希望&夢

希望や夢あふれる社会になるといいな!
明日や将来のことを思うと、おもわずぼやいてしまいます。

海外和食料理人に認定制 2016年度実施へ

2016年01月20日 | 国際・海外

農林水産省が、和食文化の理解度や調理技能のレベルに応じて、海外の日本料理やすし店で働く外国人の料理人に「お墨付き」を与える認定制度を始めることが1月18日分かった。

2016年度から実施する。

海外での和食の質を高め、日本の農林水産物の輸出につなげる狙いがある。

農水省は(1)和食文化の知識、(2)刺し身など生ものの扱い方といった衛生管理、(3)だしの取り方など調理技能、(4)あいさつや盛り付け方など作法の四つを柱に指針を作る。

それに沿って料理店や調理専門学校が研修や授業を行い、料理人は一定のレベルに達すれば認定を受けることができる。

制度の運営は公募をして、民間に委託する。

日本で実務経験を2年以上積めば「ゴールド(金)」、専門学校で半年程度以上学べば「シルバー(銀)」、数日程度の研修を受ければ「ブロンズ(銅)」と、三つのレベルに分ける。

それぞれのマークを海外の店で掲げることができ、他店との違いを出せる利点がある。

農水省の担当者は「和食への理解を深めてもらうことで、海外店の品質向上や、日本産の農産物や調味料の輸出拡大につなげていきたい」と話す。

和食は、健康食志向や、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産への登録を背景に、世界で急速に人気が高まっている。

農水省の調査によると、海外には「日本食」とされる飲食店が、2015年7月時点で約8万8700店あった。

前回調査の2013年1月時点に比べ1.6倍となった。

ただ料理の質が低い例も多いとみられ、和食の基礎をどう世界に広げるかが大きな課題となっている。

あきれた和食が世界から無くなることになればよいが。

ジャンル:
海外
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国紙 「台湾独立支持意味... | トップ | 先進医療負担平均73万円 ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-01-20 15:03:13
特に、日本人に成りすまして、粗悪な料理を出している、海外の日本食屋は、こういう制度で淘汰されないと駄目だな。 
返信 (オーナー(希望&夢))
2016-01-20 15:49:26
グローバルスタンダードとして、早く世界から認知され、普及しなければ意味がないだろう。
日本人が外国で日本料理やすし店を営業する場合も、日本政府公認証が必要であることも言うまでもない。
日本政府の本気度にかかっている。

コメントを投稿

国際・海外」カテゴリの最新記事