希望&夢

希望や夢あふれる社会になるといいな!
明日や将来のことを思うと、おもわずぼやいてしまいます。

「残業代ゼロ」法案修正へ 健康確保策を強化

2017年07月13日 | 就職・雇用・労働

政府は金融ディーラーなど高収入の一部専門職を、残業代支払いといった労働時間規制の対象から外す「高度プロフェッショナル制度」の創設を盛り込んだ労働基準法改正案を修正する方針を固めた。

政府関係者が7月11日、明らかにした。

不十分との懸念がある健康確保措置を強化する。

安倍首相は、見直しを要請している連合の神津会長と7月13日にも会談、修正に踏み切る見通しだ。

労基法改正案は国会に提出済み。

野党や過労死遺族は「残業代ゼロ法案」と批判を強めており、2年以上審議が先送りされた。

政府は連合の懸念に配慮する姿勢を示し、世論の批判をかわす狙いがあるとみられる。

ただ、民進党の大串政調会長は7月11日、国会内で記者団に「長時間労働の例外をつくるという法案の本質が変わらない限り、賛成するのは難しい」と述べた。

神津氏は取材に「そもそも制度が必要だと思っていないが、健康管理が今の仕組みのままでは犠牲を生じかねない」と見直しを求めた理由を説明した。

新制度は年収1075万円以上の専門職が対象だが、労働時間規制の枠外になるため働き過ぎへの懸念が強く、健康確保措置が設けられた。

(1)年間104日の休日取得、(2)終業から始業までに一定の休息を確保する「勤務間インターバル」、(3)働く時間の上限設定から企業がいずれかを選ぶ。

連合の修正案は、(1)を義務化した上で(2)と(3)の他に「連続2週間の休日取得」などを加え、労使に選ばせる。

労基法改正案には裁量労働制の拡大も含まれるが、連合は対象業務を明確化することを要請、なし崩しの拡大を防ぎたい考えだ。

安倍政権は働き方改革を加速させるため「100時間未満」などとする残業の上限規制や非正規労働者の処遇改善につながる同一労働同一賃金導入などを含め、一括して秋の臨時国会での成立を目指す考えだ。

働き方改革への理念を盛り込んだ「労働施策総合推進法」(仮称)の制定も検討している。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大学新入試 英語 民間に全... | トップ | お酒で懇親 会社後押し 費... »

コメントを投稿

就職・雇用・労働」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL