気ままに山歩き sessk     

いつまでも健康を願い、山歩きの展望や花を中心にした、団塊世代の私の軌跡を記録します。

17-9:八紘嶺《 安倍奥の山 》気ままに山歩きsessk

2017年05月05日 20時58分58秒 | ハイキング 山歩き 山登り
富士と南アルプスの展望期待の尾根歩き
   

2017年4月29日     (土)      晴れ     同行者:松戸山の会      自家用車      登山口:静岡県    静岡市 葵区


【 コ ー ス 】
新安倍峠7:23=7:42本コース・直登踏み跡分岐=富士見台8:00=8:45~50富士展望の地= 9:42八紘嶺10:25=10:52富士展望=11:43富士見台=12:02新安倍峠・梅ヶ島分岐;10分ロス=12:24本コース・直登踏み跡分岐=12:48新安倍峠


【 クリックで拡大 】




新安倍峠P [標高:約1450m] トイレあり


新安倍峠Pにある登山口の道標


富士を望む
  標高 約1840mの尾根より


八紘嶺山頂  三角点 標高 1918m


記念撮影

山頂で南アルプスの展望を期待してきたが、樹間からの展望となり、期待外れでがっかり。 


キバナネコノメソウ 。


富士を望む 往路と同じ場所で
 標高 約1840mの尾根より


富士見台より七面山方面を望む、富士山は見えなかった。
富士見台の道標は、往路では発見しにく見逃したが、復路では見つけられた。

往路は富士見台で休憩の予定であった、道標が見つけられなかたため、
30分位休憩が遅くなってしまった。


写真左の登山道は、新安倍峠・梅ヶ島分岐へ行く登山道。

真上に直登する薄い踏跡は富士見台方面へ向かい、距離としては短い。
赤テープも殆どなし。

登山道の復路では、20名位いの方と摺れ違ったでしょうか。

【 下 山 】




山腹の春


ツツジ


恋仇〔鯉ケ滝〕
所どころに車をとめて、山腹、車道の崖下、滝などの景色を楽しみながら、
温泉に向った。

『梅ヶ島温泉・黄金の湯』の[ひとっ風呂 (1時間以内)入浴券 400円]で汗を流した。

気ままに山歩きBLOG    『気ままに・山歩き』HP TOP
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 17-8:筑波山《 裏筑波コー... | トップ | 17-10:杏ケ岳《 榛名山 》... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あわせて読む