BLOG 思い遥か

日々新たなり

台風一過 日々新た0808

2017-08-08 | 日々新た
台風一過となるか、北陸から、東北までまだ、暴風圏にある。夏の高校野球大会の開会式が7日だったが、順延となって、8日になった。




>20060808 丸八の日
カテゴリ:思い遥かに

88はパソコン通信でさよなら、しかしご当地では記念日のこと。
マルハチは市制マークだから、知る人ぞ知る、ほとんど知らない、か。
台風が、7号接近、と警戒して、高気圧にはさまれたまま、東海上をゆっくり進んでいる。
南のほうでは8号、9号が台湾へ向けて、また沖縄に向かって連続している。

さすがに疲れたので、仕事はするが、ボーっとしている。
暑い真っ盛りを観光気分とは言え、ずいぶんの移動だった。
気持ちよいくらいの汗に、ダイエット気分では味わえない疲労感だ。
この台風で涼しさが感じられるようになるだろうか。


>熱中とは
2006年08月08日23:47

立秋、炎暑のなか、二十四節気はうつる、野分の知らせに
雨雲が東海を行き、伊勢湾に張り出し、高気圧にはさまれて
東へと通りぬける、7号台風の上陸予想はずれていっている
このなか、夜行バスで戻る人がいる、無事であるように

熱闘甲子園はシーソーゲームを制したほうが白熱した勝利を得る
若さのエネルギーは1球に熱中した展開だ
ぬ、そう、熱中は、試合にネッチュウすると使った
熱中症は、熱にあたる、中は、的中してあたると読むからか、熱が中にこもるからか


コメント
2006年08月09日 00:42
僕の家のすぐ横に土手を挟んで川が流れてまして

今までに欠壊したことはないのですが、ひどいときはヒザまでつかりますね。。。まぁ、道路に立ったときですけどね

今年もちょっと心配です。。。

コメント
p2006年08月09日 23:12
ムカシ、ああ、もう、何を話しても、この枕がつくわいな――

ジェーン台風が、それは伊勢湾台風よりも前の、アメリカ式の台風に名前をつけていた、それを取り入れていたころ、阪神間で堤防が決壊して家のアタリが水に浸かったことがありました。

幸いそのときは、水がひざの関節までで、床下浸水はしたものの、流れて流れて、来たものはいろいろあって、土管のふたも流されて、怖いのを通り越して、大騒ぎをしました。

それで、なに?うん、そのときはそのとき、さ、助けに行くベシ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文章論 シーボルト 日本を書く | トップ |  SPEEDI活用、政府「丸... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々新た」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。