Milk Shake Days

セネガルで飲んだミルクシェイクが甘かった。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お空が火事だよ

2011-06-28 11:19:41 | 日記
夕焼けを見てさ。
お空が火事だって騒いでた。
そんな子供に会いました。

いいもんですなー。
日本って言う国も。

ということで。
帰ってきています。

しかしのところ。
日本食や新宿の街。
そういったものに。
大きな感動はなかったな。

お腹がいっぱいになれば。
もう食べれんと残すし。

思っていた以上に日本人です。

日本に帰ってきて1週間。
その理由が分かり始めたんだな。

セネガルの2年。
というか協力隊の2年。

それってなんら特別じゃなかったなって。

自分にとってさ。
あるべくしてあった時間なんだわ。
たまたま行ったのがこのタイミング。
ただそれだけの話。

なにか特別なことをしてたわけじゃなく。
2年後には日本にいることが分かってた。

それだけのこと。

だからいざ日本に帰って来ても。
日本食を食べても。
日本の街を歩いても。
特別な感じがせんのだな。

ただ。
自分の中にちょっとした違和感。
それがあるのも事実でさ。

洋服を買いに行っても。
なんの魅力も感じなかったり。
明るい東京の街で節電の意味を考えたり。

ちょっとしたことで。
違和感を感じているな。

これがいわゆる。
逆カルチャーショック。

少しずつ解けていこうかと。
そんな風に思います日本に。

セネガルを懐かしむ。
そんなヒマはないわけ。
日本に戸惑う。
そんなヒマもないわけ。

楽しい20代をさ。
そんなことに使うヒマないんだな。
華やかな30代迎えるためにね。

自然体に近づくほど。
セネガルってのは沈んでいくんだな。
自分の中に。
深く。深く。

真理は自分の中にある。

そういうこったい。
なにも無駄じゃなった。
なにも特別じゃなかった。

1週間でまとまったことさね。

ってことで。
動き出すことにしよう。

ここで立ち止まるわけにはいかんね。
行くあてはないけどね。

ばいばいセネガル。

このまま行くよ。
胸が甘くなるような。
ミルクシェイクみたいなさ。

そんなセネガル生活をありがとう。

このブログはここまで。
そんな風に感じてるな。
また書くかもしれんがね。

とりあえずしばらくはお休み。

いちお最後のブログだい。
読んでくれた人ありがとうでした。

コメントか連絡くれたら。
次の楽しいことが決まったり。
ブログまたやることにしたら。
連絡するようにしまーす。

ばいばーい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ばいばいセネガル

2011-06-19 18:06:12 | 日記
ダカールに上がってきてから。
気を抜いてしまったせいか。
パソコンが壊れてしまってね。

うんともすんとも言わなくなってしまった。

ってことで。
どうにも更新を怠けてしまって。
出発4時間前に更新してるな。

この数日の間に。
活動報告会があったり。
送別会があったりと。

ほんとに多くの人にお世話になった。
そんな風に思うな。

2年間の中で。
たくさん居心地の良い人の隣。
そこにいることができて。
おいら幸せ感じてしまったな。

感謝の言葉しかないね。

セネガルに対しても。
日本に対しても。

誰かを幸せにすることは。
できないかもしれないけど。
誰かの隣で幸せ感じることは。
できるようになったと思うな。

今は満足感よりも。
無事に終えることができる安堵感。
それでお腹いっぱいだな。

ごちそうさま。

これからどうなるか。
ここでの経験がね。

それは分からないけど。
歩き続けるしかないね。

前に前に。
それが無理なら。
横に横に。

そこからつながって。
広がっていく。

そう信じてんだわ。

ばいばいセネガル。
あんまり言葉はないぜ。

ごきげんよう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダカール上京

2011-06-14 19:07:17 | 旅行
ダカールに移動してきたな。
ここから任地に戻ることはない。

なんて口では言ってみても。
まだまだ実感がなくてね。

また帰れるつもりでいるな。

今朝、任地を離れる時。
わざわざ村人が見送ってくれたな。

ありがたいって感じだ。

実感がなくても感謝はできるんだな。
そんな感じで今はダカールだな。

ちょっと疲れてしまったから。
今日はこのくないにしよう。

とにかく。
あと5日って感じだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クラブ13

2011-06-13 18:23:19 | 日記
もうすぐ夜がやって来る。
ってことで今夜は送別会。

ありがてーことに同任地の隊員さんが、
企画してくれたんだなー。

おいら主賓として登場予定なんだけど、
昨日で無事に活動を終えたっていう。
満足感ではなく安堵感で。

緊張の糸がプツリという感じで。
最後の1日呆けて過ごしちゃったな。

お腹も激しく下しているし。
気持ちが緩むと危ないね。

帰るまでが遠足っていうからね。

もう大人だから寄り道はして帰るけど、
高知県に戻るまでは気を引き締めて、
倒れないようにしないといけないね。

2年前の8月4日。

おいらこの村にやって来たんだけど。
あの頃は今とちょっと違ってたな。

不安も期待も今より多かったっけね。

2年間の中でさ。
色んなものを落として失くして来たね。
それを取りに帰ることはできないから。
なんだか淋しくもなるんだけど。

だからこそ。
今も残っているものを大事にしないとね。

あの頃、抱えていたさ。
楽しんで帰れるかっていう。
不安と期待の溶け合うところ。

そこんとこは。
両手で救って持って帰れるよ。

楽しむことはできたんだな。

後悔はあるけれど。
やり残したことはない。

今の自分でいけるとこ。
それが今いる場所だと思うね。

2年間。
上っているのか。
下っているのか。

それすらも分からないまま。
ただただ進んできたんだけど。

行き着いたこの場所が全てだし。

ここに辿り着くまでに感じたこと。
それが答えだと思うんだな。

今までに抱いた感情。
その数が道の数。

おいらの世界の形だわ。

これで気持ちよく帰れるね。
自分が納得できているから。

だからこそ。
おいらの目線は今よりちょっと先。

この2年間をつなげていくんだな。

日本でどこに行こう。
日本でなにをしよう。

楽しみなことと不安なこと。

2年前と同じように。
それだけで頭の中がパンパンだわ。

もうすぐ空が剥がれ落ちて。
また夜が来ちゃうんだな。

答えはまだまだ闇の中だけど。

今夜おいら主役だからね。
この夜はおいらのもんだわ。

夜しか鳴らない鐘が鳴る~。
ニオロの村を燃やして騒ぐのさ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心と心

2011-06-12 03:23:23 | 活動
最後の村にて。
最後のお別れ。

前回、行った時にやたらと。
物をちょうだいっと言われた。
今まで1番世話になった村。

結局ね。
せがまれた携帯はあげなかった。
大して大事なものではないしね。

その代わり。
帰国隊員からもらった。
育苗ポットを少し。
あげてしまったな。

いけないとは分かっているけどね。
あげるのはなんの解決にもならんと。

ただそれで苗木を作ってね。
好きなもの。携帯とかね。
買ってくれれば。
そしたら少しは意味があるかな。

なんて思ってしまったな。
結局、おいら厳しくはなれんのだな。

その村から帰る時。
今日で最後なことを。

いっつも人見知りで。
いつまでも人見知りな。

1年以上の付き合いの中で。
1回も笑ったことのない少年に。

これで最後だわ。

っと言った時の写真。
なぜか笑いました。

なんていうかね。

最後ってことで。
心を開いたのは少年ではなく。
おいらだったようです。

今日この子は始めて笑い。
始めておいらの名前を呼んだ。

ただそれだけのことだったけど。
なんだかやり切ったように感じたな。

人の心を動かすのは。
優しくも厳しい。

言葉に制約があると。
日本にいる時とはまた違ってね。

心と心重ねてみても。
身体が境界線になる日本と違ってね。

心が境界線になるんだな。

そいつを今日超えることができて。
なにか1つサイクルの終わりを感じる。
それってたぶん悪いことじゃないね。

人は笑うんだけど。
それって不思議なことだね。

どの人種も笑う。
これは人間の特権かもしれんな。

好きな人を笑わせる。
すれば心は豊かになり。
好きじゃない人を笑わせる。
すれば心は強くなる。

笑って行こう。
これからも。明日からも。

明日笑えたら。
それでいいんじゃないかな。

明日は任地で最後の1日。

最後の1日なんてさ寂しいからさ。
おいらの余生最初の1日としてさ。

笑えたらいいなって思うんだなー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加