希望&夢・・・・・希望や夢あふれる社会になるといいな!

明日や将来のことを思うと、おもわずぼやいてしまいます。

韓国大統領府 引継ぎ資料なし 前政権が破棄か

2017年05月19日 | 外国

韓国政府高官は5月17日までに、大統領府のコンピューターに「国政の引き継ぎに関連する資料がない」と明らかにした。

朴前政権で資料管理に携わった当局者が「既に大統領府を離れている」といい、資料に関する説明を拒否していることを示唆。

前政権が何らかの理由で資料を破棄、隠蔽を図った疑いが強まっている。

朴前大統領の罷免を受けた出直し大統領選で発足した文政権は、通常の選挙であれば行われる、大統領引き継ぎ委員会を構成しての国政課題の引き継ぎがない状態でスタートしている。

資料もないことで、行政運営への悪影響は避けられない見通しだ。

現政権高官は5月16日、大統領府の引き継ぎシステムにデータが全くなく「前政権が何をしていたのか分からない状態だ」と話した。

システムには本来、行政懸案や人事のほか、業務マニュアルを収めることが想定されているという。

一方、前政権関係者は韓国メディアに「法にのっとり資料を大統領記録物に指定し(政府記録管理機関の)国家記録院に送った。 閲覧制限があるものを除けばいつでも見られる」と反論した。

しかし前政権は、朴前大統領の国政私物化疑惑が拡大した昨秋から今年2月までに文書廃棄用のシュレッダーを26台も購入。

旅客船セウォル号が沈没したのに朴前大統領の行動が7時間にわたり不明な2014年4月16日の記録一切を30年間閲覧できない措置を取るなど、政権末期に不審な動きを続けてきた。

『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 維新・馬場幹事長 民進党にチ... | トップ | 南シナ海・海南島にミサイル... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL