日本国憲法Q

2017年07月15日 | 日記
第1条 天皇は、日本国の(  )であり日本国民統合の(  )であつて、この地位は、主権の存する(       )に基く。

第9条 日本国民は、(     )を基調とする(    )を誠実に希求し、(  )の発動たる(  )と、(              )は、(    )を解決する手段としては、(  )にこれを(  )する。

2 前項の目的を達するため、(    )その他の戦力は、これを保持しない。国の(   )は、これを認めない。

第11条 国民は、すべての(     )の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する(     )は、侵すことのできない(     )として、(      )の国民に与へられる。

第12条 この憲法が国民に保障する(      )は、(        )によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを(  )してはならないのであつて、常に(     )のためにこれを利用する責任を負ふ。

第13条 すべて国民は、(       )される。(  )、(  )及び(    )に対する国民の権利については、(     )に反しない限り、(  )その他の(  )の上で、最大の尊重を必要とする。

第14条 すべて国民は、(      )であつて、(  )、(  )、(  )、(     )又は(  )により、(   )、(   )又は(     )において、(  )されない。

第15条 公務員を(  )し、及びこれを(  )することは、(       )である。

2 すべて公務員は、(      )であつて、(      )ではない。

第17条 何人も、公務員の(    )により、(  )を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その(  )を求めることができる。

第19条 (         )は、これを侵してはならない。

第20条 (  )の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から(  )を受け、又は(      )を行使してはならない。

3 国及びその機関は、(    )その他いかなる(     )もしてはならない。

第22条 何人も、(     )に反しない限り、(  )、(  )及び(       )を有する。

2 何人も、(  )に移住し、又は(         )を侵されない。

第23条 (     )は、これを(  )する。

第25条 すべて国民は、(  )で(   )な(       )を営む権利を有する。

2 国は、すべての生活部面について、(    )、(    )及び(    )の(      )に努めなければならない。

第26条 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく(  )を受ける権利を有する。

2 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に(    )を受けさせる義務を負ふ。(    )は、これを(  )とする。

第27条 すべて国民は、(     )を有し、義務を負ふ。

2 (  )、(    )、(  )その他の(    )に関する基準は、法律でこれを定める。

3 児童は、これを(  )してはならない。

第28 条勤労者の団結する権利及び(    )その他の団体行動をする権利は、これを保障する。

第89条 公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、(  )若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 日本国憲法A | トップ | 教育基本法A »