畑を掘り、木を彫り、石を彫り、超自然人!

退職後、自分に気ままな課題をちょっと与えて遊んでいます。

予期しない贈り物

2017-07-11 11:20:57 | 円空


めったにないことですが「予期しない贈り物」はとても嬉しいものです。
小生が節目の年齢を迎えたことを覚えておられ、円空仏の絵を拝受しました。

この年齢であれば誤差範囲のほぼ同年代の知人ですが長年のお付き合いです。
定年前後に絵画教室に通われ、創作にいそしんでおられます。

小生がここにブログアップしますのは、相手のことを想い、見返りを期待せずに
心を込めて制作されるお気持ちに感服するからです。
 
歌謡曲の「東京砂漠」ではありませんが心と心を通わせる交友は気忙しいこの時代には
とても貴重です。

「相手の立場で考える」
こうした行為は禅の世界にも通じるような気がいたします。

ごく最近も旅行企画で大変お世話になった方もあり、自分は何もお役に立てないのに、
という反省も生まれてきます。

日頃はそんなに意識はしていませんがボトルの底に残っている美酒はそんなに多くありません。
今まで以上にジックリと考えながら味わう、という気持ちや心構えが必要だと痛感しています。

「知己朋友」の有難さを改めて感じました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 煉瓦建物のある風景 | トップ | 田舎おじさんの航空機・初耳学 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。