「切らずに治す脳卒中」日本脳神経血管内治療学会前会長ブログ
第31回日本脳神経血管内治学会学術総会会長のブログ
会期:2015年11月19日~21日(無事終了しました)




先週末は、富山でのホタルイカ・カンファレンスでした。
主催される富山大学桑山直也先生のライフワークでもある、「硬膜動静脈瘻の謎」に迫るべく、深い・・・言葉を換えれば「マニアック」な討論をする会です。
私は昨年に続いての参加ですが、今年も大変興味深い、本当にマニアックなディスカッションを楽しんできました。
本当に「硬膜動静脈瘻の謎」は奥深いものです。

そして、ホタルイカの前には、これも恒例のハンズオンが開催されています。
脳神経血管内治療医にとって、各種デバイスは非常に重要ですので、今年も定員オーバーの多くの受講者が集まってくれました。
私も機器の説明等微力ながらハンズオンセミナーに貢献しております。

参加してくれた若い先生と

そして、富山と言えば・・・今年も秋岡先生に連れられてやってきましたブラックラーメン!
昨年の私のブログで、秋岡先生がスープも全部飲むと書いたのを奥様が読まれて、汁飲み禁止令が出たそうです。
これはまさしく「塩」を飲んでいるような・・・

もうブラックラーメンは卒業だな、秋岡先生、健康第一だね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先週は、愛媛大学での脳動静脈奇形に対するONYX治療の指導に行ってきました。
そう、前回の写真は松山城です。

愛媛大学脳神経外科の田川雅彦先生は、10年前に岡大へ血管内治療の研修に来て、現在は愛媛大で血管内治療を一手に引き受けています。
私の弟子に当たるわけですが、すでに愛媛で多数の症例をこなしており、私の指導はもう必要ないかと思うのですが、慎重な性格でもあり、今回も液体塞栓物質ONYXを使うのでちょっと見に来て下さいと言われ、お邪魔しました。
田川先生は若い先生に指導しながら、見事にONYX塞栓術を予定通りこなしてパチリ!

私はお茶を濁していただけでした・・・
皆さん優秀でよく頑張ってました、田川先生中心に良いチームでした。
愛大では秋に学生講義もありますし、引き続きよろしくお願いいたします!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





真っ青な空に、山の上のお城、麓には瀟洒な洋館

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




我がファジアーノ岡山、昨日はホームCスタで、徳島とのナイトゲームでした。
昨年は夏場に失速したファジ、この夏も首位の札幌には勝ち切れず、下位の東京ヴェルディ・横浜FCに敗戦、
さらには主軸の矢島選手がリオ五輪のため長期不在と、不安要素だらけ・・・
それでもアウェイの山形、北九州と連勝してホームにかえって来ました、今季2度目の3連勝なるか?!という状況です。
結果は、前半10分の先制点を守り切って、見事に1-0の勝利!
あまり上手でない審判の判定にも落ち着いて対応していました、私の周囲の審判に対するヤジはひどかったけどネ(うちの娘も相当怒ってました)。

昨日も観客数は1万人越え!これでホームは4戦連続の1万越えかな?
1万人を越えると勝ち点3が取れないというジンクスも打ち破り、暫定順位も3位に上がりました。
これでチームもJ通算100勝になったそうです、負け数の方が多いんだけどね。
これから愛媛、讃岐と近県ライバルとの試合です。J1に行くために、絶対に負けられない戦いが続きます。
サポートする自分のチームがあって、熱い戦いを間近で応援できる幸せを感じています。

真夏の暑い熱いナイター、勝った試合の帰りは気持ちよいものです。

帰宅後、ニュースでキング・カズのJ最年長ゴール更新を見て、またまた感動
あとはU-23日本代表チームと矢島選手のリオでの活躍を祈るばかり・・・





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日は、ファジアーノ岡山の真夏の恒例メディカルミーティングでした。
毎年、J2リーグ前半戦が終わった夏に、ドクター&トレーナーが一堂に会して、前半戦の反省、そして後半戦に向けて団結を高める会として開催してきました。昨日も市内某所に集結して、大いに盛り上がりました。
今年こそ、絶対にJ1に行くぞ!
メディカルスタッフ一同でチームを陰から支えて、目標達成を目指します!


それにしても、飲み過ぎだぁ・・・

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




週末は湘南Vascular Conferenceで鎌倉に行って来ました。
前回の写真は、夕焼けの江ノ島と湘南の海岸、そして富士山の遠景です。
実は、鎌倉を訪れるのは初めてで、元(ウィンド)サーファーとしては湘南スタイルに憧れが強いのです。
それにしても、自転車にサーフボードを積んで海に通う中年オヤジ、様になりますねぇ・・・

さて、今回も脳血管内治療について、コアな話題を語り合う会でした。

おもてなしいただいた横浜新都市脳神経外科病院・森本 将史先生はじめ、お集まりのメンバーに感謝です、本当に楽しく有意義な会でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





夕暮れの海、島、山・・・心地よい潮風はお届けできませんが・・・

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




岡山大学医学部では、3年生(医学部1回生)の学生を対象に、教室配属というシステムがあります。
これは、学生が希望する科に約3ヶ月間所属し、基礎研究や臨床等に集中して取り組むというものです。
毎年、脳外科を希望して元気な学生が回ってきてくれるのですが、今年も3名が来てくれました。
(脳外科は人気があって、3名の枠に応募が集中して、抽選になったりします)
そして、3名のうちの一人が我々の血管チーム(Vascular group)に来てくれました、米澤尚太君です。

昨日は3ヶ月の最後に、その成果を学生全員が発表する会が講堂で開かれました。
私も第一講義室での発表会を覗きに行きましたが、学生の熱気でムンムン!
その中で、ポスター発表する脳外科所属の学生さん

左の血管モデルを持っているのが尚太君、テーマは「脳血管モデル作成による脳血管構造の学習」
右はステレオグループで研究した近藤薫君です。
二人ともよく頑張りました!数年後に脳外科に来てくれるのを待ってるよ。

最後に尚太君と一緒にパチリ、「よく頑張りました」の記念撮影です。

実は、尚太君は医学部の入試の最終面接の時に私の所に当たった縁があります。10数人面接した中で一番優秀なのが彼でした。
そして面接の最後に、将来は「脳神経外科医になりたい!」と発言したのでよく覚えているのです。
そんな彼が、教室配属で、しかも私のグループに来てくれたので、私も感慨無量でした。
尚太、さらに頑張って、良い脳外科医になるように!応援してるぞ!

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




日曜日は久し振りに総社市の実家に立ち寄りました。
サッカーの試合が総社の高梁川河川敷であったので、そのままシャワーを浴びに帰ったのです。
前回3ヶ月前も同じサッカーの試合後シャワーを浴びに寄ったのですが、45年前から変わらぬ古いお風呂で、試合の直後でくたくたの身体に高い浴槽は堪えたし、古いシャワーは水量もいまいちだったので、バリアフリーの新しいのにしたらと進言して帰ったのです。今回、新装されたので、そしてちょうどまたサッカーがあり、チェックしに帰ったのですが、狭くなったけど今風のきれいなお風呂になっていました。
それにしても、サッカーついでにしか帰ってこない親不孝者です。でも、お陰で快適なお風呂になったので許してください、父母殿。

そして、ふらりと近くの井山宝福寺に行って来ました、懐かしい場所です。
宝福寺は水墨画で有名な雪舟が、少年時代に修業をしたことで知られるお寺です。雪舟が修行せずに絵ばかり描いているのを怒った和尚さんが、お寺の柱に雪舟をくくりつけたところ、雪舟が泣きながら涙で足の指を使って鼠の絵を描いたら、その鼠の絵があまりに上手だったので動き出したという寓話の生まれた場所です。描いた鼠が動くはずがなく、動かない鼠に驚いた和尚さんがよく見たら、雪舟が描いた精巧な絵だったというのが本当らしいですね。

新緑と苔の緑と、本堂の白壁のコントラストがきれいです。

小学生の頃はよく写生しに来ていました、秋の紅葉もきれいです。学会のポスターにも使われた本堂です。

子供の頃は、家からちょうど1km、往復2kmのランニングコースでよく走らされたものです。
そのお陰で、今でもサッカーがプレーできていると思えば、厳しかった父親に感謝です。

お決まりのねずみと雪舟の像、膝の上に乗っている鼠、と言うことはこの鼠、やはり動いている?!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日は、岡山市民病院に脳動静脈奇形(AVM)のONYX塞栓術のプロクターに行って来ました。
プロクターは技術指導なのですが、市民病院の徳永浩司先生は私と10年以上の長きに渡り、岡大で一緒にしてきた仲ですので、指導の必要はないと思うのですが、ルール上必要とのことで、行って来ました。
前回の松本健五院長インタビュー(本ブログ2016.3.9)以来のお邪魔です、病院は家から近いんですけどね。

徳永先生の手技は、落ち着いて見ていられる安定したもので、同じ師匠(Daniel Rufenacht教授)に学び、帰国後日本でもずっと二人三脚でやってきたので、お互い考えていることがよくわかるため、非常に安心して治療が遂行できます。昨日も2本のフィーダーからうまくONYXを注入して、予定通り完全閉塞が得られました。
私の方は、挨拶に来てくれた若い先生とお話していただけで、何もしていませんでしたが・・・


治療後、脳外科スタッフでパチリ!

「私達とも撮って下さい!」との美人看護師3人のお言葉に操作室で技師さんやサポートスタッフともパチリ、

皆さん非常に優秀でよくしてくださいました、白衣の女医は脳神経外科後期研修医陽子ちゃん、私の久留米大の後輩で期待の大型新人です!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ