希望&夢

希望や夢あふれる社会になるといいな!
明日や将来のことを思うと、おもわずぼやいてしまいます。

トランプ氏 新幹線評価 高速鉄道網整備へ意欲

2017年02月12日 | 外国

トランプ米大統領は2月9日「日本や中国には高速鉄道があるが、米国にはない」と述べ、日本の新幹線システムなどを評価し、米国でも高速鉄道網の整備を急ぐ考えを示した。

ホワイトハウスで開いた米航空大手の経営トップらとの会談で語った。

高速鉄道については「(航空業界の)皆さんの事業と競合させたくはない。 しかし米国にはない」と繰り返し、整備への意欲を強調した。

同時に米国の航空管制システムや空港、鉄道、道路を「時代遅れだ」とし、交通インフラヘの投資を積極化させると説明した。

スパイサー大統領報進官は9日の記者会見で「米国を世界で最も先進的な航空システムを持つ国にすることがトランプ氏のゴールだ」と語った。

トランプ氏は会談で、自らが掲げる税制改革について「2~3週間以内に素晴らしい発表をする」と述べ、改革の具体案を近く公表する方針を明らかにした。

トランプ氏は2月28日に米議会の上下両院合同本会議で経済などの基本政策について演説する見通し。

その数日後には予算編成方針を示す予算教書を議会に提出するとみられ、こうしたタイミングで具体案を公表する可能性がある。

この日の会談には、デルタ航空のバスティアン量局経営責任者(CEO)、ユナイテッド航空のムニョスCEOらが出席した。

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 農山漁村移住30%が関心 ... | トップ | 日米首脳会談の結果 日本の... »

コメントを投稿

外国」カテゴリの最新記事