「切らずに治す脳卒中」日本脳神経血管内治療学会前会長ブログ
第31回日本脳神経血管内治学会学術総会会長のブログ
会期:2015年11月19日~21日(無事終了しました)




最近、更新がないとお小言をいただいております、申し訳ありません。
と言うわけで久し振りのアップです。

先週末は、日本心血管脳卒中学会で東京(品川)に行って来ました。
この会は、もともと頚動脈病変の治療をする、脳神経外科、神経内科、循環器内科、放射線科、血管外科等々の異なる専門を持つ医師が横断的に集まって討論するものです。日頃接することの少ない他科の先生とのディスカッションは大変参考になります。
今回のメインテーマは「循環器医と脳神経医の密な連携医療」だったのですが、私に与えられた発表は、ディベートセッションで「頚動脈狭窄症に対するCAS治療:どの領域の専門医が行ったほうがよいか」というものでした。
私は脳外科代表として、循環器代表の横井宏佳先生と1対1でのディベートで、久し振りにやりにくく緊張する発表でした。
日本では脳外科医が90%CAS(頚動脈ステント)をやっているのが、現実なのですが・・・
まあ、結論は”密な連携医療”と言うことでお互い仲良く頑張りましょうと言うところに持っていきました。


発表後(右から)横井先生、座長の坂井先生と伊刈先生とご一緒に仲良くパチリ
んっ?!後ろに写っているキャプテン帽子をかぶった人たちは?


実は前夜の会員懇親会で東京湾ナイトクルーズに行ったのです。その写真が学会場に出されていました。
某先生に無理矢理誘われて参加したのですが、きれいだったなぁ・・・(宮地・江面先生ありがとうございました)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日は、月に一度の呉共済病院での外来でした。
月に一回のみの呉での内治療外来ですが、すでに多くの患者さんに受診していただいております。

そして、昨日は岡山大卒で脳神経外科志望の研修医(川上真人先生)と懇談してきました。
若い先生が、脳神経外科を志してくれるのは、我々にとっても嬉しいものです。
しかも、川上君は血管内治療(IVR)に非常に興味があるとのことですので、なおさらです。
昨日、ゆっくりお話して、大人しいけど芯の強いしっかりした青年で、脳神経外科向きだと感じました。
忙しい呉共済病院でしっかり初期研修をして、岡大脳外科の扉を叩いていただきたいものです。


指導医の寺坂薫先生と川上君を挟んで・・・
川上君には取り急ぎ、岡大の教科書(血管撮影マニュアル)を激励を込めて贈りますからね。入局祝い!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日は、我が岡山大学脳神経外科の学生に対する医局説明会がありました。
その後には、お決まりの打ち上げで、学生さんを交えていつもの焼き肉屋に集結しました。
今回は8人の学生が参加してくれました。
まあ、学生さんは元気で、肉を食べるは・・・食べるは・・・
大いに食べて飲んで、岡大脳外科の魅力を語り合いました。
この中から、何人の学生さんが脳神経外科に入局してくれることか、楽しみです。


人間の最も崇高な臓器である”脳”をメスを持って(私はカテーテルですが)治療する脳神経外科は医者冥利に尽きますよ!
若い諸君の入局を歓迎します!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




脳神経外科コングレスで大阪に来ています。
今回の会長は、兵庫医科大学脳神経外科教授吉村紳一先生、テーマは「脳神経外科におけるアートとサイエンス」
さすが吉村先生、素晴らしいプログラム構成で、脳神経外科領域全般の最新知識をたくさん学ぶことができます。

そして、今回の私の役目は、ランチョンセミナーの座長でした。
岡山大学でも長年愛用しているシーメンス社のDSAについて、「Hybrid ORにおける血管撮影装置の先進利用」のタイトルで、聖路加国際病院新見康成先生から最新の知識をたっぷりとお伺いすることができました。血管内治療医は手技だけでなく、DSA装置にも習熟して、最高のパフォーマンスを引き出さねばならないことを改めて実感しました。


尊敬する新見先生の座長を務めさせていただき大変光栄でした。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日の山陽新聞朝刊の県内版に岡山大学でのパイプライン(血流変更ステント)治療が紹介されました。
最先端治療を郷土の患者さんに安全に提供すべく、スタッフ一同頑張っている姿を取材していただきました。
これからも、皆で協力して地域医療に貢献していきたいと思います。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




二日遅れの・・・母の日です。
今年は東京にいる上の娘から、母親を喜ばせる花(と卯)が届きました。
下の娘は何かまだ秘策のプレゼントを考えているようです。

で、私の方は・・・

このブログを通して、母親、義母、そして愛する家内に、感謝です!

と言うわけで、本日の玄関の花は、知人からの頂き物

きれいなお花をありがとうございます!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




この2週間、色々なことを考えさせられました。
5年前の東北の震災の時もそうでしたが、何とも言えぬ無力感に苛まされています。
2月にお邪魔して、楽しい一時を過ごした熊本がこんな事になるなんて・・・
残念ながら、脳血管内治療医って災害時救急には何のお役にも立てないのです。

熊本にいる皆さんのことを想って、心配して、祈って、できることと言えば、義援金を送ることくらいです。
まだまだ時間がかかると思いますが、一刻も早い復興を願っています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日から、日本脳卒中学会、日本脳卒中の外科学会、スパスムシンポジウムの3学会合同のStroke2016が札幌市ではじまりました。
今回は、伊達勲教授が「脳卒中の外科学会」会長を務められると言うことで、我々岡山大学の主要スタッフも札幌に集結しています。
昨日朝の学会長の挨拶にはじまり、無事に初日の会が進行し、私も座長を二つこなしました。
言うまでもなく、stroke(脳卒中)は、重要な国民病であり、これらの克服のために学会を通じて我々も情報交換しつつ、研鑽を重ねていきたいものです。
夜の街での情報交換にいそしむ医局員もいたようですが・・・

ランチョンセミナーで小笠原邦昭先生と吉村紳一先生とご一緒に

いつもながらお二人のお話はクリアカットで切れがあり、大変勉強になりました!
会場も満員の大盛況で、皆さん楽しまれたことと思います。
あと二日間、しっかり勉強しよう!っと

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日15:50からのOHKテレビの情報番組「なんしょん?」に、どうも私が出るらしいのです。
番組名「なんしょん?」の通り、私は何しにテレビに出るん?(なんしょんかなぁ?)ということですが、
中身は見てのお楽しみと言うことで・・・
実のところ、私もどうなっているのかわかりません?!楽しみにしております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さて、私はどこにいるのでしょうか?
何やらお城の天守閣が、地面の上に”ポン”と置かれたような、不思議な構図
その遠景には雪を抱えた富士山のようにも見える山が・・・

正解は弘前城でした。現在、100年ぶりの本丸石垣大修理とのことで、石垣の上にあった天守を移動させ(天守曳屋)、空き地の上にそのまま鎮座している珍しい光景を見ることができました。雪山は「津軽富士」と言われる岩木山です。弘前城は桜の名所として知られていますが、残念ながら来訪が二週間ばかり早かったような・・・

昨日は弘前大学神経内科教授東海林幹夫先生のお招きで青森にお邪魔して、第14回青森県脳卒中フォーラムで「急性期脳卒中における血管内治療最前線」のタイトルで特別講演を行ってきました。最新の血栓回収療法と、動脈瘤に対するコイル塞栓術からフローダイバーターステントを使った最先端治療のお話をしてきました。
青森で脳卒中治療に日夜奮闘されている多くの神経内科・脳神経外科、そしてコメディカルの方々にご参加いただきました。
私は、青森にお邪魔するのは初めてで、短い滞在でしたが、たくさんのリンゴをお土産に楽しんで参りました。
東海林先生は岡山大学神経内科に助教授で赴任され、私も大変お世話になりました。
そして、弘前の地で新たに神経内科の講座を立ち上げられ、青森県の脳卒中治療の中心的存在としてご活躍です。



東海林先生、瓦林先生、そしてご参集いただいた先生方、楽しい夜をありがとうございました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ