BLOG 思い遥か

日々新たなり

文章論 シンハラ語

2016-11-08 | nikkei
日経新聞見出しより
1面
20161108

自動運転 保険で補償

東京海上が無料特約 来春、全契約者に

 ハンドルやブレーキを自動操作する自動運転車の開発が進み、保険対応も課題になってきた。東京海上日動火災保険は2017年4月から、自動運転中の事故を自動車保険(総合2面きょうのことば)の補償対象に加える。自動車保険の契約や更新時に全契約者に無料の特約として提供、事故の被害者が長期間救済されない事態を避ける。自動運転を対象…続き

ニコン、国内1000人削減 2~3年で 半導体装置やカメラで

AIと世界 2045年を探して(5)敗北を抱きしめて 人は進化できるか

米大統領選 きょう投票 両陣営、激戦州で最後の訴え

春秋
 警察は警察だけじゃない――と言えば謎掛けみたいだが、世の中には特定の分野で警察官と同じような権限を持つ公務員がいる。「海の警察」海上保安官…続き




米消費者信用残高、9月6.3%増加
 【ワシントン=長沼亜紀】米連邦準備理事会(FRB)が7日発表した9月の消費者信用残高(速報値、季節調整済み)は3兆7068億ドル(約387兆円)となり、年率換算で前月比6.3%増えた。
 同指標はロー…続き (7:36)

蘭郵便ポストNL、ベルギー同業の買収提案拒否
 【フランクフルト=加藤貴行】オランダ郵便大手のポストNLは7日、ベルギー同業のBポストからの買収提案を拒否する方針を発表した。6日付のBポストの提案を「求めていない」としたうえで「単独でいく戦略に自…続き (7:34)


現代日本語文法文章論 タイトルは、 シンハラ語 恋して半世紀  である。副題は、 スリランカの希少言語研究、3万語の辞典編集 である。エッセイである。日本経済新聞の文化面、20161108付けである。執筆者は、 野口忠司 氏 である。なお、有料会員サイトであり、著作の全文をこのように言語分析に資料としているので、そのことをおりするとともに、ここにお礼を申したい。

冒頭文は次である。
> 初対面で投げかけられる言葉は判で押したように決まっている。

末尾の文は次である。
>最も好きな言語、シンハラ語と共に生きてこられたからだ。

はじめの段落は、次のようである。
> 初対面で投げかけられる言葉は判で押したように決まっている。「なぜシンハラ語を勉強されたのですか」。質問に答えるために携帯している1枚の写真には、8歳の私と共に、頭を垂れる謙虚な態度の人物が写っている。この人物こそが運命の人。半世紀以上にわたりシンハラ語の研究に身をささげることになるきっかけの出会いだった。

末尾の段落は、次のようである。
> 妻や娘には苦労をかけたが、私は充実した人生の意味を見いだせたと思っている。最も好きな言語、シンハラ語と共に生きてこられたからだ。(のぐち・ただし=シンハラ文学・語学研究者)

段落は、次のようである。
> 64年、20歳で現地へ
 希少言語と言えるが、私に迷いはなかった。1964年、20歳の私はスリランカに飛んだ。最大の都市コロンボに着いたときには何も話せなかったが、半年後には日常会話をこなし、3年後には楽しむまでに使いこなせるようになった。

> 新聞・雑誌の単語抽出
 シンハラ語の新聞や雑誌から単語を抽出し、カードにすることから作業を始めた。次に現地の辞典を参考に解説を書いていく。だが、辞典の記述をうのみにできない。例えば「夏至」を意味する言葉の欄に「冬至」の解説がついていたりする。一語ずつ複数の辞典にあたり、正確を期した。

> 1ページの費用2万円
 1冊2万円超と高額な辞典だが、1ページあたりにかかった費用は約2万円。昨年には集大成となる「シンハラ語・日本語辞典」(三省堂)も出した。約3万語を収録し、文例も豊富に載せた。こちらも1冊約2万円と高額になってしまった。発行部数は600部だ。




ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 軍紀に反し市民逃がす | トップ |  陥没50分前にトンネル異変 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。