
この二つの見頃が重なるのは、とても短い期間に違いない。



 

 

 

 

 

 

園内に咲いていた藤の花。

 

 

 

武雄は昔から温泉地として有名である。
武雄温泉新館と、その手前にある楼門は、東京駅や日本銀行本店の設計を手がけた辰野金吾の設計で、「千と千尋の神隠し」を思わせる、レトロな味わいのある建物だ。
国の重要文化財に指定されている。
楼門の中には四つの干支のレリーフがあり、東京駅の八つの干支のレリーフと合わせると、ちょうど十二支になることが話題になったらしい。
これはあとになって知ったので、知っていれば面倒がらず、干支のレリーフを見ておくんだった。

 

 

御船山楽園の近くに教会が建っていた。
武雄は長崎県と隣接しているので、長崎を逃れたキリシタンがこちらに来たのかもしれない。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ももち夜景 愛宕神社から | トップ | 大興善寺のツツジ その1 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ksuz)
2017-05-04 15:32:05
もうツツジの時期ですか。日本列島は長いですね。
こちらはまだ桜を楽しんでおります。
最後の教会、なんかえになりますね。
ksuzさんへ (kt-okano)
2017-05-04 22:46:03
季節の違いは大きいですね。
GWに桜とはうらやましいです。
ツツジは例年だとGW前に終わりますが、今年は遅いようです。
教会は五島列島など離島に味わい深いのがありそうです。
でも、なかなか行けるかどうか・・・

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL