「切らずに治す脳卒中」日本脳神経血管内治療学会前々会長ブログ
第31回日本脳神経血管内治学会学術総会会長のブログ
会期:2015年11月19日~21日(無事終了しました)




昨日は我々Vascular Groupの新年会でした。
血管内治療チームの医師、いつも助けてくれるIVRセンターの看護師さん・技師さんが集結して、
某イタリアンで楽しい一時を過ごしました。
今年も一年間、皆で力を合わせて頑張ろう!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日は、今年に入って2件目の急患治療、呉共済病院でした。
ちょうど月に一度の外来診療にお邪魔する日に、クモ膜下出血の患者さんが救急搬入されたのです。
我々治療医に加えて麻酔科の先生、レントゲン技師さん、看護師さん、物品を運んでくれる業者の方々、多くの人々が関わってくれて治療が成り立っています。
今年も、皆で力を合わせて頑張りましょう!一人でも多くの患者さんを助けるために!


動脈瘤のコイル塞栓術をうまく終えて、スタッフ皆でパチリ!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




杉生家は先祖代々一月三日はぜんざいと決まっています。
と言う訳で、いただきました、我が家のおぜんざい。

お雑煮とおぜんざい・・・年に一度の朝のお楽しみです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2017年、平成29年、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


今年の年末年始は、ずっと岡山で大人しく過ごしております。
昨年も例年に劣らず大忙しで、疲れ果てたので、久しぶりにちょっとゆっくりと過ごせました。
鋭気を養って、また今年も頑張って行きたいと思います。


杉生家のお雑煮、シンプルです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




またまたブログの更新が遅くなってしまいました・・・
さて、
連休と重なったクリスマス、皆さんはどのように過ごされましたか?

私は、緩和ケアの講習会で二日間みっちり勉強してきました。
岡大病院の医師として受講が必須と言うことで、私の専門の脳血管内治療とは対極にある、
緩和ケアについて土・日の二日間、県医師会会館にこもっての講習でした。
よりによって年末のクリスマスの時期に・・・と言っても、この日程でしか私の受講できる日がなかったのです。
講習の中には、癌患者になって余命宣告を受ける・・・というショッキングなロールプレイもありました。
私は「オカダタケシ」という名前で、Jリーグのサッカー監督を来季も続ける契約を終えて検診をしたところ、
末期癌が見つかった、余命3-6ヶ月、という設定で役に入りました(設定は自由にできるのです)。
これは疑似体験だとわかっていても、役になりきって演技していると非常に重苦しい気分になりました。
その他、種々の症状と、それに対する対策など多くの学びがありました。
素晴らしいスタッフの皆さんのお陰で、濃厚な講習会を体験できて感謝しています。

ちょっと疲れて、重い気分で自宅に帰ると、玄関のクリスマスツリー?が出迎えてくれました


今年も残りわずか・・・ラストスパートですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





降りしきる雨の中、強敵セレッソ大阪を相手に最後の扉を開くことはできませんでした。

長澤徹監督「胸を張って岡山に帰りたい」
私も同じ気持ちです、ここまでよくやってくれた監督以下選手・スタッフ、そしてファジアーノ岡山に関わる全ての人々に感謝して今シーズンを終えたいと思います。
岡山の心を一つにして、ホーム平均入場者数も初めて1万人を越え・・・でも何かが足りなかったのでしょう。
矢島慎也選手「力の差を感じた。悔しいが、すがすがしい気持ちもある」
まだまだ頑張る余地はたくさんあるようです、ただ来シーズンはまたメンバーが変わるでしょう。
しかし「最後まで諦めない、やりきる!」というファジのDNAは変わらない!


「岡山の誇り」

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




昨夜は我が岡山大学脳神経外科Vascular Grpup(VG)が誇る精鋭、春間純先生のちょっと早い送別会でした。
先月の高杉祐二先生に続いて、春間先生も研究を終えて、そして脳外科専門医となって旅立っていくのです。
ちなみに春間先生の博士論文は新聞紙上で紹介されYahooニュースにも載ったそうです。
www.sanyonews.jp/article/451783/1/
あれっ!しかしその記事には春間の名前が載っていない?!
あくまで奥ゆかしい春間純、好青年です。
それはともかく、来年1月から福山市民病院での活躍に期待したいと思います。

さて、その宴席で決まったことは・・・
JSNET2016が終わった今、本ブログはもう前会長ブログではなく、前々会長ブログか元会長ブログにすべきかという話になって、多数決の結果、前々会長ブログにすべきということで決定しました。引き続きよろしくお願いいたします!


お洒落なバーで美味しいワインをいただいています!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




素晴らしい吉村先生の学会でした。
日本中の脳神経血管内治療医が集まり、さらにこの分野の世界のトップランナーをお迎えして、最新の話題をディスカッションし、大きな意義があったと思います。
今年もたくさん勉強して、ちょっと疲れましたが、充実感で一杯です。
大会旗が吉村先生から、次期会長の大石英則先生に渡された時は、昨年を思い出してジーンときました。


来年は大石先生が、きっとやってくれると期待しています。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




第32回日本脳神経血管内治療学会二日目の昨日、会長の吉村紳一先生から「神戸宣言」が出されました。
急速な脳血管内治療の進歩とこの1-2年の臨床研究の成果で、急性期脳梗塞に対する血管内治療は有効性が高いと認められました。
逆に、脳卒中治療を謳う上で、適切な血管内治療を提供できない病院はその責任を全うできないということになります。
世界中どこでもそうですが、本邦でも都市部では血管内治療専門医は何とか足りていますが、山間部では土地が広い上に医療者が不足しています。
吉村先生はこの状況を打開すべく、学会をあげて取り組んでいくことを「神戸宣言」として会長講演の中で力強くうちだされました。


「全ての脳梗塞患者を救う体制を出来るだけ早く実現することを目指す」


さすがに吉村先生、1年前の私の会長講演は、元日本代表プロサッカー選手福田正博さんとの「文武両道対談」でしたが、社会に与えるインパクトは大違いです。
私も吉村先生を見習って、真面目に頑張ろう!っと
と言いながら、懇親会では阪神甲子園球場のビールの売り子さん、「甲子園ガール」にビールをいただいて飲んだくれています。

ペドロと根本先生も嬉しそうです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




第32回日本脳神経血管内治療学会が神戸で昨日から三日間の会期で開催されています。
我々脳神経血管内治療医にとって年に一度の最も大きな学会であり、世界でもこの領域で最大の学会となっています。
昨年は私が会長を務めさせていただきましたが、今年は兵庫医科大学の吉村紳一先生が会長です。
今年のテーマは「血管内治療のNext Stage」、吉村会長の未来を見据えたメッセージが込められています。


神戸国際会議場のメインステージで、華々しく最新の話題について議論しています。
吉村先生の思い入れの強い、急性期脳梗塞に対する血栓回収療法が本日のメインテーマであり、シンポジウムの最後に吉村会長から「学会宣言」が会長講演の中で出される予定です。


昨夜は、学会初日が終わったところで、岡山大学の皆が某中華料理店に集結して同門会を開きました。
何と富山大学の同門会も同じ店であり、「貸し切り」状態で合同での賑やかな会となりました。


海外招待演者で世界一のフローダイバーター経験を誇る、私の旧友Pedroも特別参加で盛り上がりました!
そして、富山大黒田敏教授の隣にはなぜか宮地茂先生の姿も?!


私の韓国の悪友Yong-Sam Shin教授も合流して、最後に全員で記念写真、いったい何人で大騒ぎしたの?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ