希望&夢・・・・・希望や夢あふれる社会になるといいな!

明日や将来のことを思うと、おもわずぼやいてしまいます。

山路審判員 2回も誤診 抗議の腹いせに監督を退場

2017年04月21日 | スポーツ

4月19日の広島―DeNA戦。

緒方監督、山路一塁塁審に2度にわたって猛抗議。

暴言で現役時代も含めて初の退場処分を受けた。

退場は今季両リーグを通じて4人目で、監督は初めてだった。

3点を追う7回、1死一、二塁の追い上げムードをつくった。

2死後、遊撃へゴロを打った小窪が一塁にヘッドスライディング。

内野安打かと思われたが、アウトになった。

緒方監督は山路塁審に鬼の形相で声を荒らげ、退場を命じられた。

指揮を代行した高ヘッドコーチは「あれは誰が見ても…。 監督があそこまで怒るのも仕方ない」とやり切れない表情だ。

1度ならず2度までも。

6回1死では、田中が遊撃からの送球より早く一塁に達したかに見えたがアウトとなり、最初の抗議をしていた。

田中は「僕らは一生懸命プレーしている。 審判も間違いはあると思う。 本塁だけじゃなく一塁もビデオ判定を導入するべき」と憤りを隠さなかった。

球団は2つの判定についてセ・リーグに意見書を提出した。

山路審判員はプロ野球の審判は無理そうなので、草野球にでも行け。

審判員の誤診で、本当に野球がつまらなくなる。

審判員も間違ったと思えば、素直にあやまり訂正するべきである

そうでないのなら誤診が多い人間ではなく機械で判定したほうがましである

ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京23区 大学定員抑制 ... | トップ | 不妊治療助成 事実婚も適用... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL