希望&夢・・・・・希望や夢あふれる社会になるといいな!

明日や将来のことを思うと、おもわずぼやいてしまいます。

英に7兆円要求へ EU離脱で欧州委方針

2017年02月09日 | 外国

英国が欧州連合(EU)を離脱する際、EU欧州委員会は英国に対し、未払い分担金など最大600億ユーロ(約7兆2千億円)程度の支払いを求める方針を2月7日までにまとめた。

欧州委当局者が共同通信に明らかにした。

英国では「はかげた主張だ」(フォックス国際貿易相)と反発も出ており、離脱交渉は序盤から難航必至だ。

欧米メディアは「多くの離婚と同様、英国のEU離脱はカネの問題で泥沼化する恐れがある」と指摘した。

ブリュッセルのEU本部で2月6日、ユンケル欧州委員長と会談したフランスの力ズヌーブ首相は、今春始まる予定の離脱交渉で、600億ユーロと見積もられる離苧費用支払いの問題をまず議論すべきであり、英国とEUの将来の関係がどうなるのかといったテーマはその後だと強調した。

EUは「多年次財政枠組み」(MFF)と呼ばれる中期財政計画で2014~2020年の予算の大枠を事前設定。

これは英国も承認しているため、EUは英国に対し、計画を執行するための

費用や、EU職員の年金の分担を求めていく考えだ。

欧州委のシナス報進官は2月7日の定例会見で、金額は明かさなかったが「客観的かつ現実的なデータ」に基づいて計算していると指摘。

「英国は加盟国として財政的義務を負う約束をしており、完全に履行されるべきだ。 秩序ある離脱の交渉に必要な要件だ」と強調した。

英国は、離脱に当たって自国が支払うべき金額は200億万程度だと考えているとされる。

英紙タイムズによると、英政府は3月7日までにEU離脱法案を成立させ、EU首脳会議が開・かれる3月9日に離脱通知する意向という。

『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年実質賃金0.7%... | トップ | 対中国圧力強化か 米国務長... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL