北広島スポーツクラブ「STAFF NOTE」

NPO法人 北広島スポーツクラブ 北海道北広島市を拠点とし活動しているクラブです。

チビリンピック千歳地区予選3連覇

2016-10-17 17:33:37 | U-12

「重圧やプレッシャーは重力みたいなもので、重力がないと筋肉も骨もダメになる」


どうして寝られなかったのか。。。やはり不安だったのでしょうか。

あまり連覇とか考えていなくて。

子供のやることだから、上手くいくときもあればそうでないときもある。

小学生なんて、なんで調子がよくないのか自分でもわからない。

みんな「勝ちたい」と思っている。自分たちも相手も。

「勝たなければいけない」「勝って当たり前」という風になってくると、小学生には酷かなと思うこともあります。


重圧、プレッシャー…本来は悪しきものではないはずなのに。

プレッシャーの正体…それは、周囲からの「期待」だったり、自分のプレーで迷惑をかけたくないという「真面目さ」だったり、続いている優勝を途切れさせてはいけないという「責任感」だったりしますね。

言い方を変えるとそういうものがあるから成長しているとも言えます。



全道大会に千歳地区代表として出場するという名誉。同じくらい大きな責任。

プレッシャーはあります。負けたらどうしようと考えることもある。

このままではいけない、という部分がたくさんある。

逃げてはいけないのです。それは、我々を成長させてくれるものなのですから。

当日、プレッシャーの中でいかに「普通に」「普段通り」にプレーするか…永遠のテーマだと思います。

トレーニングの質を上げ、練習試合の質を上げ、公式戦という独特の雰囲気の中で、自分の殻を破るような作業を繰り返していく。

今の自分には、これしか方法論は見つかっていません。

地道に、こつこつやっていきましょう。










選手のみなさん、お疲れ様。

応援や大会運営等にご協力いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

学年を越えて応援に来てくれた選手・保護者の皆様、ありがとうございました。



そういえば、バーモントカップ全国大会を決めた時に「うれしくないの?」と言われたことがあるのですが

嬉しさが表に出ないだけで、結構普通に喜んでます。

もし今回もそう見られたら…すいません。

みなさん、どんどん喜んでいいんですよ笑

選手たちは、普通では成し遂げられないことを続けていると思います。


写真は、昔から苦手なのです…



今日道協会のキッズ巡回サッカー教室のサポートでSSAPに行くとナショナルトレセンが行われていました。

うちからの2人、頑張っていたのかなー

あとで星さんに聞いてみよう。


これから千歳トレセンU-11セレクション

あれ、雨…(T_T)


今週の目標は体調を回復させることです。

また頑張りましょう。


☆☆☆ホームページはこちら☆☆☆


http://kscdohtojr.jimdo.com/


選手コース・スクールの体験参加申込はホームページから!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆facebookページ稼働中!!☆☆☆

<DOHTO Jr FAN>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

北広島スポーツクラブでは、小学生男女対象の各サッカーコースの新メンバーを随時募集しています。

◆DOHTO Jr U-12(選手コース)

・DOHTO Jr U-12として選手登録をして、チームの一員として活動していきます。

・平日の練習時バス送迎あり

・父母会や平日の練習当番などは一切ありません。

◆DOHTO U-12サッカースクール

・選手登録しないので、誰でも参加できます。

・所属チームの活動がない日にもっと練習したい選手

・サッカーに興味がある、始めてみたい選手など、週1回の活動なので無理なく始めることができます。

・途中から選手コースに移ることもできます。
 
◆広島DOHTOキッズサッカースクール

・幼稚園年長さん・年中さん対象のサッカースクール

・広島幼稚園さんの園庭・ホールをお借りし行っています。

・広島幼稚園さんの園児のみなさんはもちろん、他の幼稚園のみなさんも参加できます!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寝られません | トップ | 北海道カブスリーグ2部 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL