BLOG 思い遥か

日々新たなり

文章論 彼方の野原 

2017-02-12 | nikkei
日経新聞見出しより
1面
20170212

日米で新経済対話 通商・金融など合意

初の首脳会談 米の尖閣防衛義務を確認

10日、共同記者会見を終え、握手する安倍首相とトランプ米大統領=共同
共同
 【ワシントン=永沢毅】安倍晋三首相は10日午後(日本時間11日未明)、ホワイトハウスでトランプ米大統領と初めて会談した。日米両国で財政・金融政策や貿易・投資などを幅広く議論するため、麻生太郎副総理とペンス副大統領をトップとする経済対話の新設で合意した。日米が主導した環太平洋経済連携協定(TPP)が漂流する中、新たな連…続き

握手の先 世界に責任 コメンテーター 菅野幹雄

同盟、平和の礎 トランプ氏、年内来日 首脳会談での主な合意

両首脳がゴルフ

東芝、最終赤字4000億円 4~12月 今期債務超過 回避めざす

入国制限 新大統領令も 週前半にも 対象の絞り込み検討

春秋
 いきなりのハグに、アームレスリング風の固い握手である。首脳会談でトランプ米大統領からどんなぶちかましがあるのか、安倍首相や日本企業トップら…続き



原口は後半途中に退く、内田ベンチ外 ドイツ1部
 【ゲルゼンキルヘン(ドイツ)=共同】サッカーのドイツ1部リーグで原口元気のヘルタは11日、アウェーで内田篤人の所属するシャルケに0―2で敗れた。先発した原口は後半37分に退いた。内田はベンチ外だった…続き (8:23)

高藤・阿部・橋本が優勝 柔道GSパリ大会
 【パリ=共同】柔道の世界選手権(8~9月・ブダペスト)代表選考会の一つとなるグランドスラム(GS)パリ大会は11日に開幕して男女計7階級が行われ、男子は昨夏のリオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得した…続き (8:05)

ご存じですか?会合、接待に「ふさわしい」お店とは/大人のレストランガイド
日米首脳夫人も親睦深める フロリダの日本庭園散策 (3:36)

首相、トランプ氏とゴルフ スコアにも注目 (2:47)

東芝、4~12月最終赤字4000億円 米原子力損失などで (2:00)

東芝、スイス電力計大手でも減損 11年に1900億円で買収 (2:00)

[FT]英EU離脱、5つの障壁 (2:00)

長谷部フル出場、香川は後半から ドイツ1部リーグ (1:53)

福岡市公募、屋台選定委員が便宜 応募者の書類指導 (1:41)

元経営者妻、懲役30年確定 筑後リサイクル店暴行死 (1:39)


現代日本語文法文章論 タイトルは、彼方の野原 
村田喜代子  である。エッセイである。日本経済生新聞の文化面、20170212付けである。 村田喜代子 氏 である。なお、有料会員サイトであり、著作の全文をこのように言語分析に資料としているので、そのことをおことわりするとともに、ここにお礼を申したい。

冒頭文は次である。
> 年明け早々から仕事道具のパソコンが息切れし始めた。

末尾の文は次である。
>鹿児島で買った万年筆は引出しに眠ったままだ。

始めの段落は、次のようである。
> 年明け早々から仕事道具のパソコンが息切れし始めた。原稿を書き上げてeメールで送ろうとすると、添え書きなどしているうちに、まるで人間の瞼(まぶた)が力尽きて閉じるように、画面がうっすら白くなって消えていく。それでアウトだ。固まってニッチもサッチもいかず、ついに本体の電源を押し続けてぶち切る。

末尾の段落は、次のようである。
> 働きは人間の脳に似て、毀れるときは人間の死にも似て、怪しくて信頼のおけない印字機を、またも相棒にしている。鹿児島で買った万年筆は引出しに眠ったままだ。
 むらた・きよこ 作家。1945年福岡県生まれ。87年「鍋の中」で芥川賞。「白い山」(女流文学賞)、「望潮」(川端賞)、「焼野まで」など著書多数。

段落は、次のようである。
> 業者が診に来たが、もうどうにもこうにもならない。取り敢えず連載中の編集部にメール、ではない電話を掛けて今月号の休みを貰(もら)う。こんな土壇場の休載は、6年前のガン発覚の時しか覚えがない。だが緊急事態はどちらも妙に似ていた。今は身体のガンは癒えたが、パソコンの方は新しい台を買い替えることになった。

> 胸がゾクゾクしてきた。パソコンをやめると、新しい日々が始まりそうだ。古いことは、新しいのだ。6年前にガンのX線治療で鹿児島へ1カ月間行った。そのときのことを思い出す。X線治療は毎日5分間ほどの照射で、ある日、その帰り道にふらりとデパートの文具売り場へ寄った。そこで手作りらしい朱色の太い万年筆と出会った。見知らぬ日本のメーカーで、漆の艶消しをした無(ぶ)骨(こつ)な姿だ。5万円だったか、出来心で買ってしまった。こうなるとあと足りないものは原稿用紙だ。滞在先のウイークリーマンションに戻ると、ちょうど女友達が電話を掛けてきて、「何か欲しいものはない?」と聞く。「B5の原稿用紙が欲しい」と答えると数日後にドッサリ送られてきた。

> パソコンの前はワープロを使っていて、その前はタイプライターだった。ワープロが出始めた頃だったのに、印字の美しさに惹(ひ)かれて、あえて名器といわれる日経タイプライターを中古で買った。書き直すときは修正液で消すのである。手書きよりずっと効率は劣るが、自分の文章を活字で見通せる魅力に参った。ああ、それもこれも今は思い出で、私はパソコンをやめよう。広々とした野原で書こう。

> パソコンの前はワープロを使っていて、その前はタイプライターだった。ワープロが出始めた頃だったのに、印字の美しさに惹(ひ)かれて、あえて名器といわれる日経タイプライターを中古で買った。書き直すときは修正液で消すのである。手書きよりずっと効率は劣るが、自分の文章を活字で見通せる魅力に参った。ああ、それもこれも今は思い出で、私はパソコンをやめよう。広々とした野原で書こう。




ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日米で新経済対話 | トップ | 米政権「あらゆる選択肢」検... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

nikkei」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。