丙午男の独り言

50歳を過ぎた今、日々の暮らしで思ったことを気張らず気楽に。

読了:セレンゲティ・ルール――生命はいかに調節されるか

2017年07月23日 21時06分25秒 | 読書
セレンゲティというのはアフリカの国立公園の名前。
この本は、そこで得た洞察から「一定の区域における動植物の種や個体数を調節するルール」を導き出して、いろいろな場所で仮説検証を行っている。
ある種の生物が異常に増殖してしまったような場合、それ自体を駆除したり、その捕食者を増やしたり、という直接的な対策がとられがちだが、捕食者のヒエラルキーの数段は慣れたところに手を加えることで、より自然に個体数の制御ができることをいくつかの実例で示していた。
生命の調節、奥深いです。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名刀礼賛@泉屋博古館 | トップ | 東博でタイ特別展&国宝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事