畑を掘り、木を彫り、石を彫り、超自然人!

退職後、自分に気ままな課題をちょっと与えて遊んでいます。

気温20度の力

2017-04-24 09:01:03 | 日記


自然から教えられることは沢山あります。

日中の気温が20度近くになりますと、植物の活動が活発になってきます。

小さな庭の一角には半日は日陰になる恵まれない環境下で「藤の花」が開花。
同様の環境で「どうだんつつじ」が開花。
同じく同様の環境で「タラ」の芽が伸び始め。

「花梨」も半日しか太陽が当りませんが可憐な花が咲き始めました。

「クリスマスローズ」は結構太陽に恵まれ開花も旺盛です。

それぞれ環境は異なりますが夫々が一生懸命に命を繋いでいます。

考えてみますと気温20度くらいになると人間のからだも何だか「むずむず」
してきます。
思わず手を大きく屈伸したり、自然と動きたくなります。
冬の間からだは小さく固まり縮んでいた状態だったのがリラックス状態に
戻るイメージです。

「藤の花」は高貴な色とされる紫色で、花言葉では「恋に酔う」「決して離れない」
とかあるようです。
紫色でも淡い色で品格を感じる色彩です。

 黒田官兵衛は有岡城の牢に幽閉されたとき、窓から見える藤の花を眺めて
「藤よ、藤よ花をつけよ」
と申したエピソードがあるそうです。

藤の花と申せば、愛知県尾張地区では津島市の天王川公園が見事のひとこと。

クリスマスローズにも花言葉があり「決して忘れないで」

タラという木は非常に生命力があって地面を横にどんどん根を張り、突然ある地点から
木が生えてきます。
こうした性質から植える場所は限定されます。

庭木にしても畑の野菜にしても自然の力から学ぶことは沢山あります。

もうひとりの自分
「最近、周りでは歳だから、とか、すっかりボケちゃってという言葉を頻繁に聞くけど
 もっと前向きの言葉を聞きたくない?」
ホントの自分
「確かに前向きの言葉を聞く機会は随分減ったね。
 体力の低下は年齢には逆らえないけど、気力は自分の気持ちの持ち方次第ね。
 鍛え方次第でまだまだ出来ることはあると思うんだ。
 少し高めの目標を掲げて全力で前進してみようか」

 喝!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« れんげ草・・・何か懐かしい... | トップ | 自転車は待っている・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。