丙午男の独り言

50歳を過ぎた今、日々の暮らしで思ったことを気張らず気楽に。

禅@東博:後期

2016年11月25日 23時34分09秒 | 芸術
特別展:禅の2回目に行ってきました。
国宝、重文、たくさん見られて見ごたえのある展覧会でした。
特に水墨画が好みでした。

帰りに藪そばでカレー南蛮を食し、さらに幸せ気分で帰ってきました。

鑑賞した国宝は以下の通り(番号はこれまでに見た累積の数、(-)は既に見たもの)
(237)慧可断臂図(雪舟等楊筆・愛知斉年寺)
(-)無準師範像(京都東福寺)
(-)禅院額字并牌字「普門院」(京都東福寺)
(238)蘭渓道隆墨蹟 法語規則(神奈川建長寺)
(239)後醍醐天皇宸翰置文(京都大徳寺)
(240)宗峰妙超墨蹟「関山」道号(京都妙心寺)
(-)宋版史記 黄善夫刊本 3冊(千葉国立歴史民俗博物館)
(-)油滴天目・・・何度見ても美しい茶碗
(-)玳玻天目・・・これも渋い
(241)山水図(李唐筆・京都高桐院)
(-)渓陰小築図(京都金地院)・・・禅僧の心の中の書斎を描いた水墨画。こんなところで過ごしたい。
(242)瓢鮎図(京都退蔵院)・・・禅問答の書画

同時に、常設展
(243)寛平御時后宮歌合(十巻本歌合)
(-)法華経方便品(竹生島経)
(244)短刀 粟田口吉光(名物厚藤四郎)
(-)短刀 相州貞光
(-)太刀 長船長光

もうちょっとで250です。
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国宝建築@山梨 | トップ | 国宝:「見努世友」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL