希望&夢・・・・・希望や夢あふれる社会になるといいな!

明日や将来のことを思うと、おもわずぼやいてしまいます。

育休男性 会社への好感度高く 帰属意識や資格習得意欲も

2017年04月22日 | 社会

育休休業を取った男性は取らなかった人よりも会社への好感度や帰属意識が高くなる。

内閣府経済社会総合研究所の調査でこんな結果が出た。

研究所の担当者は「男性の育休取得を進めることは企業にとってもプラスになる。 日数を含め、しっかりと取れる環境整備が重要だ」と話している。

調査は昨年11月、2011~2015年に第1子が生まれた20~59歳の男性を対象にインターネット上で実施し5721人から回答を得た。

育休を取得した人は8.2%の469人、取得しなかった人は91.8%の5252人だった。

第1子が生まれてから強まった意識(複数回答)について、育休を取った人は「会社への好感度」(17.1%)が最も多く、取らなかった人の5%と差が出た。

「会社への帰属意識」(14.3%)「資格・専門知識の習得意欲」(13.6%)「柔軟な働き方への関心」(10.4%)なども取らなかった人と比べて高かった。

一方、「転職への関心」は育休取得者が10.7%だったのに対し、とっていない人は14.6%と逆転した。

ただ、育休の取得期間は「1~4日」が48.2%と圧倒的に多かった。

育休だけではなく、他の制度も使わずまったく休まなかった人に理由を聞いたところ「仕事が忙しく、休むことができなかった」が39.9%でトップだった。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山路審判員 2回も誤診 抗... | トップ | 中国空軍が「厳戒態勢」 米... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL