畑を掘り、木を彫り、石を彫り、超自然人!

退職後、自分に気ままな課題をちょっと与えて遊んでいます。

れんげ草・・・何か懐かしい可憐な花

2017-04-21 09:26:34 | 日記



「れんげ草」はすっかり当地では見かけなくなりました。
以前は田んぼ一面にれんげ草が覆い尽くしていましたが・・・

れんげ草は肥料効果があり、態々種を播いてその後自然肥料になるしくみです。

早朝、散歩しておりますと散発的にれんげ草がひっそり咲いています。
思わず幼少の頃を思い出しました。
当時はどなたの持ち主の田んぼか分からず、
悪がきたちとタニシを採っていて追いかけられたこともあったし。

「れんげ草」という唄がビリー・バンバンが
「れんげ草の唄」を永井龍雲が唄っています。
ユーチューブでもアップされています。

「ひらいたひらいた」
ひらいた ひらいた
なんの花が ひらいた
れんげの花がひらいた
ひらいとおもったら
いつのまにか しぼんだ

この場合の「れんげの花」は水性植物「ハス」のことで
「れんげ草」とは違います。

れんげ草は中国原産のマメ科ゲンゲ属「げんげ紫雲英」のことだそうです。
そうなんだ「れんげ草」と「れんげ」は全く別なんですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 交流の場・円空仏作品展 | トップ | 気温20度の力 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。